春秋のメンズファッションの基本とは?漫画でわかる着こなし方

メンズファッションと言われても全然わからないので何か勉強になる本を探していたんですけどファッションを教えてくれる漫画なんてあるんですね。最近はなんでも漫画になっていますね。自己啓発本も漫画になっているくらい。

この記事ではメンズファッションの基本を学べる漫画「服を着るならこんなふうに」で言われている内容について纏めてみました。

 

>>服を着るならこんなふうに漫画本編はこちら<<

※この記事のセリフは「服を着るならこんなふうに」から引用させて頂いてます。

この記事で着けているタイトルは私が勝手につけてるので注意してくださいね。

 

主人公の祐介とファッションが趣味の妹、環(たまき)。

ファッションに興味を持ったが何を着たらいいか解らない兄にいろいろ教えてくれる可愛い妹「環」ちゃん。

ふたりの「論理的にオシャレになる方法」「学校もファッション誌も教えてくれないオシャレの基本」が学べます。

 

「オシャレの法則を知れば、ユニクロで十分」という

この漫画の企画協力をしているMBさんのホームページはこちら

 

スポンサーリンク

メンズファッションの基本はコーディネートとバランス

「メンズファッションは高いものを買えば格好良くなるわけじゃない

 大事なのはコーディネート

 全身のバランス!

 流行りはあるけど、どんなものにも基本はあるでしょ」

ということで第1話で始まった「服を着るならこんなふうに」

第2話で向かったのはユニクロ!っぽいところ。

そして

スキニーフィットテーパードジーンズの黒

  • 印象のベースはボトムにかかってる

「体にフィットした徐々に細くなる形のジーンズ」

裾は折るのではなくちゃんと裾上げをしてもらいましょう。

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/jeans/men/

 

第1話はファッションに興味を持つきっかけしかないので実際にファッションの情報が登場するのは2話からです。

漫画内ではイニクロとなってますがどう見てもユニクロですね。

実際にスキニーフィットテーパードジーンズの黒は存在します。

スキニーとは足首に向けて細身のパンツのこと

テーパードというのはももの部分はそれほど細くなくだんだん細くなっていくパンツ。

 

漫画の中ではこのジーンズを購入した祐介は2本目を購入するくらい気に入ってしまうもの。

実際にインターネットでスキニーフィットテーパードジーンズを調べると同じように黒を複数本購入し履き回しているなんてブログもあるくらい。

 

ジーンズというといままではLevisやEDWIN、Leeといったジーンズで有名なメーカーばかりでした。そして1本のお値段も5000円から10000円くらいするものが多く気軽にというわけにはいきません。

そこにユニクロが参入しジーンズを安い値段で販売するようになりました。

このスキニーフィットテーパードジーンズも一本2980円ととてもお買い得なお値段。

安くても出来がいいのはユニクロというブランドもあるので安心ですよね。

それでいてシルエットもスキニーテーパードという名前の通り太もも部分には余裕があり足首に向けて細くなっていく形状。

ズバリ、スキニーテーパードの形状は足を長く見せてくれます。

この視覚的効果についてはあとあとの話でも登場しますね。

さらに名前にはフィットという名称が入っているくらいなので伸縮性もあります。

ジーンズのデニム地というと固くて伸びないものを想像しますよね。

でもこのスキニーフィットテーパードジーンズの場合は伸縮性もあり軽い運動ができてしまうくらい。

黒のスキニーフィットテーパードジーンズを選ぶ時点でフォーマルでもカジュアルでもこなすことができるので着る機会も増えてきます。

 

注意点としてはスキニーフィットテーパードジーンズは足が太い人には合わないということ。

あとあと漫画でもこの話が出てきます。

 

 

大人の男性として白と黒モノトーンを大事に

「大人の男性としてオシャレな服を着たいならモノトーンを大事に

 白と黒それが一番大人っぽい色なんだよ」

ということで第3話で登場したのは色の話。

白と黒はフォーマルドレスの色としてモノトーンが推されています。

男の人は服も髪も女性より髪型の種類はすくないしフォーマルファッションは黒スーツ一色。

無関心になるのは仕方ないし、服の選び方は誰かが教えてくれるわけではない

でも少しは勉強しましょうというお話でした。

 

実際モノトーンというのは女性でも男性にも活用できるファッションの定番としてよく登場します。おしゃれに決めたいならモノトーンと言われるくらい鉄板です。

漫画の中でも黒の洋服は色合わせもしやすいし、カジュアルなアイテムとして利用しても大人っぽく見せてくれる特徴があります。

逆に色ものや柄物では大人っぽく見えることがないってことですね。

 

大人っぽい雰囲気とは落ち着いたイメージを見せること。

それにはモノトーンが一番落ち着いて見えるってことですね。

下半身コーデに黒を使用すると上半身に白系統を取り込むことで色合わせのルールというものも満たせるという特徴があります。

色合わせのルールとはコーディネートは3色に抑えることでおしゃれに見えるというもの。

黒のジーンズに白のTシャツ、そこにアウターの一色を追加することで色合わせのルールを守りつつ大人っぽくオシャレになれるというものです。

外を歩いていて、あの人オシャレと思ったら色のルールを満たしているか確認してみるといいですよ。人の印象ってぱっと見で結構左右されますからね。

 

 

同系色で統一することの重要性

「下半身の色を同系色で統一することで少しでも足を長く見せようって方法」

日本人の体型、胴長短足が多いという解っていてもつらい現実。

実際おしゃれな人でも後ろから見ていると日本人って胴長短足にみえますよね。

後ろ姿だとそれがよくわかります。

でも

スキニーフィットテーパードジーンズの黒に「黒い靴下」「黒い靴」を履くことで視覚的効果を狙う

ことの重要性について書いていますね。

祐介が購入したのはABCマートでコンバースの真っ黒いスニーカー。

コンバース ALL STAR PADBOOTS M TS MID オールスター パッドブーツ M TS ミッド 32960481 BLACK

http://www.abc-mart.net/shop/g/g5609960001012/

 

足が短いことを視覚効果で誤魔化している感じがしますが

「コーディネートを見た時いいと思ったんでしょ?その気持ちを否定しないで覚えておけばいいと思うの」

ということです。

「基本を押さえておけばいつだってオシャレに見える」

第4話は1話で購入したテーパードスキニージーンズに合わせる下半身コーデのお話でした。

 

実際ファッション雑誌などを見ているとよくわかるのですがジーンズと靴下、靴を同系統で統一しているものをよく見ることができると思います。

同系色で統一するということは統一感が出てすっきりまとまるんですね。

色を統一させることでもカジュアルよりもドレスライクになるのでオシャレに見えると。

じゃあ、靴はボトムスに合わせて何足も必要なんじゃないの?って話になるかもしれませんがそのために1話で黒を選んでいるんですね。

上下黒というとワントーンと呼ばれる着こなしでドレスよりになってしまうので足元や頭にアクセントで別系統の色を入れるようにとMBさんもいってますからね。

 

 

ブルゾンよりカジュアル過ぎないしスーツジャケットより堅苦しくないジャケット

ファッションに詳しくない人が店員さんに

「これ今すっごい人気があって、ネットでは予約で完売しちゃって

 各店舗に1点ずつしか入ってきてなくて
 
 着回しがきいて便利なんですよ~
 
 もうここにある分で最後なんですよね~」
 
って言われて思わず似合わないと思った服を買わされてしまう話。

 

でもその中で1つだけあったいい買い物

それがイージージャケット

「ブルゾンよりカジュアル過ぎないしスーツジャケットより堅苦しくない。

 襟があるけどラフに着られる。普段使いから少しかしこまった場でも使える優れもの」

ということ。


第5話に登場する「イージージャケット」

今回は購入シーンがないのでどこのというのはないんですね。

漫画によく登場するお店はユニクロ、ABCマート、そしてG.U。

今回は主人公祐介が買ってきているので他の店かもしれませんね。

G.Uにはスーツのように堅苦しくないジャケットが格安で販売されてます。

カットソージャケットはジャケットの材質からしてスーツとは違うので気楽に着られるし何しろ3980円で購入できてしまうのでお得です。

 

今回の漫画では「イージージャケット」となってるけど探すときは「テーラードジャケット」でもいいみたいですね。

というか見た目だけでは差がわからないw

「テーラードジャケット」は英語にすると「tailored jacket」

仕立てられたジャケット。

いわゆるスーツの上着のようなものです。

「イージージャケット」は形状は同じようなもので素材がスーツよりも服に近いものを利用しているってことですね。

まあ、スーツ売り場にないジャケットと思えばほぼ間違っていないと思っています。

 

 

ファッションはシンプルな方が大人っぽい

「ファッションはシンプルな方が大人っぽいの。

 だから究極にシンプルな無地こと
 
 最も大人っぽいアイテムなの」

 
ということで第6話では1話のジーンズ、5話のイージージャケットの組み合わせるカットソーのお話。

カットソーというのはTシャツも含めます。

布を切って裁縫してつなげて形にしたのはカットソー。

漫画内ではカットソーとしてTシャツを選んでますね。

ということでファッションでカットソーというとTシャツって思ってもよさそうですね。

 

この回で見ていたのはユニクロの「スーピマコットンフライスTシャツ」

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/innert/men/

ヘインズの「ジャパンフィットクルーネックTシャツ」

http://www.hanesbrandsinc.jp/hanes/g/gH5110-010-S/

 

大事なのは袖

「袖が細くて短めな方がすっきりして大人っぽく見える」そうです。

どちらも安いので気楽に購入ができますね。

もしスキニージーンズを今から購入するならTシャツも一緒に。

ユニクロにはイージージャケットはないとMBさん別の記事で書いてますね。

この6話の中では環ちゃんが細いボーダーもいいと言っていますね。

この辺りは色ルールの範囲ないで。

 

 

スポンサーリンク

コーディネイトするときに一貫した基準を持つことが大事

「コーディネイトするときに一貫した基準を持つことが大事なの

 それさえわかっていれば
 
 ひとりでも楽しく服を選べるようになるよ」

とうことで1話から始まった祐介の同窓会の服選び。

ファッションを気にするなら姿見を1つ持っておくべきという話。

姿見は持ち帰るには大きいし長いし重いし。

そういうこともあるので通販での購入が便利ですね。

Amazonで購入すれば安い物は1000円台、高くても4000円。

鏡なんて映れば同じなので安いのを選びたいですね。

Amazonで購入できる姿見(大きな鏡)一覧

 

姿見のあとはサイフやスマホなどを入れるバッグのお話。

シルエット重視で服を選んでいるので大きなバッグはシルエットを崩してしまうことから不可。

そして候補にあがったのが

  • ミニショルダーバッグ
  • ディバッグ
  • トートバッグ
  • クラッチバッグ

漫画の中ではクラッチバッグを選んでいますね。

でもクラッチバッグの欠点は常に手がふさがってしまうことですね。

オシャレと利便性どちらを取るかという問題が。

お酒を飲んで思わず電車の中に忘れてしまいそうなのがクラッチバッグのようなものなので注意してくださいね

トートバッグは女性ものというイメージがあるけど黒のレザーであればシックに決まってドレスよりになるということ。

どれを選んでもいいのですがシンプルなバッグを選びたいですね。

 

 

たったひとつの一番大事な服を選ぶ基準

「たったひとつの一番大事な服を選ぶ基準

 それは

 ドレスとカジュアルのバランス」

オシャレというのはスーツや正装のドレスと、普段着のカジュアルの融合。

正装は一般的に大人っぽい恰好で、カジュアルはラフな印象に。

第8話ではついに同窓会のお話。

第1話からの話を内容を改めてのまとめですね。

カジュアルな恰好からドレスに要素を入れて行くことでおしゃれに。

そしてオシャレは値段やブランドではなくて好きなものを着る

というお話になっていますね。

ちょうどこの巻で

「服を着るならこんなふうに」の1巻が終わるので改めてのまとめになってます。

 

 

メンズファッションの基本とは?漫画でわかる着こなし方まとめ

メンズファッションの基本はドレスとカジュアルのバランス。

おしゃれというのは全くわかっていない自分でもこれでいいんだと思える漫画

「服を着るならこんなふうに」

そんな漫画が無料で読めてしまうのでぜひ公式サイトで全話読んで欲しいですね。

 

漫画本としても販売されているので興味があればどうぞ。

この漫画でファッションについての協力をしているMBさんは

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」

などの本を出しているのでファッションに興味をもってくれたのであればぜひ読んでくださいね

MBさんの著書などはこちらをクリック

 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ