iPhone7の防水機能はどこまで耐えられる?プールや海って大丈夫?

iPhone7からようやく待望の防水機能が搭載されました。これならどんなところでもiPhone7を使うことができちゃいますね。と言いたいところなのですが、実はiPhone7に搭載された機能は、防水ではなく耐水になるんです。
この防水と耐水の違いからiPhone7の防水機能は、どんな環境下なら安全に使えるかを調べて行くことにしましょう。

 

スポンサーリンク

iPhoneは耐水と防水のどっち

iPhone7はお風呂場やプールなどの環境について調べる前に、iPhone7の仕様にあるIEC規格にもとづくIP67準拠とは何かを調べて見ましょう。

IECとは国際電気標準会議という団体によって標準化された規格で、IPはInternational Protectionの略語となっています。

そしてIPに続く数字ははじめの方が「防塵」性能を表す数字です。

これは数字が大きければ大きいほどチリやホコリなどの粉塵が、内部に侵入しにくい事になります。

 

そして次の数字が「防水」性能についてです。これも数字が大きければ内部に水が侵入しにくい事を表してします。

そしてこの数字にはそれぞれどのような環境下において、その性能を維持できるかを判断する内容が定められています。

 

例えば防塵の数字が「6」だった場合、粉塵が内部に侵入しない密閉された状態になります。

防水の数字が「7」の場合は、水中に浸す事はできてもその本体にかかる圧力や、水中にいられる時間に制限があるため、これらを超えてしまうと浸水してしまうので防水とは言えません。

このことからiPhone7は、耐水性能はあるけれど完全な防水性能は持ち合わせていない事になります。

 

 

iPhone7はお風呂場で使えるの?

 

 

iPhone7と一緒にお風呂に入って読書をしたり、映画をみたりと時間を有意義に使い方はたくさんいると思います。しかし、先ほども書いた通りiPhone7は防水ではなく耐水性性能しかありません。

さらにAppleの公式ページでは、入浴には控えるように案内を公開しています。

 

湯船につけなければと思ってしまいますが温度差によって内部が結露した場合、水滴が耐水のために施されているパッキンを通り越したエリアで起こってしまうため、水損となってしまいます。

実はAppleからは動作温度の範囲以外で、利用しないように注意を呼びかけているのです。

 

その温度が0~35度となっています。湯船や浴室の気温はそれ以上になっていれば、iPhoneは壊れてしまいます。

だからお風呂場で利用することは、できるだけ避けた方が良いのかもしれません。

結論>お風呂場では使わない方がよい

Xperiaなどでお風呂での利用も可能とか宣伝しているスマホもありますが、SIMカードのフタなどがちゃんとしまってなければ浸水しますし、それで故障しても保証の対象外なんです。

 

 

海だったら落としてもiPhone7は大丈夫?

スマートフォンの仕様で、IP68準拠の防塵・防水性能を目にすることがありますが、これってあくまでも「真水」が条件となっています。いわゆる海水や入浴剤や石けんや洗剤などの中に浸けておくことは想定外なんです。

特に海水は金属やパッキンを腐食させてしまうため、防水性能や耐水性能はレベルが低下してしまいます。

だから海水に長い時間さらした状態は故障の原因に繋がると言うことです。

 

落としてしまった場合は、洗い流したりすれば問題ないかもしれませんがAppleが推奨していない利用方法をしてしまった事による破損などの故障は、もちろん保障範囲外なため修理代もけっこうな金額になってしまいます。

Apple Careに加入していてもある程度の金額がかかってしまうので、推奨以外の利用方法はできるだけ避けた方が良いかもしれません。

 

 

iphone7はゲリラ豪雨なら耐えられるのか?

これからの時期、一時的に激しい雨に見舞われる事があるかもしれません。

そんな中でiPhone7は大丈夫なのでしょうか。

過去のモデルを持っている方で、急に襲われるゲリラ豪雨のためiPhoneが壊れてしまったという、苦い経験をされている方も少なくないでしょう。

ですがiPhone7は、ゲリラ豪雨なら耐水性能から影響を受ける可能性は低いと考えられます。

雨の中でiPhone片手に電話ぐらいであれば、問題はないでしょう。

ただし、iPhone7をシャワーで利用するのも推奨していません。

ということはできるだけ濡れないような努力をしておかないといけないと言うことになります。

通常の雨程度なら、少しの時間なら濡れても大丈夫だとは思いますが。あまりiPhone7の耐水性能を過信してはいけないのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

防水を過信した事故

海外でiPhoneを入浴しながら利用していた男性が感電死するという、痛ましい事故が発生しました。

その男性は自宅の浴槽で死んでいるのを、帰宅した妻に発見。胸の部分と腕の部分に重度の火傷の後があって、はじめは強盗や暴漢などに襲われたのだと思ったと妻は話していました。

しかし、駆けつけた警察からは廊下から伸びる延長ケーブルと、充電ケーブルが繋がったiPhoneが発見されています。

また検死の結果も感電死だった事が判明したのでした。

 

数年前にもiPadを充電しながら入浴中に、誤って浴槽に落としてしまい感電死するという事故も起きています。

いくら耐水や防水性能が向上したiPhone7であっても、充電をしながらの利用については、対応範囲外でしょう。

まして充電ケーブル側は防水対応ではありません。

だからくれぐれも充電しながら、入浴やキッチンなどの水回りでの利用は避けてくださいね。

 

 

iphone7防水機能まとめ

iPhone7は、完全な防水性能を持ったデバイスではありません。過去にiPhoneを使っていて、誤って水没したり突然の雨で壊れてしまったりといった過去に発生した事故事例を、解消できる程度のレベルでしかありません。

どちらかと言えば水中での利用や長い時間、水の中に浸けて置くような状況には耐えられないでしょう。

 

iPhone8では、IP68準拠の防塵・防水性能を搭載すると言われています。

防水性能が8ということは、完全密封され水中に何時間置いておいても、影響を受けないという規格になっています。

この完全防水ならプールや海なでも、利用できるかもしれませんが防水性能は真水に対しての性能であって海水や入浴剤などの不純物が入った場合は、どうなるか若ならいのが現状です。

 

この先もできるだけiPhoneを水に浸したり、故意に海水に浸したりといった使い方はしないようにしましょう。

あと熱湯に浸けたりして、iPhoneをいじめないようにして上げてくださいね。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ