青森ねぶた祭りの宿泊地 直前でも予約可能な場所と臨時列車で行ける範囲

361217

青森のねぶた祭りは夜行われるイベントなので祭り終了後近くに宿泊したいですよね。

当然のことながら青森駅周辺のホテルなどの宿泊地はすぐに予約でいっぱいに。

では、あと少しに迫ったタイミングで青森で宿泊場所を探すとしたらどこになるのか?

車であればいろいろ選択肢はあるけど遠くから観光で行きたい場合はなかなか難しい。

青森駅から電車でねぶた祭りの終了後に移動するとしたらどこまでいけるのか?

宿泊可能な地域は存在するのか?

ねぶた祭り終了後の青森駅、電車の込み具合はどうなっているのか?

その疑問にお答えします。

関連記事:
→五所川原立佞武多の有料席何時から使用可能で値段はいくら?無料で見ようとすると混雑具合は?

→五所川原立佞武多(たちねぷた)の日程とアクセス、運行ルートと宿泊ホテル情報

→ねぶた祭りの由来と意味、ねぶたに秘められた願いや掛け声の意味や日本各地に存在する理由

→ねぶた祭りの日程と時間 運行ルート 屋台の場所まとめ

→秋田の竿灯祭りの日程とアクセス、有料席と無料観覧の違い、宿泊やホテル情報も

→弘前ねぷた祭りの日程とアクセス、有料観覧席と宿泊、ホテル情報
 

スポンサーリンク

ねぶた祭りの宿泊地 直前でも予約可能?

ねぶた祭りの行われる青森駅のちかくにはいくつかホテルがあります。

しかしながら当然のようにねぶた祭り期間中には空がありません。

ねぶた祭りは毎年日程が固定であるので当然ですね。

では、ねぶた祭りを電車で見に行くことは無理なのかというとそうでもありません。

ねぶた祭りに合わせて臨時列車が運行されます。

青森駅から離れた場所に宿泊地をとることを考えてもやはり、土曜日の夜などは空が無い可能性もあります。

できるだけ前もって予約をすることをお勧めします。

電車の発車時刻の詳細に関しては異なる可能性があるので当日に確認願います。

特急電車であれば切符購入時ですね。

 

奥羽本線

青森駅~秋田駅間で「ねぶたまつり号」が運行されます。

この電車は青森駅を22時以降に出発し、秋田駅に25時30分ごろ到着します。

そのため秋田駅近辺も宿泊可能地域として考えることができます。

ただし日程が限られているので注意が必要です。


青森駅から22時すぎに弘前駅にむけて「はねと号」が運行されます

こちらは22時過ぎに青森駅を出発して23時前後に弘前駅に到着します。

そのため弘前駅近辺も宿泊可能地域とすることができます。

こちらは例年ねぶた祭り期間中の8月2日~7日まで運行されていますね。

 

津軽海峡線

青森駅から北海道函館駅の間で「ねぶたエクスプレス」が運行されます。

青森駅を22時過ぎに出発、24時30分ごろに函館駅に到着します。

そのため北海道函館駅近辺も宿泊可能地域とすることができます。

こちらは例年ねぶた祭り期間中の8月2日~7日まで運行されていますね。

 

ねぶた祭り後 臨時列車で終電までに行ける範囲

ねぶた祭りの終了は21時

だいたいの人はその時点で帰るために青森駅への移動を開始します。

ですので22時ぐらいまでは結構混雑しますね。

時間によっては入場規制があるかもしれません。

青森駅からは、奥羽本線、津軽線、青い森鉄道が出ています。


だいたい普通電車に乗る人は途中下車していくので東京の朝の通勤列車ほど大変な思いはしなくて済むと思います。

しかし!

22時以降の電車で宿泊可能な場所まで行く電車は少ないです。

乗る電車はちゃんと決めることをお勧めします

 

奥羽本線

22時以降の電車は弘前行きが22時台、23時台に一本づつ。

それと臨時列車の「はねと号」「ねぶたまつり号」

弘前、秋田まで行くことを考えて宿泊地の決定が必要ですね。

(主に8月2日、3日の二日間だけ)

 

津軽海峡線

22時以降は臨時列車の「ねぶたエクスプレス」しかないと思ってください。

普通列車蟹田行きは2時間に一本しかない上にホテルの空きが期待できないからです。

大人しく函館行きを考えましょう。

 

青い森鉄道

22時以降は22時台、23時台に一本ずつで共に八戸行き。

しかしこのルートで空ホテルを見つけることが難しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ねぶた祭り後の青森駅や電車の混雑具合

青森のねぶた祭りは2日~7日の6日間で300万人近くの人が訪れます。

ねぶた祭りは21時終了、屋台はすでに閉店していると思うので

祭りが終わったら普通の人は帰路につきます。

青森駅が一番混む時間ですね。

 

青森駅の電車の本数はやはり少な目なので青森駅発の各電車の車両は3~5両編成です。

その為、ある程度の混雑は必要です.

 

混雑をどのくらいまで許容できるかは人によるので難しいのですが

東京で通勤列車に乗ったことがあるなら意外と平気なレベルかもしれません。

意外に思われるかもしれませんが、これが実態です。

ねぶた祭りに訪れる人たちは、地元の人、ツアーの観光客が多い為電車を使う人の数が限られているんでしょうね。

 

 

まとめ

青森ねぶた祭りの期間中、青森駅を中心とした範囲のホテルは軒並み満室です。

でも幸いなことに、青森駅からの臨時列車があるので秋田駅、青森県弘前駅、北海道函館駅への臨時列車があります。

そのため青森観光はほどほどに翌日は宿泊場所での観光になりますね。

そういう意味ではあなたの行きたいもの、食べたいものに合わせて選択するのがいいかもしれませんね。

 

東京に住んでいても函館から羽田まで飛行機で帰るなんてこともできますので、函館観光も十分ありですね。

最近は北海道新幹線もできたのでそれを使うのもいいでしょう。

秋田も新幹線がありますね。

 

弘前はねぶた祭りの週末はホテルの空きがすくない可能性が大です。

東京方面に帰るにしても、秋田か青森に移動しないといけないので東京方面からなら秋田か函館宿泊を考えましょう。

でも、これだと複数日の宿泊は難しいですね。

複数日、ねぶた祭りに参加するのであれば車が必要そうです。レンタルカーでもいいでしょうけど。

青森ねぶた祭りを一日だけ楽しむなからツアーでもいいのかなぁとも思ったり。

 

関連記事:
→五所川原立佞武多の有料席何時から使用可能で値段はいくら?無料で見ようとすると混雑具合は?

→五所川原立佞武多(たちねぷた)の日程とアクセス、運行ルートと宿泊ホテル情報

→ねぶた祭りの由来と意味、ねぶたに秘められた願いや掛け声の意味や日本各地に存在する理由

→ねぶた祭りの日程と時間 運行ルート 屋台の場所まとめ

→秋田の竿灯祭りの日程とアクセス、有料席と無料観覧の違い、宿泊やホテル情報も

→弘前ねぷた祭りの日程とアクセス、有料観覧席と宿泊、ホテル情報
 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ