河津桜まつりへ電車でのアクセスと最寄り駅、踊り子号の時刻表は?

河津桜まつりが2月になると始まります。河津桜は2月に開花する桜の1つ。

そんな河津桜まつりへ電車でアクセスする方法と最寄り駅に関する情報を紹介します。

河津桜まつりへのアクセスは踊り子号が便利なので踊り子号の時刻表も合わせて紹介します。

 

スポンサーリンク

河津桜まつりへ電車でのアクセス方法

毎年2月になると桜の時期ですね。

今回は桜と言っても染井吉野(ソメイヨシノ)ではなく河津桜(カワヅサクラ)です。

河津桜は普通の桜よりも早く2月に開花して約1か月間の間楽しめる桜です。

パッと見は梅かなって思いますがソメイヨシノのようにたくさんの花をつけるので梅に比べても鮮やかです。

そんなたくさんの河津桜が川沿いに咲き乱れる河津町では毎年河津桜まつりが行われます。

毎年2月の上旬から3月の頭まで。

3月に入ると葉桜になってしまうのでできるだけ2月中頃までに見に行きたいですね。

河津町とはどこにあるのか電車でのアクセス方法について確認しましょう。

 

河津桜まつりへ電車での最寄り駅

河津桜まつりへ電車でアクセスする場合の最寄り駅は河津駅となります。

この河津駅の場所ですが、伊豆半島の結構南のほうにあり、東京から行こうとすると結構な距離。

そして河津駅の場所は伊豆急行線にある駅で日本地図でみるとここにあります。

伊豆半島の南、小田原や熱海よりもかなり南にあるんですよね~。

 

河津駅へのアクセス方法

河津駅のある伊豆急行線は伊藤駅を中心とする電車ですが熱海駅から利用することができます。

普通は東海道線で熱海駅で乗り換えて河津駅へ向かうというのがふつうの行き方です。

東海道線からの乗り換えは1回ですみますが、東京駅からは結構な時間がかかり約3時間。

新幹線などを利用して熱海駅で乗り換えるということももちろんできます。(その分料金が上がりますが)

東京方面からの河津駅へのアクセスには踊り子という特急電車が便利です。

踊り子号に乗ってしまえば河津駅まで乗り換えなしに行くことができちゃいます。

 

 

スポンサーリンク

河津桜まつりのアクセスに便利な踊り子号の時刻表を紹介

踊り子号には普通の踊り子号(185系)と、スーパービュー踊り子号(251系)、マリンエクスプレス踊り子号(259系)があります。

踊り子号って1日数本しかないのですが、平日と土日で始発駅がかわっていたり繁忙期の期間だけまた別の駅だったりとわかりにくい特急電車です。

この辺りも整理して紹介しておきたいと思います。

踊り子号は頻繁に運航日が変わるので数か月おきに確認が必要です。

今回は河津桜まつりの期間の間なので2月と3月分を確認した結果を紹介します。

この3種類の踊り子号の他に普通の踊り子号が東京駅から運行されています。

また、運行時間は2017年1月確認していますが念のためJRの時刻表を確認願います。

 

スーパービュー踊り子号

どうせ乗るならこの車両っていうのがスーパービュー踊り子号。

大きな窓、鮮やかな車両、他の電車とは違って旅行気分を味合わせてくれる電車ですね。

先頭と最後尾の展望席は競争率が激しすぎてなかなか席が予約できませんがそれ以外であればなんとかなると思います。

251系10両で運行されます。

時刻表が一番わかりにくいのがスーパービュー踊り子号なんですが、2月、3月の土日は始発駅が大宮駅になります。

基本的には2月11日から3月の土日祝日に大宮発で運行されます。

平日は新宿駅発着で運行されています。

大宮駅発となる日程は下記。

2017年

2月11・12・18・19・25・26日
3月4・5・11・12・18~20・25・26日

スーパービュー踊り子号は各日1往復します。

だから日帰りで河津桜まつりを楽しむこともできます。

でも、せっかくだからライトアップも見て帰りたいですよね。

 

我孫子駅発踊り子号

JR上野~東京駅間と常磐線が接続することになり踊り子号も千葉県我孫子駅発着便が増発されています。

1日1本片道運転になっています。

日帰りするのであれば東京行きの踊り子号で戻ってきて乗り換えして帰ることになります。

我孫子駅発の踊り子号の車両は現状は185系7両編成で運行されます。

ちょっと今となっては古い車両というのが気になりますね。

我孫子駅発→伊豆急下田駅着

2月4・11・12・18・19・25・26日
3月4・5日

伊豆急下田駅発→我孫子駅着

2月5・11・12・18・19・25・26日
3月4・5日

.

 

マリンエクスプレス踊り子

マリンエクスプレス踊り子号という車両も河津駅に停車します。

こちらのは東京駅が発着駅になります。

車輌は成田エクスプレスでおなじみのNEX E259系6両編成で運行されます。

通常の成田エクスプレスと異なるところはヘッドマークがついているのが特徴です。

マリンエクスプレス踊り子77号、79号
2月18・19・25・26日
3月  6~10日

マリンエクスプレス踊り子74号、76号
2月13~17・20~24・27・28日
3月  1・2・3日

 

河津桜まつりへ電車でのアクセス方法と最寄り駅と便利な踊り子号の時刻表まとめ

 

 

河津桜まつりの行われる河津江駅へのアクセスは静岡市方面からアクセスする場合は熱海駅で乗り換えるしかありません。

東京方面からの河津駅へのアクセスに関しては踊り子号を利用した臨時列車が運行されており乗り換えもすくなく訪れることができます。

ただ臨時列車があるが上にわかりにくいのでこの記事が参考になれば幸いです。

河津桜は2月から咲いており、河津町方面でしか見られないので楽しんでくださいね。

 

 

 本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ