エアコンの水漏れの原因と修理にかかる料金や相場と自分で修理する方法は?

9821c6b26875db60c8752d3aa2ae66e3_s

エアコンつけたら本体から水がポタポタ

エアコンが水漏れ??何これ?何が原因?

とりあえず、これから暑いし修理しないと大変!

毎日暑いのにクーラーないと生きていけない!!

エアコンの水漏れの修理料金ってどれくらいが相場なのかな?高いのかな?

エアコンの修理ってどこの業者に頼むものなの?

でも、エアコンの水漏れの原因がわかっているなら自分で治せないのかな?

エアコンってどうやって分解するの?エアコンの修理方法って難しい?

そんないままで考えてもなかったたけど自分で出来るならどうにかしたい、

エアコンの水漏れと原因と修理にかかる料金の相場、はたまた自分での修理方法についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

エアコンからの水漏れの原因とは?

エアコンから水が落ちてくるなんて初めてのトラブル。

エアコンって水使うの?なんて考えてしまいますが、そうではありません。

エアコンに除湿の機能がありますよね。

この冷房機能は除湿機能も動いているんです。

エアコンの水は通常外に排水されています。

室外機の横にホースがあって冷房を使うとそこから水がでていませんか?

このホースが詰まってしまい、水が外に排出されなくなっているのが原因です。

 

家庭用エアコンの水漏れの原因のほとんどがこのホースの詰まりなんです。

 

ホースの詰まりかどうか実際に確認するなら、エアコンの冷房をつけてホースから水がでるか確認してみてください。

もし、水が出ないようであれば、ほぼこれが原因になります。

 

このホースは「ドレンホース」といいます。

このホースの詰まりを修理できればいいのです。

他にもエアコンのフィルターの目詰まり、汚れすぎなんて原因もあります。

でも、エアコンのフィルターって自分でも掃除できることは知ってますよね?

だから、フィルターは自分でキレイにしていることを前提にドレンホースの詰まりについてお話します。

 

    

エアコンの水漏れ修理にかかる料金や相場は?

エアコンの水漏れは、本体の故障ではなく、外的な要因になるので、エアコンメーカーに修理の電話をするのではないんですね。

エアコンのクリーニング業者に頼むことになります。

エアコンのクリーニング業者ってよく聞きますよね。

エアコンは清潔にしていないと、雑菌を冷房の風と一緒に放出し、嫌な臭いがしたりしますからね。

 

ではエアコンのクリーニングにかかる料金や相場っていくらくらいでしょうか?

エアコンのクリーニングは出張料金と技術料などの人件費が主にかかります。

通常は1台あたり出張料金と合わせて9000円~10000円の料金が相場のようですね。

季節によって多少変動がありこれよりも安い料金でやってくれる場合もあります。

エアコンのフルメンテナンスでクリーニングをすると3万円くらいかかります。


でも、原因のほとんどがホースの詰まりであるなら自分で直せるんじゃないの?

ちょっと確認してみましょう。

 


スポンサーリンク

エアコンの水漏れの修理方法は?

エアコンの水漏れ原因がドレンホースの詰まりであるなら、実は簡単に直せます。

ドレンホースも詰まりを解消する道具が普通に売ってるんですね。

Amazonや楽天、ホームセンターにも売ってます。

ネットで購入するとすぐに修理ってことができないので、名前を憶えてホームセンターに行っていましょう。

このポンプを室外機の横にあるドレンホースに挿してポンプをシュコシュコします。

ドレンホースってずうっと室外にあるので経年劣化して持つとボロボロになってしまうかもしれません。

そのため、ビニールテープでぐるぐる巻いて補強してから行いましょう。

ポンプで吸い出すというものなので、掃除機でやってみようなんて考える人もいるかもしれません。

でも、もし水を吸い込んでしまうと掃除機の故障の原因になるので注意してくださいね。

無事直ったら、今後詰まらないようにドレンホースにフタをしておきましょう。

 

まとめ

エアコンは、夏と冬にしかつかわないですよね。

下手したら夏か冬にしか使わないよなんて人もいるかもしれません。

でも、いざ使おうと思ったら水漏れして使えないなんてことになったら大変です。

夏のシーズンに入ってしまうと修理、清掃、買い替えも順番待ちでいつ業者が来てくれるかわかりません。

ですので、シーズンインする前に動作確認をしておいた方がいいですね。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ