ハロウィンとは 子供に説明するなら?なぜカボチャを飾る?本当の由来とは?

IMGP0947

秋に入り9月の終わりともなるとハロウィンのグッズや飾りが街中にあふれ出します。

そんな時、子供にハロウィンって何?と聞かれてしまうとなんて答えればいいのやら。

実は大人だってわかっていないですよね

最近、日本でもハロウィンがイベントで定着してきましたが、そもそもハロウィンとは何なの?

子供にも簡単にわかるように説明するにはどうしたらいい?

ハロウィンと言えばカボチャを飾るけどあれはなぜなの?

ハロウィンの本当の由来について調べたことをまとめておきますので参考にしてくださいね

 

スポンサーリンク

ハロウィンとは、子供に説明するなら?

IMGP0939

ハロウィンってそもそも何なのか?

ハロウィンというものを子供に解りやすく説明するならどんな感じがいいのか?

 

ハロウィンの歴史の正しい認識

もともとヨーロッパのケルト民族の間では宗教的な意味で1年の終わりは10月31日と定められていました。

その日は、死者の霊が親族を訪ねてくると信じられていたんです。

その時、悪霊も降りてきて悪さをすることから、悪霊を追い払うお祭りが行われていました。

これがハロウィンの始まりになります

そして、もともと一部のケルト民族にはキリスト教が根付いていたため、キリスト教と共にハロウィンが世界に広まったんですね。

 

日本にも同じような時期がありますよね

そうです、日本風にいうと

盆と年末を一緒に祝っちゃおう

という感じになります。

「盆と正月が一緒にやってきたようだ」って例えがありますがまさにそんな感じですね。

 

ハロウィンという日を昔話風に子供に説明するなら?

これを小さなお子さんに説明するならこんな感じでしょうか?

 

むかしむかし、ある国では

死んでしまった人たちのお化けが

10月31日に家族のところに帰ってくる日といわれていました。

家族としてはみんなでお迎えしてあげたいですよね。

 

でも、そんないいお化けと一緒に

悪魔や悪いお化けといったものまでいっしょに街に来てしまうんです。

悪魔や悪いお化けは街のみんなをお化けの世界に連れて行こうとするんです。

 

もちろん、街の人たちは悪魔に連れていかれては大変なので考えました。

「そうだ、お化けや悪魔と同じような恰好していれば仲間とおもって連れていかれないんじゃないか?」

こうして10月31日はみんなでお化けの恰好をして過ごすようになったんですね。

 

そして10月31日は昔の人たちにとっては、1年の終わりの日。

次の日は新しい年

みんなのおうちでいうお正月ですね

だから10月31日はその年の最後の日であり新しい年の前日であるためお祭りをするようになったんです。

はっぴぃーはろうぃーん

 

おしまい

 

いかがでしょうか?

10月31日はケルト民族の宗教的な意味で霊を迎え悪霊を追い払い、年末を祝う日

そんな感じで説明させてもらいました。

ハロウィンが外国では宗教的な1日だったというのが伝わりますでしょうか?

 

トリック オア トリートはどういうこと?

ちなみにハロウィンで子供が仮装して各家を周り

「トリック オア トリート」

って言いますよね。

「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」

という意味ですが、子供が悪ふざけして、各家を周りお菓子をせしめたっていうものですね。

いわゆる無礼講ということで笑って許しちゃう日ということですね。

 

 

ハロウィンではなぜカボチャを飾る?

IMGP4940

でも、ハロウィンっていうと、オレンジ色の大きなカボチャをくりぬいて顔を作って飾るよね

あれはなぜなの?

あのカボチャには、名前があります

ジャック・オー・ランタン

魔除けの意味がある飾りなんです。

魔除けだから、あんなにこわーい顔しているんですね。

沖縄のシーサーのようなものです。

ハロウィンの時期に降りてくる悪魔を追い払うために置かれるようになりました。

 

ジャック・オー・ランタンは日本語で「ランタンを持つ男」の意味があります。

このジャックという人物は存在せず伝承上の人物なんです。

生前に悪人だったジャックが、悪魔と出会い「死んでも地獄に落とさない」という約束をしたそうです。

しかし人であるからにはジャックは死んでしまいます。

悪人だったジャックは天国には当然いけず、かといって悪魔との契約により地獄にもいけず。

結果的にその魂はこの世を彷徨い続けることになります。

そんなジャックがカブをくり貫きその中に魂の火を灯し彷徨う姿が伝わっています。

 

カブと書きましたがヨーロッパでは、カボチャじゃなくてカブなんですね。

日本に伝わってくるハロウィンはアメリカのものなので、アメリカで生産量の多かったあのオレンジ色のカボチャになりました。

 

ちなみにあのオレンジ色のカボチャは食用ではないんです。

鑑賞用のカボチャなんです。

名前はアトランティック・ジャイアント

だから食べられません

しかもハロウィンの時期しか売れないという困った代物。

アメリカでは、ハロウィンのお祭りが盛んなので売れるようですが日本ではね・・・

 

 

スポンサーリンク

ハロウィンの本当の由来

IMGP0366

ハロウィンの本当に由来についてお話します。

10月31日が旧ケルト民族の年末であることはお伝えしましたが、

年末であれば翌日は新年ですよね。

カトリック教会では11月1日は祝日で「オール・ハロウズ(All Hallows)」、「ハロウマス(Hallowmas)」と言われます。

この日は全ての聖人と殉教者を記念する日ということで聖なる日。

11月1日の前日(イブ)ということでハロウズ・イブ、ハロウマス・イブと言われ、それがハロウィンになったとう語源が考えられています。

アメリカでは、11月1日はあまり祝うことはしていないようですね。

10月31日のハロウィンがお祭りとして根付いています。

 

 

まとめ

IMGP0749

いかがでしたでしょうか?

ハロウィンって最近流行ってきていますよね。

私的には、ディズニーハロウィンが楽しみだったりします。

ハロウィンの意味や飾り、バックグラウンドを知ることで、

なんだかよくわからなかったハロウィンというお祭りが楽しめるようになるのではないでしょうか?

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ