モアナと伝説の海の動画を無料で日本語吹き替え版をフル視聴する方法を期間限定紹介!

モアナと伝説の海の動画を今すぐ見る!

モアナと伝説の海の動画日本語吹き替え版を無料でフル視聴する方法を期間限定紹介しています。
もちろん日本語吹き替え版だけでなく字幕版も観れますが私は吹き替え派です!
2016年11月に劇場公開されアナ雪やラプンツェルよりも超える人気作品となったモアナと伝説の海。
そんなモアナと伝説の海を無料で全編フル視聴する方法を紹介します!

モアナと伝説の海の動画を今すぐ見る!

 

モアナと伝説の海の動画日本語吹き替え版を無料でフル視聴する方法を期間限定紹介!

モアナと伝説の海がいよいよ家でも視聴できるようになります!

アメリカではアナ雪やラプンツェル、ズートピアよりも興業収入が高かったとか。

日本では少し遅れた翌2017年の3月から公開されました。

 

南太平洋・オセアニアの海を舞台とした、ディズニー56作目の長編アニメーション映画。

これまで平和で豊かだった世界が、女神テ・フィティの「心」が失われたことにより、脅かされてしまう。

勇敢な少女、海に選ばれた主人公のモアナは世界を救うため、単身海へ冒険の旅へ漕ぎ出ていく。

旅の途中で、力を失った英雄マウイに出会い、2人は様々な困難に立ち向かい進んでいく。

 

そんなモアナと伝説の海が2017年7月5日にDVD、ブルーレイが発売されます。

しかも同時に動画を無料で観る方法も解禁されます。

もちろん違法性ゼロの方法で。

 

 

モアナと伝説の海の動画を無料で視聴する方法は

U-NEXTの無料トライアルを利用すること

 

この無料トライアルを利用することでモアナと伝説の海の日本語吹き替え版を視聴可能なんです。

でもこの記事のリンクからU-NEXTの無料トライアルに参加すると特別に600ポイントが貰えます

この600ポイントを利用することで432ポイントのモアナと伝説の海をで観ることができちゃいます。

特別無料ポイント付リンクのリンクはこちらから。

U-NEXTでモアナと伝説の海の動画を今すぐ見る!

 

無料トライアルの無料期間は31日間。

ほかの動画も十分楽しめる日数がありますね。

※ 本ページの情報は2017年7月時点のものです。
  最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

Dailymotion、pandraなど違法動画を視聴することは危険

Dailymotion、pandraなど違法に動画がアップロードされているところがあるかもしれません。

そういったサイトで動画を見ることは非常に危険です。

動画に辿りつくまでにいろいろな広告があり、中にはウィルスの入った広告もあるかも。

また、違法とわかったうえで違法動画を視聴することは違法行為なんですよ。

さらには変な広告をクリックしたら

「あなたのパソコンはウィルスに感染しています!」

なんて日本語で音声が流れてしまったりするかもしれません。

あれ、ビックリしますよ

 

また最近はランサムウェアという非常に悪質なウィルスが存在します。

間違って実行してしまうとあなたのパソコンのデータを人質にお金を要求してきます。

しかもお金を払ってもデータは復旧されない。

パソコンやスマホの中のデータがすべて使用不可に。

もしそんなことになったら悲劇ですよね。

無料で動画を見ようとしただけで後悔することになります。

そして最後に1つ

違法動画は画質が悪すぎ。

日本語吹き替え版や字幕版は違法動画サイトにはありませんよ

 

 

「モアナと伝説の海」のDVDブルーレイ情報

モアナと伝説の海のDVD、ブルーレイには限定版が存在します。

「モアナと伝説の海 MovieNEXプレミアム・ファンBOX」

本編にはなお短編アニメーションやインタビューなどのボーナスコンテンツ。

ピクチャーブック「Moana and the Ocean」、 スタジオ原画スケッチプリントといった豪華仕様。

ほかにも「モアナと伝説の海 MovieNEXプラス3D」という3D版も発売されます。

最近3Dテレビはすっかり下火な気もしますが3D映画と3Dテレビの相性は抜群。

まだ3Dテレビがあるのなら3D版も興味がありますね。

 

モアナと伝説の海のキャスト情報

モアナ・ワイアリキ(アウリイ・クラヴァーリョ/屋比久知奈)
ベビー・モアナ(ルイーズ・ブッシュ/竹野谷咲)
マウイ(ドウェイン・ジョンソン/尾上松也)
トゥイ・ワイアリキ(テムエラ・モリソン、歌:クリストファー・ジャクソン/安崎求)
シーナ・ワイアリキ(ニコール・シャージンガー/中村千絵)
タラ(レイチェル・ハウス/夏木マリ)
ヘイヘイ(アラン・テュディック/多田野曜平)
タマトア(ジェマイン・クレメント/ROLLY)

 

 

吹き替え版の主題歌はモアナ役の屋比久知奈さんが歌います。

はっきりいってディズニーのセンスは素晴らしい。雰囲気がバッチリです!!

公式動画でも歌声が披露されていますので一度ご覧あれ。

 

 

モアナと伝説の海のあらすじ

 

 

今から3,000年前。南太平洋にたくさんの島々を発見した、世界中の海を渡る偉大な船乗りたちがいた。

しかしその後1,000年もの間、なぜか航海をするものがいなくなってしまう。

 

モトゥヌイという南太平洋に浮かぶ島では、緑や自然に囲まれた豊かな生活を人々は送っているが、サンゴ礁を越えて遠く海へ出るのを禁じられていた。

そんな豊かな島に、命を作り出す女神テ・フィティの「心」が失われてしまったことにより闇が訪れ、果物が腐り、魚が取れなくなり、平和が脅かされるようになってしまった。

 

子供のころにある不思議な出来事に合い、海を愛し、海に選ばれた主人公のモアナ。

次の村長候補に指名されたモアナは、異変の起きた島を救うべく、禁じられた海へ一人漕ぎ出していくが、波にさらわれそうになり、なんとか岸辺へたどり着く。

 

そんなモアナの様子を見ていたタラおばあちゃんは、島の秘密の洞窟へモアナを連れていき、祖先がモトゥヌイへたどり着いたときに使われていた帆船を見せる。

タラおばあちゃんは緑色で渦巻きの模様のある石のペンダントを取り出し、モアナに渡す。

それはテ・フィティの「心」で、それを託されたモアナは、海に選ばれ、マウイと共に、テ・フィティに「心」を返しにいく使者なのだと。

そしてモアナは、祖先の残した帆船でひとり海へ漕ぎ出していく。

 

航海は順調でなく、嵐にあったモアナは気を失い、無人島に流れ着いてしまった。

しかしそこには力を失った英雄のマウイが。

「神の釣り針」を魔物であるタマトアに奪われてしまったマウイは、モアナの帆船を奪って島を出ていこうとするマウイを説得し、2人で「神の釣り針」を取り返し、女神テ・フィティの島へ「心」を返しにいくことになる。

旅を続ける2人の前に、テ・フィティの「心」を狙う海賊であるカカモラが現れ、テ・フィティの「心」が一度は奪われてしまうが、なんとか取り戻し、魔物タマトアの住む島へ。

 

一人で「神の釣り針」を取り戻そうとするマウイだったが、モアナと協力し、見事「神の釣り針」を取り戻し、そこから徐々にカンを取り戻したマウイは自在に変身できる能力を取り戻していく。

2人の間に信頼関係が生まれ、いよいよテ・フィティの島に近づくが、そこに溶岩の魔物のテ・カァが立ちはだかるが、2人は全くテ・カァに歯が立たず、マウイはモアナのもとを去り、モアナもまた、自信をなくし、島へ帰ろうとする。

エイに姿を変えたタラおばあちゃんに諭され、改めて決意。再度テ・カァと向き合う。

 

そこへマウイも戻り、2人は何とかテ・カァをやりすごすが、テ・フィティの島にたどり着いた2人が見たのは、なくなってしまった「心」を返す場所。

追ってきたテ・カァの胸を見ると、そこには渦巻状のものが。

モアナはそこから、実はテ・カァこそが、「心」を失ってしまったテ・フィティであると気づき、テ・カァに女神テ・フィティの「心」の緑色で渦巻きの模様のある石をはめ込むと、テ・カァの呪いが解け、テ・フィティは女神の姿を取り戻せた。

 

島には平和が戻り、モアナも島の人々や父母と再会を果たす。

マウイを島へと誘ったモアナだったが、マウイは一人でいることを選択し、2人は別れる。

モアナもまた、村長としてではなく、祖先と同じ、海の旅人として生きる決意をする。

 

 

モアナと伝説の海の感想と評価

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作56作目の作品にして初めて、ポリネシア系の女性が主人公になった今作。

「プリンセスと魔法のキス」でもタッグを組んだ、ロン・クレメンツとジョン・マスカーが監督。

なんといっても、映像がとても綺麗!

自然のものが生き物のような滑らかさで。海や緑、自然などの映像、これはCGなのかな?は本当に素晴らしく美しい!これだけでもう、ちょっと感動してしまいました。

予告動画でも非常にキレイなのはわかると思います。

 

そして恋愛要素は今回はなし!

でも、自分探しがテーマになっているこの作品に、恋愛は絡まなくて逆によかったのかもしれませんね。

吹き替え版の声優さんたちもみなさんはまり役で、歌にも感動! 

そして、吹き替え版モアナの声を演じている屋比久知奈さんは、沖縄出身の大学生。

最大級規模で実施されたディズニーのオーディションで主人公を勝ち取った彼女はまさにシンデレラ・ガールですね。

屋比久知奈さん以外の声を演じている方を見てみると…

 

マウイ役の尾上松也さん。

声優は初挑戦だったそうですが、違和感もなく、マウイの声にすごくはまってる!マウイっぽい声!

そして安定の夏木マリさん。

びっくりなのはタマトア役のROLLYさん!意外でしたが、ぴったり合っていたと思います。

 

映像と音が壮大で感動的、大満足の映画です。

それから、ニワトリや子ブタなどの可愛くない?可愛い?なサブキャラ、なんだか憎めない海賊カカモラにも注目ですね。

「自分の心に従う」生き方をしていく主人公たち。

見終わった後は晴れ晴れしつつも、自分自身にも問いかけたくなる気持ちになりました。

 

U-NEXTは他の動画配信と比較してどうなの?

自分も実際に無料トライアルを登録して、実際に有料期間も使用してみて思った良い点と悪い点を紹介します。

U-NEXTの良い点

・無料トライアルの期間が長い

U-NEXTの動画配信サービスは他の動画配信サービスと比較して無料トライアル期間が長いんです。

huluなどは2週間しかありません。

そんな中、U-NEXTは31日間と最長です。

netflixも長いですが30日間。

しかも無料トライアル期間にも600ポイントもらえるのでこれで最新の有料番組を見ることができちゃうっていうお得感。

 

・最新映画に強い

視聴できる動画ですが、とにかく最新映画に強いっていうのがあります。

ローグワンのようにDVDの発売と同時期から動画配信が開始されることが多いんですね。

シンゴジラのような邦画であっても同様でした。

 

・動画の本数、種類が多様

動画の本数も非常に多いんです。

その数12万本との公表。

男性には密かにうれしいアダルトな動画も見放題の中でかなりの本数を楽しめちゃうっていうのも良い点かw

 

U-NEXTの悪い点

実際にU-NEXTを利用してみて気になった点、悪い点が以下の通りです。

・U-NEXTの月額利用料金は1990円と高い!

他の動画配信サービスの倍くらいの値段です。

huluも990円、dtvにいたっては500円。

この値段の差が気になるところ、でも有料期間中は更新するたびに毎月1000ポイントを貰えます。

この1000ポイントでさらに有料番組を楽しめますし、映画の割引券としても利用できるんです。

だから単純に高いわけではないんです。

 

・新作以外の古い作品でも有名作品は有料動画が多い

実際に一覧を観ていて、「あ!これ見たい!」と思った番組が有料ポイント制だったりします。

自分の場合、特にこの傾向が強かった気がするんです。

huluやdtvに比べると自分の趣味にあった傾向の動画は有料番組が多かったです。

主にアニメ系ですけど。

 

・見たい番組が無くなることも

動画配信サービスのあるあるですね。

観たい番組をみたら見たい番組が他にはなくなってしまった。

そんな場合はその月で辞めてしまいます。

観たい番組が出てきたらまたアカウントを継続できますし。

辞めたくなったらいつもで辞められるのが動画配信サービスの強み!

 

実際にU-NEXTを利用するならU-NEXTのホームページで一覧を観てみてください。

その上で観たい番組があれば無料トライアルを試してみるといいですよ。

こちらにも無料トライアルで600ポイントを貰えるリンクを貼っておきますのでクリックしてみてください。

 

U-NEXTの契約と解約はとても簡単ですよ。

 

・解約手続きしたらその場で終了

今月は観たい物みたし、しばらくU-NEXT止めようかなとおもって解約手続きをするとその場で動画視聴終了です。

有料期間でも一か月分とられます。

日割り計算してくれないならその月の末まで見れるようにしてくれればいいのに。

まあ、そんな親切な動画配信サービスはU-NEXT以外でもないんですけどね。

 

 

U-NEXTの契約、解約方法

U-NEXT無料トライアル登録方法は?

1.U-NEXT公式サイトにアクセス

↓↓クリックします↓↓

U-NEXT

2.「31日間無料」のボタンをクリック

3.U-NEXTの無料トライアルの内容を確認して「次へ」をクリック

4.名前、生年月日、性別、メールアドレス、パスワード、電話番号入れて次へ

5.支払い方法を選択(無料トライアル期間中の解約で無料!)

これで完了です!!簡単でしたね!

 

 

U-NEXT解約方法

1.U-NEXTにログイン

2.「設定・サポート」をクリック

3.「契約内容の確認・変更」をクリック

4・「解約はこちら」をクリック
  なんどか確認されますが、解約を継続します。
  最後にはアンケートがありますので回答して終了。
  これで課金されることはありません。


  

U-NEXTでモアナと伝説の海の動画を今すぐ見る!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ