iphone8の防水機能はどこまで?お風呂で使っても大丈夫?

iphone8で防水機能はどうなったのか気になりますよね?お風呂で使いたいと言う人も多いかと思います。
iphone7でIPx7に対応し水に濡れても大丈夫という性能を手に入れました。
その後継機であるiphone8では防水機能はどこまで大丈夫なのかお風呂で使っていいのかを確認してみました。

 

スポンサーリンク

iphone8の防水機能はどこまで大丈夫?

iphone7の防水機能はIPx7相当と記載されていました。

そのため防水機能があるとわいえず耐水というレベルでした。

ではiphone8ではこの防水機能はより強化されたのか期待していました。

そしてiphone8の詳細スペックが発表されアップルのホームページで確認してみました。

 

防沫性能、耐水性能、防塵性能 

>>>IEC規格60529にもとづくIP67等級

iPhone 8とiPhone 8 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

と記載されています。

アップルとしてはiphone8の防水性能はiphone7から向上しなかったということになります。

だからiphone8の防水機能については過度な期待はしてはいけないってことですね。

 

では一度IP67という防水機能について確認しておきましょう。

IP67の6は防塵性能、7は耐水性能を示しています。

IPx7相当の防水機能は以下のように国際的にIEC規格として規定されています。

この保護等級の中でIPx7は防浸形と定義され、

「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没してもい内部に浸水しない」

ということを満たしているということになります。

 

そしてIPx8だとどういう規定になっているかというと

IPx8は水中形で

「継続的に水没しても内部に浸水しない」

という規定になります。

そのためIPx8と書かれていれば水の中でも安心して使えそうな気がしますね。

下記の図に防塵、防水について纏められた表を貼っておきますね。

引用:http://www.avccorp-jpn.co.jp/technicalguide/pdf/IP_2014.pdf

 

でもアップルが仕様として記載している通りiphone8の耐水レベルのIPx7。

水にかかる、一瞬水の中に落としてすぐに拾う。

そんな生活防水というレベルになるんです。

防塵機能としては最高レベルなんですけどねぇ。

また、アップルは注意書きに

「永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります」

と書いています。

これは部品の間に耐水のため挟まれているゴムの部品は経年劣化するということを意味しています。

どうしてもゴムは時間と共に劣化してしまうのでこの耐水性能もいつまでも使えるというわけではないんです。

また、iphoneのSIMカードトレイ部分にもゴムパーツが付いています。

もしSIMカードの乗せ換え時にこのゴムパーツ部分にゴミが挟まり隙間があったとしたら。

少しの隙間なら浸透圧の差で水が浸入することないかもしれませんが危険な状態だともいえます。

 

 

iphone8の防水機能はお風呂で使っても大丈夫?

上で説明したようにiphone8の耐水性能はIPx7となるので水中で使用することは保証されません。

その性能を理解した上でお風呂で使えるのかというと、

無理しない方がいい

という話になります。

 

有名なYoutuberの皆さんがこぞってiphone8を水没させた動画を投稿しています。

その動画は全部大丈夫という結果にはなっています。

しかしながらアップルの保証外だということをお忘れなく。

 

またお風呂で使わない方がいい理由としてはもう1つ。

お風呂の水は水ではなくお湯だからです。

IPx7の性能はあくまで真水を対象としたものです。

お風呂のように湯気や蒸気を意図していないし常温の水での確認結果なんです。

だからもうお湯で使うこと自体保証対象外になってしまうということなんです。

精密機械は熱にも水にも弱いです。

 

じゃあ海やプールであれば大丈夫ですか?って話になりますが

海は塩水
プールは塩素水

ですから純粋に水ではないのでやっぱり保証できないということになります。

 

さらに極め付けは

アップルもドコモもauもソフトバンクも

水没により故障した場合は保証の対象外になるということ!

なんです。

関連記事:スマホの防水機能はどこまで大丈夫?水没故障した場合の補償は?

 

故障の原因が水没であれば保証されないので修理費は全額負担になるってことを理解しておきたいですね。

だからスマホはそのままの状態では水につけるということは決してオススメできるものではないとなります。

また上の章でも説明しましたがゴムの経年劣化や隙間があった場合。

みただけではわからないところから水没し故障。

そうなってからはどうしようもないですからね。

 

 

スポンサーリンク

iphone8は水中で使えないのか?

iphone8は水中で使うことに拘るのであれば、専用のケースを購入することをオススメします。

それでもケースは水没故障を保証してくれるわけではありません。

しかしながら耐水性能のあるiphone8と防水性能をうたい文句とするケースとの組み合わせ。

すこしは安心感も増すことでしょう。

 

それに専用のケースであれば写真を撮影するときも画質の低下も少なくなるように設計されていますからね。

少し値段はかかりますが安心感をお金をだしてプラスするという感覚でいかがでしょうか?

ちなみにiphone8とiphone7は同じサイズなので同じケースが使用可能です。

iphone8plusとiphone7plusでも同様です。

わたしのオススメとしてはカタリストのケースが実績があるので安心できるケースですね。

安いケースはその分、質も性能も怪しいので購入する場合は注意してください。

 

 

 

 

iphone8の防水機能のまとめ

  • iphone8の防水性能はiphone7と同じIP67であること。
  • IPx7の防水は生活防水であり水中で利用することは想定されていないということ。

iphone7発売後には水没させて故障したいう話もよく聞きます。

どんな製品でも100%完璧ということはないですから製品のバラつきから耐水性能が弱い個体を購入してしまうこともあります。

これは十分理解してください。

その上でも水に濡れても大丈夫なところで利用するならケースの利用を検討してくださいね。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ