iphone7の防水性能は画面割れでも落ちないのか?

iPhone7から搭載された防水性能ですが、そのまま利用する分に誤って水の中に落としても影響がないと思います。ですがシチュエーションによっては、水深がなく底が固い場所に誤って落とした衝撃で液晶ディスプレイが破損してしまった場合、防水性能を使っているiPhone7はいったいどうなるのでしょうか。

スマホの防水機能はどこまで大丈夫?防水ケースは有効?水没故障した場合の補償は?

 

スポンサーリンク

iPhone7の防水性能は液晶ディスプレイが割れていても大丈夫か?

ちょっと水がかかったとしても壊れにくくなったiPhone7ですが、やはり液晶ディスプレイが割れた状態ではその防水性能はないに等しい状態まで下がってしまいます。

実はiPhoneの修理の中でダントツなのが「液晶ディスプレイの破損」です。電車の中とかでも液晶ディスプレイがわれている状態で、操作されている方を見かけたことはないですか?

 

破損したディスプレイからの浸水が原因で、iPhone自体がダメになってしまうケースも多いと言います。

おそらくApple Care+などに加入していないと結構な修理代がかかってしまいます。なので、そのまま利用されているのだと思いますが、その状態では指先をケガする危険もあります。

また防水性能が機能しないため、雨などにちょっとあたっただけでも、われた部分から浸水してiPhoneを壊してしまうでしょう。

濡れた手でiPhoneを触るなどの何気ない行動が命取りになるため、液晶ディスプレイがわれたままの状態で、使うのはやめましょう。

 

 

iPhone7を液晶ディスプレイが壊れたままでお風呂はいける?

画面割れた状態でお風呂で使えるわけないでしょう!

 

液晶ディスプレイの破損がない場合でも、Appleはお風呂場での利用は推奨していません。

なぜなら湿気や浴室内の気温差などで、結露する可能性があるからです。

運よく結露しなかったとしても、そのまま利用するのはできるだけ避けた方がよいようです。

言い換えるとiPhone7に搭載された防水性能は、生活防水レベルだからです。

それがIPx7相当。

生活防水は手を洗う時に水しぶきがかかってしまうとか、ちょっと雨にあたって濡れてしまうなどからデバイスを守る程度の防水機能になります。

だからお風呂やプール、海などでの利用は想定していないというわけです。

 

また防水性能は、本体が破損や変形などの異常がない状況下で計測している性能です。

そのため異常がある状況では、著しく低下するか無いに等しいと言えるでしょう。

割れた状態ではお風呂場どころか、プールや海なども壊してしまうだけです。

濡れた手で液晶ディスプレイを操作するのすら、危険かもしれません。

 

それでも、どうしてもお風呂場でiPhoneを使いたいという方は、防水ケースなどに入れて利用するしかありません。

ただし液晶ディスプレイがわれているため、操作をしたりすることは難しいでしょう。

間違って防水ケースに傷でもつけてしまった場合、そのケースの防水性能も低下することが考えられるからです。

まずは液晶ディスプレイの修理をちゃんと済ませてしましょうね。

破損していないiPhone7なら、防水ケースに入れてお風呂の共に、海やプールなどに持ち出しても大丈夫でしょう。

ただiPhone7の防水をあまり過信してはダメなようですね。

 

 

スポンサーリンク

iPhone7用の防水ケースで人気はこれだ

iPhoneの防水ケースも種類がいくつかありますが、ネット通販サイトなどで人気が高く注目を集めているのは、タッチパネルの操作だけではなくTouch IDまで使えてしまうものです。

特に人気が高い商品は、トリニティのカタリストシリーズです。水深10mでも防水性能を維持できる耐久性や、米国国防省が定めたMIL規格をクリアした耐衝撃性など、そのすべてからPhoneをしっかり守ってくれることが伝わってきます。

多少値段はするのですが、人気が高い商品である理由がわかる気がしますね。これなら安心していろいろな場所で利用できますから。

 

iPhone7の防水性能だけではちょっと心配という方は、カタリストシリーズやその他の防水ケースなどを購入して、iPhone7の防水性能の上をいくスペックで守ってあげれば、どこでもどんな環境でもiPhone7を使えますね。

いっぱい写真撮影したり友達にLINEで送ったり、ふだん何気なく触っているiPhoneを風呂場でも、プールや海の中でも使えちゃうのって、ちょっと嬉しくなっちゃいますよね。

iphone7になってホームボタンが機械式ではなくなり感圧センサーになりました。iphone8ではさらに進化してタッチセンサーになります。

こうなるとジップロック方式のような袋状の防水ケースだとホームボタン自体が押せなくなってしまうんですよね。

カタリストシリーズのように防水だけでなく耐衝撃ケースにしておけば普段使いから安心できますからね。

最低2年は使うiphone7を大事に使用したいですよね。

 

 

iphone7の防水性能は画面割れまとめ

どんなに優れた防水性能であっても、パッキンなどで守られていない場所からの浸水は想定外です。

防水の性能テストも異常がある状態で行うものではないため、いくら公式サイトでIP67準拠の防水性能があるといわれても、本体が破損しているようではその性能を発揮することはないでしょう。

所有しているiPhone7の液晶がわれてしまっている方は、梅雨や豪雨などの時期が来る前に修理しておきましょう。

台風の季節がやってくると、それだけiPhoneを水損させてしまう危険性が増すからです。

まずは、修理してその次にiPhone7用の防水ケースを購入して、万全の体制でiPhoneと一緒にサマーバカンスを楽しみましょう。

スマホの防水機能はどこまで大丈夫?防水ケースは有効?水没故障した場合の補償は?

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ