iphone7(au)の値段!機種変更で料金を下げる裏技!

iphone7の値段を安く購入したい!

auで機種変更を安く購入するにはどうしたらよいか?

2年間の携帯代金をauのiphone7でどうすれば安くできるのか考えてみました。

さて、iphone7の価格と月々の支払はいくらまで下げることができるのか?

今回の記事はiphone7の値段au編機種変更とMNPと新規を比較する話です。

 

auの2017年の学割についても調べてみました。でもぜんぜんお得感無い。。。。

MNPで実際にiphone7plus(au)の値段を安く買うことができたのでその方法こちらの記事で紹介しますね。この方法で赤いiphone7も購入できますね。

 

関連記事:iPhone7の赤い新色発売で値段や性能は?Product Redは何が違うの?

 

スポンサーリンク

iphone7のauでの値段と機種変更をMNPと新規契約を比較

iphone7の値段au編

iphone7には容量で3種類、iphone7とiphone7plusの2種類がありますね。

それでMNPと新規と機種変更では月の料金が変わってくるんですよね。

まずはそれぞれの機種代金について比較してみます。

ついでにiphone6sの値段も書いておきます。

iphone7発売に合わせてiphone6sもサイズが増えて価格も安くなりました。

iphone6splusの32GBは販売されてないので空白です。

  iphone7 iphone7plus
32GB 79200 92880
128GB 90720 104760
256GB 102600 116640

 

  iphone6s iphone6splus
16GB 56160 69000
32GB 59400
64GB 68040 80880
128GB 80880 93720

 

料金の目安としてはiphone7の容量のサイズの1つ下のiphone7plusが同じくらいの値段となります。

iphone7 32GB < iphone7 128GB = iphon7plus 32GB < iphone7 256GB = iphon7plus 128GB < = iphon7plus 256GB

この値段は2016年の発売時期からまったく変わらないんです。

 

iphone7の値段を機種変更とMNPと新規を比較

auの機種代金は機種変更とMNPと新規の場合で支払額が変わってくるんです。

ここがスマホを購入するときに難しい話ですね。

iphone7を購入する場合は一括か分割か選んで購入することができます。

一括で購入する場合は上で書いた値段ですね。

下の表はiphone7を24か月払いで購入する場合の値段になります。

 

iphone7の場合

    機種変更 MNP 新規
32GB 分割料金 3300 3300 3300
毎月割 -2445 -2850 -2850
負担額 855
(10,800)
450
(10,800)
450
(10,800)
128GB 分割料金 3780 3780 3780
毎月割 -2445 -2850 -2850
負担額 1335
(22,320)
930
(22,320)
930
(22,320)
256GB 分割料金 4275 4275 4275
毎月割 -2445 -2850 -2850
負担額 1830
(34,200)
1425
(34,200)
1425
(34,200)

iphone7plusの場合

    機種変更 MNP 新規
32GB 分割料金 3870 3870 3870
毎月割 -2445 -2850 -2850
負担額 1425
(34,200)
1020
(24,480)
1020
(24,480円)
128GB 分割料金 4365 4365 4365
毎月割 -2445 -2850 -2850
負担額 1920
(46,080)
1515
(36,360)
1515
(36,360)
256GB 分割料金 4860 4860 4860
毎月割 -2445 -2850 -2850
負担額 2415
(57,960)
2010
(48,240)
2010
(48,240)

2017年2月現在ではMNPと新規の毎月割の値段が同じですね。毎月割という欄がありますがここが機種変更とMNPと新規と違いが出てきます。

機種変更はauのスマホを使っていてスマホ変える場合の値段です。

 

機種変更はMNPや新規に比べて毎月割が少ないんです。

だからdocomoやソフトバンクからauに移る方が得と言われている所以になります。

()内の値段が最終的に24か月間で支払う金額です。

24か月以内でauを辞める場合は残りの代金を一括で支払うことになります。

 

iphone6sは意外に安くなくてiphone6sの値段ははっきり言って割高。

MNPだと安いのですが機種変更はおすすめできません。しかも毎月割は0円です。

iphone6s

16GBが月々1,095円×24ヶ月(26,280円)    
32GBが月々1,125円×24ヶ月(27,000円)    
64GBが月々1,475円×24ヶ月(35,400円)    
128GBが月々2,010円×24ヶ月(48,240円)

一方でiphone6splusの値段は

16GBが月々1,475円×24ヶ月(35,400円)
64GBが月々2,010円×24ヶ月(48,240円)
128GBが月々2,545円×24ヶ月(61,080円)

 

iphone7の値段を下げる方法と裏技

iphone7の購入にはMNPもしくは新規の方がお得というのがわかりました。

でも端末料金をもっと下げる方法が2つあります。

これが現在のスマホを安く購入する方法としては重要なのでよく読んでくださいね。

 

使用中のスマホを下取りに出す

現在使用しているスマホを下取りに出してその分還元してもらう方法です。

下取りも機種変更とMNPではお得感が変わってくるんです。

docomoやソフトバンクからauに入ってくる場合の下取り時の還元が機種変更より多いんですよね。

ここでもMNP優遇という流れがあります。

この下取り価格は毎月のように変わりますのでauの公式サイトで確認してもらえればと思います。

検索では機種変更なら

「au 下取り 機種変更」「au 下取り MNP」

というキーワードで検索してもらえればすぐに確認できると思います。

 

機種変更の場合はアンドロイドの下取りが異常に安いんです。最新機種でも3000円くらい。

だからアンドロイド端末であれば下取りを利用せずにiphone7を購入。

データの移行が終わったらそのままゲオやブックオフなどにスマホを売りにいった方が高いことのほうが多いです。

iphoneからのiphone7への機種変更は下取り金額が結構高いのでお得です。

そして、この下取りは店舗で購入する場合は端末代金から引いてくれます。

例えば2017年2月iphone5sの16GBの下取り金額は14000円(税抜)です

 

iphone7の32GBなら24か月分の負担額10000円(税抜)より下取りの方が高いんです。

だから月855円の支払いもなくなり、さらに余った4000円分はauのポイントとして還元されます。

よくお店でiphone7 32GBなら実質0円って言っているのはこういう理由からですね。

 

ショップの裏情報を手に入れる

ここはスマホの料金をしっかり勉強しないといけないの難易度があがりますが、裏情報を入手して安く購入するんですね。

auショップやスマホを販売しているお店ではTwitterをやっているお店が結構あります。

このお店情報を見ていると下のようなつぶやきをみることができます。

 

上記はMNPですが機種変更でこういった情報があればラッキーです。

iphone7 32GBで最初に16200円の支払いが必要になります。

でも毎月割は有効のままなんですね。

本来は2年間で20520円払わないといけないものが最初に一括で払うことで16200円ですむってことです。

4000円の得ってことですね。

以前はここにキャッシュバックが上乗せされていたんですけど、今は総務省の規制でなくなってますね。

まあ、機種変更でキャッシュバックが付くことは非常に稀なんですけどね。

しかも自分が機種変更したいときにこういう割引があるか未定です。

 

でも一括料金での値引きの場合は条件がいろいろついてきます

上では下取りが必須であること、しかも対象機種以外だと値段が上がってしまったりもします。

また有料オプションに入ってねという条件です。

auの場合はスマートパス、ビデオパス、ブックパス、ディズニーパス、うたパスです。

全部無料期間があるもんなんで後から全部無料期間中に解約すればお金はかかりません。

iphoneの場合はアップルケアにも入ることが要求されるでしょう。

これもあとで解約する必要があります。

ショップによってはさらに別のオプションをつけてきてhuluのお試し期間に入れとかよくわからないオプションに入るように言われます。

だから安くなる条件をしっかり確認する必要があるので難易度が高い話なんです。

 

機種変更でiphoine7の本体料金を下げることができる方法はここまで。

MNPを利用すれば現状iphone6sと同じように一括0円になるのを待つということもできますが今までiphoneが機種変更で一括0円で販売されたことがありません。

今後もiphone7が機種変更で一括0円になるのは期待が薄いですね。

 

auから裏技でauポイントを貰って機種代金を下げる

もし、あなたが2年以上auを継続して利用してきて、今回も機種変更でiphone7に変えたいのであればもう1つ方法があります。

それが、auに他のキャリアに乗り換えたいんですけどと相談することです。

 

現在スマホにはMNPという電話番号を変更せずにキャリアを変更する方法があります。

この話をauに持ちかけるとauはお客さんを離したくないので引き留めに入ることがあります。

auの引き留めは主に機種変更で利用できるauポイントのプレゼント

auのポイントをプレゼントするので他のキャリアへの乗り換えは再検討してくれませんか?ということです。

もちろんあなたが他に移る気がなくて大丈夫。

そのもらえるauポイントは5000ポイントから30000ポイント

 

10000ポイントあればiphone7は実質0円。

30000ポイントあればiphone7の128GBでも実質0円。

iphone7plusに買えても負担金は2年で4000円程度の負担、月々200円以下ですね。

 

この話をすると、みんなは「なんかセコイ」とか「ずるい」とか言われるんですがauさんも商売ですからね。

気にする必要はないですよ。

で、このauポイントをもらう方法です。

  1. auのスマホ、携帯で157に電話を掛ける。(無料です)
  2. 案内を3->2と番号を押し「携帯番号ポータビリティー(MNP)」の予約番号発行の問い合わせ窓口に繋げます。
  3. 「携帯番号ポータビリティー(MNP)」の予約番号発行したい旨を伝えます。
  4. 理由を聞かれるので子どもがとか親が別のキャリアなんで移ろうと考えてますって言いましょう。

ポイントがもらえなければ考えてみますと言って電話を切るだけで大丈夫です。

まずは試してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

auで月々の支払をさらに減らす方法

上記はiphone7本体の値段を下げる方法を調べてきました。

機種変更というのは優遇されにくいんです。

これ以上、月々の料金を下げる方法は、auの割引サービスを受ける方法しかありません。

といってもいままでauを使い続けているので追加でできることってあまりないんですよね。

できることを

  1. 現在のプランを見直す
  2. 自宅のネットワークをau光、もしくはJ-COMに変更する
  3. 学割を利用する

この3つです。

現在のプランが自分の使い方にあっているか確認するためにauショップで相談してみましょう。

auはちゃんと使用状況を確認してプランを提案してくれます。

2つ目は自宅でNTT光などを使っている場合にau光やJ-COMに変更することです。

月々の支払はそんなに変わらずにau光に返ればスマートバリューの適用を受けられます。

これで家族全員のスマホ利用料金が1000円~2000円下げられます。

J-COMに変更する場合は、ネットは変えなくてもテレビと電話をJ-COM契約することでもスマートバリューを適用できます。

 

そして最後は学割。

2017年の学割をもとに記載しますね。

もしあなたに25歳以下の子どもがいる場合、利用者を子供に機種変更してしまいましょう。

機種変更で学割が利用できるのは「U25家族もおとく機種変更キャンペーン」

25歳以下であれば機種変更で5000円もしくは10000円引いてくれます。

iphone7 32GBであれば実質5000円です。

同時に親も機種変更すれば同じように5000円引いてくれます。

iphone7 128GBであれば10000円引き。

MNPを利用した場合のように基本料金そのものを下げる方法はないようです。

 

 

iphone7のauでの値段は?機種変更で料金を下げる裏技を紹介まとめ

機種変更は新規やMNPと比較してお得感が少ないです。

でもauを使い続けるのであればこういった方法をためしてみましょう。

いままで利用していたスマホが2年以上たっているのであれば毎月割がなくなり月の料金が高くなってるはず。

だったら機種変更で少しの負担でスマホを最新にするのがいいですよね。

iphone6を発売日に買っていればちょうど2年。iphone7に機種変更するのがお得です。

下取りを使わなければ旧端末にUQモバイルやmineoの格安simを使用して子供に渡すのもありですね。

ネット専用の格安simなら月1000円くらいで使用できますよ。

 

関連記事:iphone7plus(au)の値段を安く買うことができたのでその方法を公開

関連記事:iPhone7の赤い新色発売で値段や性能は?Product Redは何が違うの?

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ