お彼岸に結婚の挨拶は縁起が悪い?非常識と思われないために取るべき行動

PAK86_taihenmoushiwakegozai20131223_TP_V

結婚しよう!!

そう決めたはいいものの挨拶に行けるのは最短の日程だとなんとお彼岸の期間中、真っただ中。

お彼岸に結婚の挨拶をしに行くとか、縁起が悪いんじゃないの?非常識って思われないかな?

でも、2人で挨拶に行ける日を見ると最短だと仕事の都合上この時期になっちゃうし。

善は急げっていうから早い方がいいよね。

2人で決めたことだし親は納得してくれるかな?

お彼岸に結婚の挨拶をしに行く場合って何か気を付けた方がいいのかな?

そんなお彼岸に結婚の挨拶をするかどうか悩むことになったあなたにこの記事が、わたしからの助言になればと思います

 

スポンサーリンク

お彼岸に結婚の挨拶は縁起が悪い?

ズバリ言ってしまうと、お彼岸の時期に結婚式のような祝い事を行うことは縁起の悪い事ではありません!!

以前、こちらの記事に書いていますが、お彼岸は喪中のようなものではないので

お彼岸中の祝い事は、縁起が悪いとか、非常識とか言われるような物ではないのです。

むしろ、お祝い事に向いている時期といえたりします

 

参考記事:お彼岸に結婚式の招待状を出すのは非常識?お彼岸の期間やお墓参りをする理由

 

でも、日本人の一般的な考え方はどちらかというと

縁起が悪い、非常識と思う人が特に高齢の方に多いようです。

うちの親もそんな感じです。

仏教徒で、彼岸やお盆、お寺の行事的なことは結構やっているので気にするタイプなんだと思います。

でも、あなたにとってみれば

  • この日しか2人予定が合わせられない
  • 自分は宗教をやっていないので気にしない

そんな理由で、お彼岸と知っていて選んでいる、そもそも気にしていないかもしれません。

 

でも、挨拶に行くのは、あなたの相手の両親。

自分の常識だけで判断してはiけません。

 

まず、お彼岸に結婚といったようなお祝いごとは非常識でもなんでもないということは2人では前提としても

相手のいることですから、まずは両親にお伺いを立てるべきでしょう。

別に黙って決めることではないでしょうし、事前にちゃんと話をして日程を調整しましょう。

そんな日程調整に関する話を次の章でします。

 

スポンサーリンク

 

お彼岸に結婚の挨拶を非常識に思われないために取るべき行動

そもそもお彼岸の期間は春分の日、秋分の日を挟んで7日間しかありません。

この短い期間を変えられないようなスケジュールでしか予定を立てられないのであれば

そこをプッシュするべきでしょう。

日程を一週間でもずらせるなら変えてしまった方が気が楽ですしね。

 

普通、結婚の挨拶を行う場合は、

まず男性が女性の実家に挨拶に行くことになります。

そこでOKなら、女性が男性の実家に挨拶に行くのが一般的ですね。

 

ですので結婚の挨拶がお彼岸の期間になることをそれぞれが、スケジュールの都合上この期間でしか調整できない。

ここを逃すと数か月後になるという前提でお互いの両親に話をしましょう。

 

そもそも自分の親に

結婚したいことを報告した上で、挨拶の日程を決めるわけで、

それがその日を逃すと数か月先とか親的にもそわそわして落ち着かない期間が長くなってしまいますよね。

 

特に女性側の両親を説得する場合は、そこに付け込んで、

「挨拶の日程はずらしても結婚の日程は予定通り進めるから!!それでいいよね」

ぐらいの強気な気持ちで臨みましょう。

さすがにそこまで言えば、たとえ女性の両親と言えどもお彼岸の日程ぐらいで反対しきれるものではないでしょうね。

そこで喧嘩になることは親としても避けたいところでしょうし。

 

男性側の両親は、自分の息子が

「この日しか仕事の調整つかないから」

といえば以外とすんなり決まってしまうものです。

 

この日程決めがすんなりいかずに、それでもお彼岸中に挨拶に行くことができた場合は

最初の挨拶の中で

「お彼岸というお忙しい時期に、挨拶に時間をお取りいただきありがとうございます。」

という風に、今日で申し訳ないという気持ちを最初に伝えておきましょう。

この一言が最初にあれば、礼儀としては十分なはずです。

だってすでに結婚の挨拶ははじまっているんですからね。

 

 

 

まとめ

お彼岸の期間中に結婚の挨拶のような祝い事を入れても本来なら問題はありません。

でも、そう思うかどうかは両親次第です。

ちゃんと両親をなっとくさせた上で結婚の挨拶をしたいですよね。

ただでさえ緊張する結婚の挨拶

そこにお彼岸だからという理由でギクシャクするような状況を無理に追加する必要はないですよね

ですので、事前の準備はしっかり行い、そのうえで挨拶時に一言添えることで余計なわだかまりを残さないようにしたいですね。

 

縁起が良い悪い、日が良い悪い、日本人はそういうことを結構気にしますよね。

大安吉日6月の晴れの日に結婚したって離婚する人はいます。

お彼岸だろうとお盆であろうと仏滅の日に結婚してもうまくいく家庭もたくさんあります。

縁起の良し悪しなんて本来形も何もない気持ちの問題です。

結婚というおめでたい話を、お墓参りで報告できればそれはそれでいいことだと思いませんか?

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ