iphoneX(iphon8)の予約開始日発売日ドコモオンラインショップ攻略

iphone8(iphoneX)の予約開始日にドコモオンラインショップで予約して発売日に入手したい!
NTTドコモは日本で一番加入者の多いキャリア。
そこでiphone8(iphoneX)を発売日に入手するなら予約開始時間にいち早く予約が必要。
そんなドコモオンラインショップでiphone8(iphonX)の予約開始時にいち早く予約できるよう攻略方法を紹介。

ちなみにこの記事で書いているiphone8やiphoneXという名称は噂です。

インターネット上には他にもiphone Editionやiphone Proなんて名前もあったりしてどうなるんでしょうね~

 

スポンサーリンク

iphoneX(iphon8)の予約開始日と発売日

iphone8(iphoneX)の予約開始日と発売日は9月12日の深夜26時以降に発表されます。

そのためほとんどの人が予約開始日と発売日を知ることになるのは9月13日の朝になりますね。

 

iphone8の予約開始日と発売日

予約開始日:9月15日

発売日  :9月22日 16時1分

 

iphoneXの予約開始日と発売日

予約開始日:10月27日

発売日  :11月3日16時1分

 

9月12日の深夜に予約開始日と発売日が発表されることは間違いありません。

でも発表から予約開始日までは2日間あるのであせる必要はありません。

深夜に予約が開始されるようなことはありません。

だからしっかり購入計画を立ててくださいね。

 

関連:iphoneXの値段と性能をiphone7と比較!

 

iphoneXは出荷台数が非常に少ないと言われています。

そのためdocomoの販売分も去年のiphone7ジェットブラックより大変になる可能性があります。

ですので購入するなら早めに!

 

>>docomoのiPhoneを今すぐ予約<<

 

ドコモでの販売価格や月々サポートについては12日深夜には発表されないと思います。

というかいままでもされたことないですね。

実際iphone7の時は発表時どころか予約開始当日まで発表されないくらいでした。

いくらになるかやきもきさせながら価格の発表を待ったものです。

 

実際iphone7では新規、機種変更、他社からのMNP全部の価格が同じになっていたんです。

いままではMNP優遇で機種変更は月々サポートも少なかったりしましたが今年も同じになるのではないでしょうか?

そのためNTTドコモでiphone8を購入する場合は機種変更も躊躇なくできますね。

 

 

NTTドコモでのiphone8の価格

iphoneX

    ドコモ   au     ソフトバンク
 64GB 定価 125,064    
機種変 68,472    
乗換え 68,472    
新規 68,472    
256GB 定価 143,856    
機種変 86,832    
乗換え 86,832    
新規 86,832    

 iphone8

    ドコモ   au     ソフトバンク
 64GB 定価 88,776 91,440 94,320
機種変 31,752 27,360 26,880
乗換え 31,752 17,880 17,280
新規 31,752 27,360 17,280
256GB 定価 106,920 109,680 112,560
機種変 50,112 45,600 45,120
乗換え 50,112 36,120 35,520
新規 50,112 45,600 35,520

iphone8plus

    ドコモ   au     ソフトバンク
 64GB 定価 100,440 103,200 106,080
機種変 43,632 39,120 38,640
乗換え 43,632 29,640 29,040
新規 43,632 39,120 29,040
256GB 定価 118,584 121,680 124,560
機種変 61,992 57,600 57,120
乗換え 61,992 48,120 47,520
新規 61,992 57,600 47,520


 

スポンサーリンク

ドコモオンラインショップでの予約方法まとめ

ドコモオンラインショップでのiphoneの予約方法についてまとめておきます。

まずドコモオンラインショップで予約する時に必要な情報は

  • dアカウントID もしくは ネットワーク暗証番号(4桁の数字)
  • 新規もしくは他社からの乗り換えの場合はdアカウントのほかに「名前」「電話番号」「メールアドレス」の入力が必要です

現在ドコモの契約のない人は事前にdアカウントを取得しておきましょう。

予約には住所などの難しい情報はありません。

落ち着いて入力していきましょう。

ただし、9月に発売されるiphoneXは出荷台数が非常に少ないと言われています。

そのためdocomoの販売分も去年のiphone7ジェットブラックより大変になる可能性があります。

ですので購入するなた早めに!

 

iphone機種容量選択

iphone予約ページでカラーと容量を選択して予約ボタンを押す。

ここを間違えたら話になりませんからね。

確実に選んでいきましょう!

 

ログイン

接続状況に応じて下記のどちらかの画面になります。

・Wifi接続、パソコンではdアカウントIDとパスワード
・LTE接続ではネットワーク暗証番号(4桁の数字)

 

購入方法選択

機種変更、新規、他社からの乗り換えを選択

すでにドコモ契約者であれば名前や電話番号は自動的に入力されるのでカラーと容量を確認して「確定する」ボタンを押します。新規、他社からの乗り換えの場合はドコモに情報がないので「名前」「電話番号」「メールアドレス」の入力を入力して「確定する」ボタンを押します。

 

予約はこれで完了です。

予約完了のメールが指定したメールアドレスに届きます。

 

 

ドコモのiphoneX購入時に適用できる割引サービス

過去最高に高価になるであろうと言われるiphoneX。

その値段を少しでも抑えることができるのがドコモの割引サービス。

iphone発売に合わせて追加のキャンペーンが行われるかもしれませんが9月中に行われる施策を確認しておきましょう。

家族まとめて割り

2017年9月1日(金曜)~2017年11月30日(木曜)に、同一シェアグループ内で2台以上対象機種をご購入、かつ「シェアパック」にご加入のお客様におトクなキャンペーンです!

→5,184円(税込)還元

 

下取りプログラム

オンラインショップの場合は後日郵送で送ることになります。

そして還元はdポイントとして行われることになります。

iphone6、iphone6plusで20800ポイント

iphone6sが25800ポイント、iphone6splusで28800ポイント

となっています。

ただしiphone6sを中古買取してもらうとこのポイント以上になることもあります。

ですので大事に使用してキズが少ないのであればドコモの下取りを利用しない方が高くなる可能性があります。

ドコモの下取りは容量に関係なく一律なので64GB以上であれば中古買取の方が高くなることが多いです。

 

期間限定!下取りでおトク!

9/14以降にiphone7を購入するときに下取りプログラムを利用するとが1200円端末代から引かれるそうです。

iphoneXにも適用されると思われますが上記のように中古の買い取り価格との兼ね合いで利用しましょう。

 

 

 

ドコモオンラインショップで受けられる割引特典

最後にドコモでの購入時に利用可能な割引サービスを確認。

ドコモオンラインショップでの購入はドコモショップでの購入に比べてメリットもあります。

iphone予約は関係ないですが24時間いつでもできるのがオンラインのメリットの1つですね。

おまけでデメリットもお伝えしておきます。

>>docomoのiPhoneを今すぐ購入<<

 

メリット1 事務手数料が安くなる

スマホからスマホの場合は事務手数料は無料です。

ドコモオンラインショップでは1台につき2160円もかかります。

 

メリット2 送料無料

自宅やネットで注文しても送料が無料になります。
(正確には2500円以上で送料無料)

ドコモショップの混雑や契約にかかる時間をスキップして自宅に端末が届くので便利です。

 

メリット3 頭金不要

ドコモショップで購入すると頭金がかかる場合がほとんどです。

この頭金って価格の一部が頭金になるのではなく、価格以外に取られていたのしってましたか?

ドコモショップでは余分にお金がかかるってことです。

頭金0円なんてこというショップがありますが、それは当然だろうって。

 

メリット4ドコモショップに行く必要がない!!

最近は事前予約なんてものがありますが待ち時間や審査時間で結構待たされますよね。

契約するときもあれこれ説明されます。

なんども機種変更をしていると大丈夫ですよってことまで説明されます。

向こうは義務なのでしょうがないのかもしれませんが。

そんな無駄な時間がまったくありません。

実はこれが最大のメリットかもw

 

デメリット1 SIMカード挿入、開通確認

普通はドコモショップのお姉さんがやってくれますが、SIMカードの入れ替え、開通確認を自分でやらないといけません。

iphoneからiphoneであればSIMカードのサイズが同じなので差し替えるだけですね。

ドコモのホームページ内に説明があります。

ここを読んで特に気にならなければオンラインで問題ないですね。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/iphone/guide/setting_step1.html

 

デメリット2 データ移行

新端末へのデータの移行も自分でやらないといけません。

iphoneの場合はiCouldやiTunesでのバックアップを行う必要があります。

これもパソコンがあれば難しくないんですけどね。

https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/guide/backup/


 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ