新幹線でトイレに行くとき荷物はどうする?やるべきこと3選

新幹線でトイレに行きたくなったけど荷物はどうすればいいの?
観光やビジネスで利用されることの多い新幹線は、長距離移動に欠かせないものとなっています。
長距離移動となればなるほど新幹線内で過ごす時間も長くなります。
トイレに行きたいけど荷物どうしようという場合の方法を3選紹介します。

 

スポンサーリンク

新幹線でトイレに行くときこれだけは持って行くべきもの!

新幹線のどうしても生理現象だからトイレ行きたいくなりますよね。

でも最近は海外の方も新幹線を利用される機会の増えてきております。

この様な状況においては、セキュリティや防犯の面において少し気なる部分ではあります。

日本人の考え方が通じない人も多いですからね。

特にアジア人の場合は黙っていると日本人と区別つかない場合もあります。

私が実際に新幹線に乗った際、実際にトイレに行く時に席を立つ場合には工夫をしています。

まず絶対やってほしいこと、それは

財布と切符は肌身はなさず

です。

 

新幹線において席を立つ場合は、財布と切符の2つは、絶対に肌身から離さずにしておきましょう。

これは、大変重要なポイントとなります。

極端な話をすると、財布と切符さえ自分でしっかりと管理できていれば、他のものが仮になくなったとしても、新幹線の車内ではなんとかなります。

これらからの季節、上着を着用する機会が増えて来るかと思いますが、財布やきっぷを上着のポケットにいれたまま、フックにかけていたりしませんか?

財布などを窃盗する犯人は、そういうのをしっかり見ています。

 

そしてこのような油断や隙をみて、犯罪を犯します。

だから財布はスボンのポケットやウエストポーチなどにいれてしっかりと肌身からはなさないようにしましょう。

財布も最近はチェーンつきのものもありますので、なるべく肌から離さない様にする。

さらに、切符についても重要です。

切符を紛失してしまうことによって、運賃を再度支払う必要があります。

さらに、新幹線に乗車していたことを示すものとして切符は非常に重要なアイテムとなりますので、切符と同じように肌身はなさず管理をしておきましょう。

あ、もちろんスマホも持って行きましょう。

 

 

新幹線でトイレにいってはいけない時間帯

新幹線に乗車していてトイレに行くタイミングとして、席を立ってはいけないタイミングは3つあります。

1つ目は新幹線の停車間際、2つ目は駅への停車中、3つ目は新幹線が駅を出発する間際の3つです。

 

新幹線の停車間際で席を立つと、置き引きにあうどころか、犯人に逃げるチャンスを与えてしまいます。

この結果、駅に到着した途端に車内から逃げられてしまうという、致命的な状況に陥ります。

さらに駅への停車中にも新幹線の車外へと逃げるチャンスを与えてしまいます。

ましてや、新幹線が駅を出発するタイミングにおいては、犯人が外へ逃げドアがしまってしまうと、車内からも追いかけることができなくなります。

このように、この3つのタイミングにおいては、どんなことがあろうとも決して席を離れないようにしておきましょう。

駅の到着時刻などは、車内放送でも頻繁にされますので、その到着時刻のタイミングもしっかりと見計らって席を立つようにしましょう。

トイレに行くのは新幹線の走行中。

新幹線の停車前後にはトイレにはいかない。

これを守っていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

新幹線ではなるべく指定席を利用!

新幹線ではなるべく指定席を利用するようにしましょう。

新幹線の指定席を利用する方は、基本的に長距離の移動においてしっかりと席を確保して乗車される方が多いんです。

そうすると周りの人間の動きも比較的少なくなる傾向。

一方、自由席の場合は、不特定多数の人が行き来しやすい車両となります。

そのため自然と席の移動が多くなることや、犯罪としては目撃者も少なくなり、犯人としては、逃げやすいという利点もあります。

また犯罪が起こったとしても、指定席を購入した方の情報を元に捜索ができる可能性があります。

 

そういった観点でみると指定席を利用するメリットとおもえます。

自由席よりも指定席の方が500円程度割高です。

でもわずか500円で座席確保することは周辺の人物の関係を考えるとある種の保険のようなもの。

新幹線で追加料金を払い指定席を確保する意味は十分あると思います。

混雑時は自由席からトイレに行っている間に席をとられてトラブルなんてこともありますし。

通路に人があふれているとトイレも行けなくなりますしね。

指定席であれば通路に人がいないのでトイレに行きやすいというのもあります。

 

 

新幹線でトイレに行くときのまとめ

新幹線でトレイに行く場合はこの3つに注意する

  • 財布ときっぷは持ち歩く
  • 新幹線の停車中にトイレに行かない
  • 指定席を確保する

最近は海外の方も増えている昨今、海外の方による軽犯罪が多くなりつつあります。

特に置き引きやスリについては、増えてきているという統計もあるんですよね。

従いまして、まずはトイレなどで席を立つ場合には、財布と切符は肌身離さずにしてください。

さらに旅行をする場合に、荷物が増えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、なるべく身軽で移動できるように、不要なものを旅行に持っていかないなど、工夫をしていきましょう。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ