新幹線のチケットのキャンセル料は後日や当日の払い戻しは可能?

新幹線のチケットのキャンセル料は後日や当日の払い戻しは可能なのでしょうか?急な予定変更やトラブルで新幹線に乗れなかったり間に合わなかった場合にキャンセル料はどうなるのでしょうか?気になりますよね。この記事では新幹線のチケットのキャンセル料は後日や当日の払い戻しについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

新幹線のチケットのキャンセル料について 

新幹線のチケットをキャンセルすることは可能です。

ただし、条件によってキャンセル料が異なってきますので順番に見ていきましょう。

 

列車の発車日の2日前までのキャンセル

列車出発日の2日前であれば330円

これは新幹線の指定席の場合です。

自由席のキャンセルの場合は220円です

新幹線に乗る場合は乗車券も購入していますよね。

そちらのキャンセル料金は220円です。

 

例:

東京から新大阪までの「のぞみ」の場合、運賃は8,750円で特急料金(指定料金)は5,700円となります。

特急料金のみを払い戻す場合、列車出発日の2日前までであれば、払い戻しの手数料である330円を引いた、5,370円が戻ってきます。

乗車券の8,750円は220円を引いた8,530円となります。

 

列車の発車日の前日から発車時刻までのキャンセル

でも列車出発日の前日から出発時刻までの間にキャンセルすると指定席券には30%もかかってしまうんです。

なんと30%

30%もキャンセル料がかかるっていうのは大きいですよね。

乗車券は220円のままなんです。

 

例:

東京から新大阪までの「のぞみ」の場合、運賃は8,750円で特急料金(指定料金)は5,700円となります。

列車出発日の前日から出発時間前ですと、指定席券のキャンセル手数料が30%かかります。

東京から新大阪までの「のぞみ」の場合ですと、特急料金の30%である、1,710円が手数料

結果、3,990円が戻ってくる計算となります。

乗車券の8,750円は220円を引いた8,530円となります。

 

手数料が2,000円近くになると、このお金で豪華なランチが食べられるくらいですし、非常にもったいないですね。

よって、キャンセルが早めにわかった段階で、JRの駅のみどりの窓口に行って手続きをするのが良いと思います。

なるべく330円でおさめるようにしたいですね。

 

列車の発車時刻を過ぎてからのキャンセル

新幹線に乗り遅れた場合、発車時刻を過ぎてしまった場合は

払い戻しはできません!

新幹線の指定席券であれば後続の新幹線の自由席で移動することは可能です。

直前になって行けなくなってしまった場合を除いてキャンセルするか新幹線で遅れても移動するかはしっかり考えていきたいですね。

 

 

特別割引切符のキャンセル料金は?

「のぞみ早特往復きっぷ」や「えきねっとトクだ値」といった往復で割引のついた切符の場合はどうでしょうか?

 

「のぞみ早特往復きっぷ」の場合

2日以上前の乗車券のキャンセル料金220円と特急券のキャンセル料金330円の往復分で660円。

前日から発車前までの場合はキャンセル料金220円と特急券のキャンセル料金が無割引の特急料金の30%の往復分。

注意したいのが前日から発車前までの指定席券のキャンセル料金。

割引しない金額の30%になっていることに要注意。

切符の料金自体は割引分から引かれるので実質は30%以上のマイナスってことですね。

 

「えきねっとトクだ値」の場合

切符を受け取る前のキャンセルは310円。

乗車券と特急券を合わせてのキャンセルになりますが310円ですみます。

切符を受け取った後は発売価格の割引率分がそのままキャンセル料金になります

15%引きだった場合は15%がキャンセル料金となる計算です。

「お先にトクだ値」の場合は25%なので25%がキャンセル料金です。

結構高額なので旅行の予定は計画的に。

 

 

スポンサーリンク

新幹線のチケット払い戻し方法、当日、後日

では新幹線のチケットの払い戻し方法を確認しておきましょう。

新幹線のチケットの払い戻しについては、JRの駅にあるみどりの窓口で手続きをします。

乗車日の当日の場合には、手数料が30%かかってしまいますが、それでも多少の金額はもどってきます。

 

ただ後日のキャンセルは余程のことではできません。

 

この余程のこと、という例は、乗車した新幹線の到着が2時間以上遅れた場合です。

私もよくこの経験があります。

例えば、大雨や地震による遅延です。

特に地震による遅延はこれまでも何度か経験して、くたくたになって、夜の12時を超えて到着するということがありました。

このような場合で、新幹線が2時間以上遅れた際には、急料金は全額払い戻しができます。

しかも、当然ですが、手数料も無料となります。

 

ただし下車前に自分で窓口に行かないと払い戻しはされません。

ただ、到着時間が深夜の時間帯などで、みどりの窓口が開いていないもあります。

この場合に限り、後日に払い戻しができるルールとなっています。

念のため、到着した駅の窓口で後日の払い戻しが可能であるかを確認すると良いでしょう。

 

 

新幹線のチケット払い戻し時に領収書はもらえる?

新幹線のチケット払い戻し時の領収書についてですが、もらえます。

払い戻しの手続きをみどりの窓口で実施する際に、窓口の担当者に話をすればもらえますので、会社の経費精算をする場合にはもらうようにしておきましょう。

ただし、もらえる領収書としては、あくまで手数料に関しての領収書となります。

 

 

新幹線のチケットのキャンセル料は後日や当日の払い戻しまとめ

いかがでしたでしょうか。

私はよく新幹線を利用して出張をします。

出張の際にはあらかじめ新幹線を予約して乗車しますが、当日になってその予約した新幹線に乗車できないアクシンデントもあったりします。

乗車する新幹線に乗れない場合には当日に乗車変更をしますが、それでもなお変更した新幹線に乗れない場合や、その当日に体調不良により、当日の新幹線の自由席に乗れないといった場合には、払い戻しをせざるを得ません。

そのキャンセル料や、払い戻しの期日などは知っておきたいところですね。

新幹線のチケットをキャンセルする場合には、そのキャンセルを行う日によっては手数料が大きく異なる場合があります。

豪華なランチが食べられるくらいの手数料を支払うケースも稀にあると思います。

くれぐれもキャンセルがわかった時点で早めに対処をしておくとよいでしょう。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ