iphone8やiphoneXが安くなる?ソフトバンクの半額サポート for iPhoneは得か?

ソフトバンクからiphone8の発売に合わせて新料金プランが発表されました。
「半額サポート for iPhone」。
最新のiphoneが最大半額で購入できるというこのサービスは本当にお得か?
サービスの適用条件や解約時の問題は?
iphone8が安くなる?ソフトバンクの半額サポート for iPhoneは得かを調べてみました。

 

スポンサーリンク

iphone8が安くなる?ソフトバンクの半額サポート for iPhoneはどんなもの?

2017年9月22日から受付開始となるソフトバンクの新料金プランが発表されました。

「半額サポート for iPhone」

なんのひねりもない普通すぎる名前です。

ソフトバンクのサービスって名前のセンスがいまいちな気もします。

まあ、名前なんてどうでもよくて本当にお得なのか

9月14日に発表された情報をまず見てみましょう。

対象機種を割賦契約(48回)にて購入・24ヵ月間ご利用いただき、25ヵ月目以降に適用条件を満たすと、残りの分割支払金(最大24ヵ月分)を免除(一部は、お客様の回収端末の売買代金債権と相殺されます。)するプログラムです。

いままでスマホを購入する場合端末を24回払いで購入していました。

その分割払いを48回の分割払いにします。

こうすることで月々の実質の支払い料金が半額になるってことですね。

そして2年経過後。

25か月目に指定のiphoneに機種変更を行うことで残りの24か月分の金額が支払不要になります。

対象機種はiphone8以降になるのですがまだiphone8の価格は未発表ですね。

2年割賦の場合:現金販売価格/支払総額84,000円、分割支払金3,500円/月、月月割 2,300円、実質年率0%、支払期間25ヵ月、支払回数24回
4年割賦の場合:現金販売価格/支払総額84,000円、分割支払金1,750円/月、月月割 1,150円、実質年率0%、支払期間49ヵ月、支払回数48回

加入条件

対象機種を新スーパーボーナス(48回払い)で購入すること。
データ定額ミニ 1GB/2GB、データ定額 5GB/ 20GB(U18)/20GB/30GB/50GB、データ定額パック・標準(8)/大容量(10)(15)(20)(30)※3、パケットし放題フラットfor 4G/4G LTEにご加入頂くこと。

適用条件

対象機種を24ヵ月利用後、25ヵ月目以降に「半額サポート for iPhone 」の指定機種、または「機種変更先取りプログラム」の指定機種に機種変更すること。
機種変更後も「半額サポート for iPhone 」または「機種変更先取りプログラム」に加入すること。
機種変更の翌月末までに加入時に購入した機種を回収、査定完了すること(当社指定の回収条件を満たしていること。回収した機種が査定条件を満たさなかった場合、故障時利用料として20,000円(不課税)、あんしん保証パック with AppleCare Services加入時:2,000円(不課税)のお支払いが必要です。ただし割賦残債務が20,000円以下の場合割賦残債務相当額を上限とします。)

注意事項

本プログラムの加入は対象機種購入時の申し込みに限ります。
本プログラムは、回収端末の査定後に残っている分割支払金を免除します。(一部は、お客様の回収端末の売買代金債権と相殺されます。)
機種回収の際は、古物営業法に基づく本人確認を実施します(店頭回収/後送りのいずれか選択可)。
24ヵ月以内に機種変更した場合、本プログラム若しくは「機種変更先取りプログラム」に基づかない機種変更、電話番号・メールアドレスお預かりサービスに加入した場合、家族データシェア若しくは法人データシェアの子回線に変更した場合、対象外料金サービスへの変更、対象料金サービスの解除又は回線契約の解約・譲渡(家族割引名義変更を除く)などの場合、本プログラムの適用を受けることはできません。
対象機種の割賦残債務を一括弁済した場合、特典の対象外となります。
一部の他のキャンペーン、プログラム、割引との併用ができない場合があります。
本プログラムは、予告なく終了又は内容が変更となる場合があります。
その他詳細な条件については、別途当社が定める提供条件書の内容をご確認ください。

 

 

スポンサーリンク

ソフトバンクの半額サポート for iPhoneは得か?

ということで上記のサービス内容からこの料金プランは得なのか?

何か問題点がないのかを確認してみたいと思います。

 

iphone7では128GBが99840円でほぼ10万円でした。

そして機種変更を行うと実質負担額は32040円(1335円の24回払い)

「半額サポート for iPhone」はこの実質負担額を48か月の分割払いにすることで半分にできます。

 

最初の2年間は16020円の支払いになるってことです。

10万円のiphoneが16020円(667円×24回)の支払いで購入できます。

そして2年経過後再度iphoneも「半額サポート for iPhone」を使用しiphoneを購入します。

いままで使用していたiphoneを下取りに出す必要があります。

 

これにより残額の16200円は支払が不要になります。

そのため最初に購入したiphoneは実質16020円で使用できたことになります。

いままでの料金プランでは24か月払いだったので端末料金が実質半額になるってことです。

 

現時点ではまだ不明ですが最初の「半額サポート for iPhone」での購入時は下取りプログラム利用で実質0円にできることなるってことですね。(いっしょに適用できないとか言わないですよね?)

 

iphone6の下取りは2017年9月では900円×24回なので「半額サポート for iPhone 」の適用後の実質価格が月900円以下なら実質0円で2年間使えます。

いまなら5000円分のポイントチャージもついてきます。

 

 

ソフトバンクの半額サポート for iPhoneの問題点

この料金プランを適用するための条件を確認しておきましょう。

  • 2年後も指定のiphoneをソフトバンクで購入する必要がある
  • 機種変更後に旧機種を返却する必要がある
  • 回収条件を満たさない場合は20000円もしくは残債を支払う
  • 回収条件を満たさない場合で「あんしん保証パック with AppleCare Services」加入時は2,000円を支払う

※あんしん保証パック with AppleCare Servicesは月830円のサービス

要するに壊さなければ2年後に48か月の実質負担額の半分で買い取ることを保証するってことですね。

2年後も「半額サポート for iPhone 」の指定機種、または「機種変更先取りプログラム」に入る必要があるのでソフトバンクでの契約を継続が必要になります。

2年経過で辞める場合は残債を一括で支払う必要がでてきます。

 

回収条件を満たさない(多分画面割れとかも含む)と継続できずに残債支払となります。

みんなのiphone画面割れていたりしますよね。

あれだと「半額サポート for iPhone」を満たさなくなります。

 

2年後の端末買取料金がいくらであろうと回収されてしまいます。

2年経っても中古ショップでの買取料金より残債が高いのであれば得。

逆に買い取りショップの方が高い場合は損するような感じですね。

とりあえず

今後いつまでも一括でお金を払わない限り2年単位でソフトバンクを使用し続けることになる

ってことが言えますね。

格安スマホに移るのも高額な残債の一括払いという壁が残るということです。

それなら最初からアップルストアでSIMフリー版購入を選択した方がよさそうですね。

 

家族でパケットシェアをしている場合は子回線には適用できない。

家族でシェアして料金を抑えようっていうことが子回線ではできないってことです。

 

※現状の疑問点

2年後に次のiphoneに機種変更して1年でソフトバンクを解約する場合。

機種変更で残った端末の36か月分は一括払いは当然支払。

でも前機種で残っていた24か月分の代金の扱いがどうなるのかという点。

1年で辞めているので前の機種の48か月分まではあと12か月分あるわけでどういう扱いになるのか?

25か月目に機種変更したら前機種の「残債が消滅する」ってことならお得なんですけど。

※今度ソフトバンクに電話して聞いてみよう

 

 

「ソフトバンクの半額サポート for iPhone」まとめ

ソフトバンクの半額サポート for iPhoneは今後ソフトバックで2年単位にiphoneを使用し続ける

この覚悟が必要ってことですね。

もちろん途中で落して壊したらってこともありますし。

確かにiphoneを安く購入は可能なんですけどね。

辞める時に変な請求をされなければいいのですが・・・・

ソフトバンクオンラインショップでiphone8を予約

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ