映画ローグワンの動画を無料でフル視聴する方法を限定紹介!

映画ローグワンは2016年の12月に公開されたスターウォーズのスピンオフ作品で、スターウォーズの初代作品のエピソード4へ繋がる物語。
ローグワンは2017年4月28日にDVDが発売されましたが、なんと無料でフルに動画視聴できる方法がありました。
この記事では映画ローグワンの動画を無料でフル視聴する方法を限定紹介します。

無料登録してローグワンを見る場合はここを今すぐクリック

 

映画ローグワンの動画を無料でフル視聴する方法を限定紹介!

映画ローグワンの動画を無料でフル視聴するためにはこちらをクリックしましょう!

無料登録してローグワンを見る場合はここを今すぐクリック

 

映画ローグワンの動画は、2017年4月末にDVDが発売されたのに、無料で視聴する方法があるんです。

それが

U-NEXTの無料トライアルを利用する方法

なんです。

 

まって

「またU-NEXTか」なんて思わないでくださいね。

 

もしあなたがU-NEXTを利用したことがないのであれば使ってみることをオススメします。

U-NEXTでは本編139分にもおよび本編動画をノーカットで見ることができるんです。

現時点では2018年1月末までの期間限定公開!

 

U-NEXTではスターウォーズローグワンを432円で視聴が可能。

でも無料トライアルであればお金はかかりません。

 

U-NEXTは無料トライアルに登録すると600ポイントが貰えてしまうんです。

この600ポイントを利用することでローグワンの動画をお金をかけずに見ることができちゃいますね。

 

無料トライアルで600ポイントを貰うためにはこちらの画像をクリックして登録が必要です!!

 

※本ページの情報は2017年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

公式サービスだから安全安心

怪しい動画サイトのDailymotion、pandraとか画面が中国語でいっぱいの違法サイトで無料で動画を探す必要もありません。

違法サイトでローグワンの動画を見つけても英語だし字幕もないでしょう。

U-NEXTなら字幕も出せますし、日本語吹き替え版もあります。

 

それにU-NEXTならウィルスや怪しいサイトで情報を抜かれたりもしません。

U-NEXTに名前と電話番号とクレジットカード番号さえ登録すれば終わり。

無料トライアル期間に解約すればお金を取られることもありません。

無料で見られるからといってもU-NEXT自体はれっきとした世界的に動画配信を行う企業のサービスなので情報漏洩に関しても安心。

 

DVD買うより経済的で便利

ローグワンのDVDは4500円くらい、安いところでは3500円くらいで購入できます。

TSUTAYAなどでのレンタルはまだ始まっていないかな?

でもレンタル出来ても新作なら1泊300円、でも近所にTSUTAYAなければ話にならないし、わざわざお店まで出向いて借りて、翌日に返しにいかないといけません。

これが面倒くさいと思いませんか?

わたしは面倒。だからレンタルなんて行かない人です。

延滞料金も1日で300円。

レンタルビデオ屋で借りてしまうと返しに行かないことでとんでもないことになります。

 

それに、あなたはDVDを購入してきても何回再生しますか?

よほど気に入れば何回も見返すでしょうけど、普通は2、3回。

しかも動画配信サービスであれば自宅にいる状態で視聴することができるんですね。

もちろん返却の手間もありません。

 

 

 

ローグワンの感想。やっぱりスターウォーズ最高!

 

ローグワンの感想

ローグワンは御存知の通り、スターウォーズの世界をもとにしたスピンオフ作品。

初代スターウォーズのエピソード4の直前の時間がエピソードとして語られています。

エピソード4で最後の戦いで破壊することになるデススター。

このデススターの設計書を巡る、反乱軍と帝国軍の戦いが描かれています。

スターウォーズエピソード4の序盤、レイア姫がR2-D2にデススターの設計図を託すシーンが描かれていましたね。

ホログラムのやつです。

そのデススターの設計図を手に入れるまでの話。

女性戦士ジン・アーソ率いる反乱軍の寄せ集め極秘チーム“ローグ・ワン“が挑む不可能なミッションが描かれます。

“ローグ・ワン”メンバーの中でも特に注目を集めるのがフォースを信じる盲目の戦士 チアルート・イムウェが今回の主人公。

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。
銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。
その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた・・・。

じつは私、エピソード4,5,6は楽しく観ていましたが、エピソード1,2,3はあまり好きじゃなかったりします。

なんででしょうね?CGが多すぎたからかな?違和感がすごくあって。

 

今回のストーリーは大好きだったスターウォーズの初回作品エピソード4の直前までですから非常に興味がありました。

 

序盤では主人公ジン・アーソの生い立ちから語られます。

しかたないですね、ちゃんと背景を描かないと感情移入できないですからね。

ジン・アーソは帝国軍に両親を殺されながらも生き続けていたが、犯罪を繰り返していたため帝国軍に捕まってしまう。

収容所で出会った反乱軍の将校キャシアン・アンドーに仲間になることを条件に脱出を図ります。

 

そしてソウ・ゲレラ捜索に向かう。

惑星ジェダでジンはソウ・ゲレラに出会うことになり、帝国軍からジンの父親にデススターの情報を託され脱走してきた帝国軍の兵士からデススターの弱点を知ることになります。

 

反乱軍にデススターの弱点を突くために設計図の奪取計画を提案するが、聞き入られない。

そして自らデススターの設計図を手に入れるためにチームローグワンを結成。

デススターの設計図奪取作戦が開始される。

 

序盤はチームローグワン結成までのストーリーなので若干退屈。

でも、作戦が始まってしまえば、もう最後までアクションやバトルの連続!

手に汗握る展開の連続です。

いままでのスターウォーズは場面場面が切り替わっていて時間経過が意外と長いストーリーでしたが今回のローグワンはぶっちゃけデススターの設計図奪取作戦のみ。

アクションも銃撃戦にはドキドキさせられていきます。

 

フォースを使えるジェダイマスターのいない反乱軍なので剣でビームを弾くなんて芸ができる人はいません。

これが余計緊迫感を与えてくれるんでしょうね。

しかもダースベイダーも出てくるんですよ、フォースを使える反乱軍に対し圧倒的な力を示すベイダー卿。

 

 

 

昔からのスターウォーズファンにはがっかりな点も多い?

自分としては非常に楽しめたスターウォーズ。

スターウォーズとして観るとがっかりな人も多いみたいですね。

 

やっぱりジェダイマスターのいないスターウォーズはスターウォーズではないってことなんでしょう。

だからメインタイトル自体にはスターウォーズとは入らないのでしょうけど。

スターウォーズと思ってみなければ面白いっていうのもあります。

しかし途中でダースベイダーも出てきてしまうのでどうしてもスターウォーズ感でてしまうわけで。

 

また、私と同じようにデススター設計図奪取作戦までが長すぎーって声も。

全編で139分もあるのと、新キャラの説明をしないと後半の展開に感情移入できないというのもありますよね。

もう少しどうにかならなかったんですかね~。

私と同じようにエピソード4,5,6が良かったなんて話もあって嬉しくなったりしました。

 

 

 

ローグワンのネタバレ感想、ラストシーンについて

ラストについて

ローグワンは最初からエピソード4に繋がる話となっているので結末はわかっていました。

しかし、序盤から登場し苦労してデススターの設計図を手に入れたローグワンは全滅

最初から観てきてやっと覚えたキャラはみんな死んでしまうって結果。

これはこれでスッキリしない結末ですよね。

 

デススターの設計図を手に入れた人たちがエピソード4以降出てこないのだから生かしておくわけにもいかない。

そんなメインストーリーありきのサイドストーリーだから仕方がないと納得させるしかないんですよね。

チーム:ローグワンの激闘の果てに散っていったメンバーの有志をぜひ、あなたの目でも確認してください!!

 

もう1つの謎「ローグワン」って何って話。

劇中ではとっさに出てきた言葉ということになります。

まあ、キャラクターが勝手につけた名前でも設定では何もないってことはないでしょう。

ローグワンは英語で「ROUGE ONE」と書きます。

そのまま直訳すると「一番の悪党」、「最悪のチーム」

【名詞】
悪党、ゴロツキ、ならず者、不良、詐欺師
いたずらっこ、わんぱく
はぐれもの、浮浪者、放浪者、ホームレス
変異体、不良生物

 

パトレイバーという漫画にもでてきた言葉ですが「独立愚連隊」っていうのがいいんでしょうかね。

一応、主人公のジンも犯罪を繰り返してきた人間。

ならずもの、半端者のあつまり、そんな意味があるのかなぁと思っています。

 

なかにはこんな意見もありました。

ローグワンははぐれ者という意味からとらえると

スターウォーズ本編ではないサイドストーリーの1つ

ということでつけられたタイトルという味方。

確かにこれならスターウォーズの世界にとらわれ過ぎないで好きな感じで描くこともできたってことですね。

あなたはどう思いますか?

 

 

U-NEXTは他の動画配信と比較してどうなの?

自分も実際に無料トライアルを登録して、実際に有料期間も使用してみて思った良い点と悪い点を紹介します。

U-NEXTの良い点

・無料トライアルの期間が長い

U-NEXTの動画配信サービスは他の動画配信サービスと比較して無料トライアル期間が長いんです。

huluなどは2週間しかありません。

そんな中、U-NEXTは31日間と最長です。

netflixも長いですが30日間。

しかも無料トライアル期間にも600ポイントもらえるのでこれで最新の有料番組を見ることができちゃうっていうお得感。

 

・最新映画に強い

視聴できる動画ですが、とにかく最新映画に強いっていうのがあります。

ローグワンのようにDVDの発売と同時期から動画配信が開始されることが多いんですね。

シンゴジラのような邦画であっても同様でした。

 

・動画の本数、種類が多様

動画の本数も非常に多いんです。

その数12万本との公表。

男性には密かにうれしいアダルトな動画も見放題の中でかなりの本数を楽しめちゃうっていうのも良い点かw

 

U-NEXTの悪い点

実際にU-NEXTを利用してみて気になった点、悪い点が以下の通りです。

・U-NEXTの月額利用料金は1990円と高い!

他の動画配信サービスの倍くらいの値段です。

huluも990円、dtvにいたっては500円。

この値段の差が気になるところ、でも有料期間中は更新するたびに毎月1000ポイントを貰えます。

この1000ポイントでさらに有料番組を楽しめますし、映画の割引券としても利用できるんです。

だから単純に高いわけではないんです。

 

・新作以外の古い作品でも有名作品は有料動画が多い

実際に一覧を観ていて、「あ!これ見たい!」と思った番組が有料ポイント制だったりします。

自分の場合、特にこの傾向が強かった気がするんです。

huluやdtvに比べると自分の趣味にあった傾向の動画は有料番組が多かったです。

主にアニメ系ですけど。

 

・見たい番組が無い

動画配信サービスのあるあるですね。

観たい番組をみたら見たい番組が他にはなくなってしまった。

そんな場合はその月で辞めてしまいます。

観たい番組が出てきたらまたアカウントを継続できますし。

 

実際にU-NEXTを利用するならU-NEXTのホームページで一覧を観てみてください。

その上で観たい番組があれば無料トライアルを試してみるといいですよ。

こちらにも無料トライアルで600ポイントを貰えるリンクを貼っておきますのでクリックしてみてください。

 

U-NEXTの契約と解約はとても簡単ですよ。

 

 

・解約手続きしたらその場で終了

今月は観たい物みたし、しばらくU-NEXT止めようかなとおもって解約手続きをするとその場で動画視聴終了です。

有料期間でも一か月分とられます。

日割り計算してくれないならその月の末まで見れるようにしてくれればいいのに。

まあ、そんな親切な動画配信サービスはU-NEXT以外でもないんですけどね。

 

 

U-NEXTの契約、解約方法

U-NEXT無料トライアル登録方法は?

1.U-NEXT公式サイトにアクセス

↓↓クリックします↓↓

U-NEXT

 

2.「31日間無料」のボタンをクリック

 

3.U-NEXTの無料トライアルの内容を確認して「次へ」をクリック

 

4.名前、生年月日、性別、メールアドレス、パスワード、電話番号入れて次へ

 

5.支払い方法を選択(無料トライアル期間中の解約で無料!)

 

これで完了です!!

U-NEXT

 

U-NEXT解約方法

1.U-NEXTにログイン

 

2.「設定・サポート」をクリック

 

3.「契約内容の確認・変更」をクリック

 

4・「解約はこちら」をクリック
  なんどか確認されますが、解約を継続します。
  最後にはアンケートがありますので回答して終了。
  これで課金されることはありません。


  
簡単でしたね。huluよりずっと簡単w

無料登録してローグワンを見る場合はここを今すぐクリック

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ