映画「新宿スワン2」の動画を無料でフル視聴する方法を大公開!

映画「新宿スワン」は2014年と2017年に劇場公開されました。
その新宿スワン2の動画を無料でフル視聴する方法があるんです。
新宿区歌舞伎町を舞台としたスカウトマンの成長と歌舞伎町裏社会を描いた作品!
この記事では映画「新宿スワン2」の動画を無料でフル視聴する方法を大公開しちゃいます。

映画「新宿スワン2」の動画をいますぐ無料で視聴する!

 

映画「新宿スワン2」の動画を無料でフル視聴する方法

2005年から週刊ヤングマガジンで連載され2007年にドラマ化。

そして2015年、2017年に映画化がされた新宿スワン。

 

かつて自分でもスカウトマンを経験した原作者の和久井健さん。

和久井健さんが実際に体験した出来事にフィクションを加えて漫画化。

2000年代初頭の東京都新宿区歌舞伎町を主な舞台とした、スカウトマンを主人公にした成長と歌舞伎町裏社会を描いた作品。

さすがに体験をしているだけあってその内容はリアルでしたね。

 

新宿スワンは2015年に山田孝之、沢尻エリカが出演し話題を呼びました。

そして2017年1月に劇場公開され、DVDが2017年7月より発売されます。

DVD発売よりも先に劇場版新宿スワン2を無料で楽しめる方法があるんです。

もちろん、無料といっても違法性はゼロ。

 

その方法は

U-NEXT

の動画配信サービスを利用する方法です。

 

U-NEXTでは新宿スワン2の動画配信を行っています。

新宿スワンII>>540ポイント

1ポイント1円なのでそれぞれ540円で視聴が可能という意味です。

 

「じゃあ、お金かかるじゃん」って思ったのであればちょっとお待ちください。

私からあなたにU-NEXTの無料トライアルを行うことで利用可能なポイントを600ポイント差し上げますと言ったらどうでしょうか?

新宿スワン2をお金を使わずに見るとができますよね。

 

では、あなたが600ポイントを入手する方法はとっても簡単

下記の無料トライアル専用リンクでU-NEXTに行き無料お試しキャンペーンに登録するんです。

U-NEXTの無料トライアルに登録する!

 

このポイントを利用することで新宿スワンを楽しめますね!!

あとはU-NEXTの動画配信サービスはPCだけではなく、テレビやスマホ、タブレットなどで利用可能です。

ここ数年前からテレビにアクトビラというサービスが付いているテレビも多いですよね。

そういったテレビであればテレビで動画配信を楽しむこともできますからね。

 

公式サービスだから安全安心

U-NEXTのサービスを利用するので安心、安全の公式サービス。

もし、あなたが無料動画サイトなどで違法な動画を視聴しようとしていたなら止めましょう。

無料で映画を公開している動画サイトのほとんどが違法アップロードされた動画。

その動画を違法と知りながら見るのも実は違法行為なんです!!

 

違法動画のサイトにある広告に興味をもって思わずクリックしたらいきなり音声が流れて、

「あなたのパソコンはウイルスに感染しています。解決するために今すぐ電話をしてください!」

なんて表示を観ることになるかもしれません。

もちろん電話したら大変なことになりますね。

 

しかも最近はランサムウェアというコンピュータウィルスが出回っています。

ランサムウェアに感染するとあなたのパソコンやスマホでのデータが暗号化され使うことができなくなるんです。

ランサムウェアに感染すると仕事のデータや家族の思い出写真全て復旧不可能になります。

違法サイトには様々な罠がしかけられています。

そんな危険を冒すなんてもったいないと思いませんか?

 

 

新宿スワンのあらすじと感想、ハードな歌舞伎町のスカウト業界

ここで紹介している動画は2本ともソニーピクチャーズの本編特別動画です!!

ぜひ1度観てみてくださいね

 

新宿スワン1のあらすじと感想

 

 

新宿スワンは歌舞伎町を舞台としたスカウトマンの物語。

スカウトマンといっても芸能関係ではなく、女性に水商売を斡旋するスカウトマン。

時は2000年初頭、主人公の白鳥龍彦(タツヒコ)は、パチンコでお金を使い込み帰りの電車賃もなくして落胆していた。

そんな時チンピラ7人に絡まれ乱闘になる龍彦。

そこに助けに入ったのが凄腕風俗スカウトの真虎(マコ)。

真虎が龍彦のことをダチだと告げると逃げ出すチンピラ達。

そんな真虎の姿に憧れスカウトマンになる龍彦。

 

歌舞伎町では、「バースト」と「ハーレム」というスカウト会社が縄張り争いをしているんです。

スカウトなんて路上で声かけているんだから縄張りも何もないような気がしますが、そこはやっぱり歌舞伎町。

かなり激しいことになっています。

元々はバーストに所属していた松方が、バーストを辞めて立ち上げたのが「ハーレム」。

縄張り争いからバーストとハーレムは合併することになります。

 

そして新たな幹部をヒラメンバーからも起用することが発表され盛り上がります。

条件は売上のトップ。

龍彦はスカウトをする中で様々な女性に出合うことになります。

その中で自殺してしまった少女を止められなかった龍彦。

そんな時に出合う女性アゲハ。

しかしアゲハは龍彦をライバル視する秀吉に薬漬けにされていました。

アゲハを店に迎えにいった龍彦は秀吉と乱闘になり・・・・・

 

という感じで龍彦が水商売のスカウトマンになりその世界を生きていくのですが

歌舞伎町の裏ってこんなに怖い世界なの??

って感じですwww

縄張り争い、乱闘、薬に女がらみのトラブル。

怖すぎます。

実際に歌舞伎町に行くとほんとうに狭い路地も含めてたくさんの店がありたくさんの人がいます。

さすがに10数年前の歌舞伎町と今は違うかもしれませんがそれでも他の街とは何か違います。

関東に住む自分であっても夜の歌舞伎町ってこういった映画やドラマが多いせいか歩くのは尻込みします。

単純にビビりなだけかもしれませんが。

龍彦って駄目人間なのかもしれませんが龍彦の回りに集まる人間や出会いに恵まれているんですよね。

そんな龍彦に嫉妬するのが秀吉なんですが、こういう世界では1人では生きていけませんからね。

秀吉のような性格だと頑張ってもバックにいる人のつながりが無ければラストシーンのようなことになってしまうんでしょうね。

私にはこんな世界に生きる勇気も飛び込む勇気もありません。

普通に生活していきますwww

 

新宿スワン2のあらすじと感想

 

 

新宿スワン2は前作の新宿スワンから1年後に話になります。

龍彦はある夜マユミと出会い助けを求められる。

マユミは闇金融の借金返済から逃げており、龍彦は店を紹介する。

ハーレムと合併したバーストはスカウトマンの数が多くなりすぎ歌舞伎町だけでは手狭になっていた。

バーストはヨコハマ進出を計画し、そのメンバーとして龍彦が選ばれる。

ヨコハマではウィザードというスカウト会社がすでに存在しています。

しかもウィザードは暴力団宝来会と警察官とグルになり横浜を仕切っています。

ヨコハマには秀吉を○○した洋介がういると聞き横浜へ向かうことを決意する龍彦。

ヨコハマに乗り込んでスカウトを開始する龍彦らのバーストのスカウトマン達。

当然、ウィザードと揉めることになります。

しかし警察に繋がりがあるウィザードのメンバーは警察に捕まらないとう始末。

しかも、ウィザードは新宿進出をたくらんでいるという事実も登場。

ヨコハマでは大型店舗オープンの話があり、そこで働く女性のスカウトについてもやり取りが行われます。

当然ウィザードに任せる話になるのですが、倉石という人物がウィザード以外にも任せることを提案します。

倉石はバーストの横浜事務所を訪ね、横浜新店舗のスカウトの件で話を持ち込みます。

そして新店舗にスカウトではクイーンコンテストを開くという話に展開します。

一方で新宿ではバースト関連の店がウィザードに営業できないレベルで破壊されるという事件が起こります。

そして龍彦はついに洋介と再開を果たします。

龍彦はついに洋介の関係は、バーストの横浜進出の結末は?

 

私は実は原作の新宿スワンを読んでませんw

どうもあの絵が好きになれなくて。。。。

じゃあ、なんで映画は観てるんだって話になりますが、それは前作をひょんなことから見てしまったからなんですよね。

ビビりな自分には新宿スワンのような裏社会的なお話には入れない世界。

怖い物見たさっていうんですかね、見てしまったという流れ。

で、新宿スワンから1年後の新宿スワン2は原作を知る人にとっては原作をフォローしつつのオリジナルストーリーのようです。

相変わらず、殺伐とした世界で暴力、乱闘シーンがたっくさんあります。

それでいて、裏社会で生きる男たちってかっこいいですね!

そして水商売やってる女性がみんな可愛くてキレイ。(映画ですからねw)

新宿スワンのような殺伐とした世界に生きているといったいどこで気を休ませるんだって気もします。

実際、自分だったら夜もおちおち寝ていられないような気がします。

歌舞伎町に続いて今回の舞台になる横浜。

仕事がら何度か横浜に行ってますが、自分の知らないところでこんな世界が存在する。

にわかに信じられない気もします。

ちなみに、以前広島に住んでいるときによく事件のあった新天地公園というところがありました。

夜は行っちゃいけないって言われてましたね。広島は広島でヤクザものの映画が多数あったせいかもしれないですけど。

いろんな噂がありましたし、うちの親は当時、ヤクザな人やたちとは仕事上で会うことは多々あったそうで。

あなたの知らない世界は映画の中で観ることができるってことですね。

個人的には一作目の沢尻エリカに比べて広瀬アリスが大人しく見えてしまう。

数少ない女優陣としてはインパクト弱かったかなぁ。

そして、話は戻って、新宿スワン2の最後のシーン。

これ、まだ続くのかな?

う~ん、気になります。

 

U-NEXTは他の動画配信と比較してどうなの?

自分も実際に無料トライアルを登録して、実際に有料期間も使用してみて思った良い点と悪い点を紹介します。

U-NEXTの良い点

・無料トライアルの期間が長い

U-NEXTの動画配信サービスは他の動画配信サービスと比較して無料トライアル期間が長いんです。

huluなどは2週間しかありません。

そんな中、U-NEXTは31日間と最長です。

netflixも長いですが30日間。

しかも無料トライアル期間にも600ポイントもらえるのでこれで最新の有料番組を見ることができちゃうっていうお得感。

 

・最新映画に強い

視聴できる動画ですが、とにかく最新映画に強いっていうのがあります。

ローグワンのようにDVDの発売と同時期から動画配信が開始されることが多いんですね。

シンゴジラのような邦画であっても同様でした。

 

・動画の本数、種類が多様

動画の本数も非常に多いんです。

その数12万本との公表。

男性には密かにうれしいアダルトな動画も見放題の中でかなりの本数を楽しめちゃうっていうのも良い点かw

 

U-NEXTの悪い点

実際にU-NEXTを利用してみて気になった点、悪い点が以下の通りです。

・U-NEXTの月額利用料金は1990円と高い!

他の動画配信サービスの倍くらいの値段です。

huluも990円、dtvにいたっては500円。

この値段の差が気になるところ、でも有料期間中は更新するたびに毎月1000ポイントを貰えます。

この1000ポイントでさらに有料番組を楽しめますし、映画の割引券としても利用できるんです。

だから単純に高いわけではないんです。

 

・新作以外の古い作品でも有名作品は有料動画が多い

実際に一覧を観ていて、「あ!これ見たい!」と思った番組が有料ポイント制だったりします。

自分の場合、特にこの傾向が強かった気がするんです。

huluやdtvに比べると自分の趣味にあった傾向の動画は有料番組が多かったです。

主にアニメ系ですけど。

 

・見たい番組が無い

動画配信サービスのあるあるですね。

観たい番組をみたら見たい番組が他にはなくなってしまった。

そんな場合はその月で辞めてしまいます。

観たい番組が出てきたらまたアカウントを継続できますし。

 

実際にU-NEXTを利用するならU-NEXTのホームページで一覧を観てみてください。

その上で観たい番組があれば無料トライアルを試してみるといいですよ。

こちらにも無料トライアルで600ポイントを貰えるリンクを貼っておきますのでクリックしてみてください。

 

U-NEXTの契約と解約はとても簡単ですよ。

 

 

・解約手続きしたらその場で終了

今月は観たい物みたし、しばらくU-NEXT止めようかなとおもって解約手続きをするとその場で動画視聴終了です。

有料期間でも一か月分とられます。

日割り計算してくれないならその月の末まで見れるようにしてくれればいいのに。

まあ、そんな親切な動画配信サービスはU-NEXT以外でもないんですけどね。

 

 

U-NEXTの契約、解約方法

U-NEXT無料トライアル登録方法は?

1.U-NEXT公式サイトにアクセス

↓↓クリックします↓↓

U-NEXT

 

2.「31日間無料」のボタンをクリック

 

3.U-NEXTの無料トライアルの内容を確認して「次へ」をクリック

 

4.名前、生年月日、性別、メールアドレス、パスワード、電話番号入れて次へ

 

5.支払い方法を選択(無料トライアル期間中の解約で無料!)

 

これで完了です!!

U-NEXT

 

U-NEXT解約方法

1.U-NEXTにログイン

 

2.「設定・サポート」をクリック

 

3.「契約内容の確認・変更」をクリック

 

4・「解約はこちら」をクリック
  なんどか確認されますが、解約を継続します。
  最後にはアンケートがありますので回答して終了。
  これで課金されることはありません。


  
簡単でしたね。huluよりずっと簡単w 

 

 

 

映画「新宿スワン2」の動画をいますぐ無料で視聴する!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ