3DSLLのアナログスティックを修理してみた。意外と簡単誰でもできそう

娘が良く遊んでいる3DSLLのアナログスティックが壊れた!
なおせというものの自分で直せるものなの?
やってみたら以外と簡単だったので3DSLLのアナログスティックの修理方法にまとめてみました。
この記事が誰かの役に立つといいなと思います。

 

スポンサーリンク

3DSLLのアナログスティックの修理はますは部品の取り寄せ

任天堂3DSLL購入してから何年経ったのかな?

結構なそんな3DSLLのアナログスティック部分が壊れた。

指を載せる皿の部分が根元から切れたという感じかな?

接着剤でくっつけても一番負荷がかかる部分なので部品交換をすることにしました。

幸いAmazonで3DSLLの部品がいろいろ売っているので購入してみました。

1円からありましたが海外からの発送で到着が数週間後だったり。

安くはないけど送料込みでAmazonプライムも適用できるところがあったのでそこで購入。

今回購入したものは購入後2日後に到着しました。

 

アマゾンでいろいろ見てるとアナログスティックの色が複数種類ありました

 

この際なので本体の色に合わせて違う色にしてみるのがいいですね。

今回は急ぎだったし送料込みの中では白が妥当なのでそちらを購入。、

 

 

3DSLLのアナログスティックの交換をしてみよう

まず本体の電源を切ります。

そしてゲームソフト、SDカードを取り出しておきます。

そして裏返し。

本体裏には2か所のネジが見えます。

まずこの2本を緩めます。

このネジは小さいので眼鏡用の小さな+ドライバを100円ショップで購入してきました。

この2本のネジは本体から外れないので緩めるだけになります。

その上に2つのゴム足があるので爪でつまんでゴムを外してしまいます。

すると中にネジが見えるのでこの2本も緩めてはずします。

 

カバーはひらべったいもので隙間を広げながら外していきます。

薄いカバーなので割らないように注意してくださいね。

 

ピンクのカバーを外すと充電池があるので外しておきましょう。

ここからカバーを外すには4隅のネジとゲームソフトを刺すところにあるネジを外していきます。

ゲームソフト挿入口のネジは短いので注意してください。


さてここでカバーを外すわけですがL/Rボタンの配線が細いのでカバーはゆっくり開けてください

そうしないとL/Rボタンが使えなくなりますよ

Amazonで交換品売ってるので、もしやらかしてしまったらどうぞw


さて、右側に見える白い四角がアナログスティックの裏になります。

対角線上のネジ2本を外します。

そして壊れているアナログスティックを外します。

 

新しいアナログスティックに交換。

スペーサーといえばいいのかな2枚の黒いドーナツ状のシートがあります。

1枚は一か所切れているので本体カバーとアナログスティックの間にねじ込みます。

 

そしてもう1枚は上に載せます。

アナログスティックのベース部分とアナログスティックの裏側部分を取り付けますが

この穴は長方形というか楕円なのでうまく位置を合わせてはめます。

アナログスティックのベースはネジ止めする関係で向きが固定なのでアナログスティック側を回して向きを合わせる必要があるんです。

あとは取り外したネジ、充電池を順番に取り付けていきこの通り修理完了です。

 

スポンサーリンク

3DSLLのアナログスティック交換後の動作確認

3DSLLの電源を入れてみましょう。

特に問題なく起動すれば修理完了です。

ただし、充電池を外したことにより3DSLL内の日付がリセットされているんで再設定してくださいね。

あとは軽くゲームしてアナログスティックの感覚を確認して終わり。

 

 

3DSLLのアナリティクスの修理まとめ

任天堂にアナログスティックの交換をお願いすると3,240~からと記載されています。

今回は部分、送料代金、100均ドライバーで1100円の出費で修理しました。

任天堂に修理を依頼すると日数もかかるので自分でやった方が簡単ですね。

基盤と操作パーツの間は細い配線なので無理に引っ張らないようにしてくださいね。

それほど難しくないのでチャレンジしてみましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ