岸和田だんじり祭り 2016の日程とスケジュール、だんじり運行ルートと桟敷席情報

172039

だんじり祭りというと岸和田のだんじり祭りが有名ですね!!

岸和田だんじり祭りの2016年度の日程とだんじりの運行スケジュールを紹介します

もちろんだんじりの運行ルート情報も公開です。

だんじりの運行では観覧専用の桟敷席が用意されます。

2016年の岸和田だんじり祭りの有料の桟敷席の場所と購入方法、価格情報を紹介。

 

スポンサーリンク

岸和田だんじり祭り 2016の日程とスケジュール

岸和田のだんじり祭りは9月と10月の2回行われるんです。

9月祭礼と10月祭礼

もちろん、同じ場所で2回行われるのではなくだんじり祭りの行われる場所が違うんですね。

9月祭礼(岸和田地区・春木地区)
10月祭礼(東岸和田地区・南掃守地区・八木地区・山直地区・山直南地区・山滝地区)

一般的に全国的に有名な

岸和田だんじり祭りというと

岸和田地区・春木地区で行われる9月祭礼

のことになるんです。

 

岸和田だんじり祭り2016年の日程

平成28年度9月祭礼曳行日程

試験曳き   9月4日(日曜日) 午後2時~午後4時
試験曳き   9月16日(金曜日) 午後2時~午後4時
宵宮     9月17日(土曜日) 午前6時~午後10時
本宮     9月18日(日曜日) 午前9時~午後10時


平成28年度10月祭礼曳行日程

試験曳き   10月2日(日曜日) 午後1時~午後5時
宵宮     10月8日(土曜日) 午前6時~午後10時
本宮     10月9日(日曜日) 午前7時~午後10時

 

試験曳きスケジュール

試験曳きは文字通り試験的にだんじりを曳く試験ですので移動距離も少な目です。

9月 4日(日) 午後2時~午後4時
9月16日(金) 午後2時~午後4時

それでも本番さながらの勢いでだんじりを曳くので宵宮・本宮に比べて人出も少ないので見学には持ってこいですよ

 

宵宮スケジュール

曳き出し   午前6時~7時半
午前の曳行  午前9時半~11時半
パレード   午後1時~3時位まで
午後の曳行  午後3時~5時位まで
夜間曳行   午後7時~ 10時

 

 

だんじり祭りの本番となり宵宮は朝6時スタートです

やはり見どころとなるのは宵宮のパレード

岸和田駅前のアーケードを抜け

いっきにカーブを曲がっていきます

このだんじりがカーブを直角に曲がることを「やりまわし」と言います

4トンもある大きなだんじりが勢いよくスピードに乗って角を曲がっていく姿は他の祭りにはない迫力がありますね

 

本宮スケジュール

宮入り    午前9時~12時位
午後の曳行  午後1時~5時
灯入れ曳行  午後7時から10時

 

 

岸和田だんじり祭り最終日

こなから坂からの宮入がメインイベント

とにかく宮入をみなけれな日曜日に見学に来る意味がないってくらいです。

 

 

岸和田だんじりの移動ルート

岸和田だんじり祭りのだんじりの移動ルートを紹介します。

基本的には2015年までと変更はないはずです。

見どころといえば、カンカン場や船津橋でやりまわしが大迫力です。

また、夜間の夜間曳行は、昼間とは違い、ゆっくりだんじりを曳き回します。

 

宵宮運行ルート

宵宮日のみどころはパレード。

岸和田駅前商店街のアーケードを通り抜けてきただんじり22町が、駅前の交差点を北へ南へと、やりまわししながら駆け抜けます。

 

 

 

本宮運行ルート

本宮日の見どころは岸和田城に向かうだんじりの「やりまわし」を見られる

こなから坂

祭りの参加者たちが一番気合を入れてやりまわしを行う場所になります。

一番気合が入る場所なので見ているこちらも気合が入ります。

春木南の弥栄神社への宮入りは少し離れたところで行われます。

 

 

スポンサーリンク

岸和田だんじり祭りの有料桟敷席情報

岸和田だんじり祭りの有料席は9月16日17日18日の3日間用意されます。

場所は岸和田カンカンベイサイドモールの近くの交差点。

 

 

観覧席は日付と時間ごとに入れ替えが行われます。

チケットはお祭りではすっかりおなじみの「チケットぴあ」にて購入可能です。

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1633501

その価格は2000円から7000円と意外に高価なんですが、最終日のいい席から埋まっていくので購入するならお早目に。

9月16日(金)14:00~16:00
生協側A(前席):3,000円
生協側B(後席):3,000円
カンカン側   :2,000円

9月17日(土)
 6:00~ 7:30 曳出し
生協側A(前席):5,000円
生協側B(後席):4,500円
カンカン側   :4,000円

9:30~12:00    午前中
生協側A(前席):4,000円
生協側B(後席):3,500円
カンカン側   :3,000円

13:00~14:30    午後1
生協側A(前席):5,000円
生協側B(後席):4,500円
カンカン側   :4,000円

15:30~17:00    午後2
生協側A(前席):5,000円
生協側B(後席):4,500円
カンカン側   :4,500円

9月18日(日)
13:00~14:30    午後1    
生協側A(前席):6,000円
生協側B(後席):5,000円
カンカン側   :5,000円

15:30~17:30    午後2    
生協側A(前席):7,000円
生協側B(後席):6,500円
カンカン側   :6,500円

※残念ながら2015年に用意されていた夜間曳行の時間帯の席は用意されないんですね。

 

 

まとめ

岸和田だんじり祭りはとっても危険なお祭りなイメージですよね。

だんじりを勢いよく走らせ、直角カーブを曲がっていくのでだんじりが曲がり切れなさそうになったり倒れそうになったり。

見ている観客からはひやひやものです。

でも、それがまら観ている方の楽しみでもあります。

2015年にあった夜間曳行の時間帯の桟敷席の使用は公式に紹介されていないので2016年は使用できないようですね。

のんびりできていい感じだったんだけどなぁ

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ