日焼け後のケアでおすすめのほてりを冷やす方法と保湿のために手作り化粧水

52b9abdaa5d5bfd6fb20e65750d93e0c_s

日焼け後のケアをしておかないと大変なことになりそう。

外出して帰ってみると想像以上に日焼けしているみたい。

肌にもほてりがある感じ。顔のTゾーンや、肩や腕、足が特に赤くなっているかな。

まずは日焼け後のほてりを冷やす方法を知っておきましょう。

そして、日焼け後のケアで最も重要なことが保湿なので、入浴後にはしっかり保湿しましょう。

でも日焼け後の保湿となると化粧水をたくさん使うし、お金かかってしょうがないですよね。

だから手作りの化粧水を用意してみましょう。

 

流石に真っ赤で何もしない状況でも日焼け跡が痛い、頭痛もするしなんか気分も悪い・・・

それはもう流石に冷やしてどうこう言える状況ではないので一度病院にいってくださいね。

 

スポンサーリンク

日焼け後のケア ほてりを冷やす方法

まず日焼け後のケアに重要なのは冷やすことです。

日焼けしたのが顔だろうと肩だろうと腕だろうと足だろうと同じです

とにかく冷やすのが何よりの処方です。

見た目、赤みが減ったり痛みや熱がなくなっても当日は冷やすようにしてくださいね。

 

キュウリの絞り汁?!

日焼け後の、ほてった肌を冷やすのに、アロエやキュウリの絞り汁がよく効きます。

キュウリの方が経済的でいいですね。

市販の冷却剤より、こちらの方が安定してよく冷えます。

何より肌に優しいです。

使うときにその都度準備しないといけないので大変ですけど。

 

絞り汁自体は事前に冷やしておく必要とかはないですよ。

絞り汁をそのまま塗ることで自然と熱を吸収してくれます。

絞り汁の作り方は簡単。

キュウリをすりおろしてから布に包んでぎゅうってする感じで絞り出しましょう。

 

キュウリの絞り汁の作り方

  • キュウリをすりおろす
  • ガーゼなどの布で包みひたすら絞る。

もちろん、体全体にキュウリの絞り汁を塗るわけにはいかないので、特にひどいところを中心に塗ってくださいね。

全身にキュウリを塗るって。。。なんか想像しただけでも青臭い(笑)

 

市販品に注意

市販品でシーブリーズというのがありますが、これは日焼け直後の肌にはアルコールが強すぎます。

刺激も強すぎます。

アルコールが多いので塗った直後、使った直後はスウっとして気持ちいいかもしれません。

でも、アルコールは蒸発しますから、かえって乾燥の原因にもなります。

 

入浴時の注意事項

お風呂もお湯の温度を低めにして入りましょう。

ぬるま湯ですよ、水風呂は止めた方がいいです。

水風呂は体が冷えすぎます、また水は乾きやすく乾燥しやすいのであまりオススメしません。

あと、事前に日焼け止めを塗っていることもありますよね。

日焼け止めはちゃんと落とす必要があります

ずう~っと日焼け止めが残るのも実がお肌が荒れる原因にもなります。

ぬるま湯なら残っている日焼け止めも流せますしね。

とりあえずぬるま湯に長めに浸かることで体の表面の温度を落ち着かせます。

 

いつもの熱めのお湯に入ろうものなら肌は真っ赤になって、超肌に悪いですよ。

そもそも痛いし、ヒリヒリして大変な状況になります(笑)。

肌が赤くなる日焼けは火傷と同じですから、数日たって痛みがなければ、大丈夫。

もし、肌が落ち着いてきて、かゆみがあるようなら、それは乾燥ではなく、

肌が生まれ変わるような感じで皮がむけるので痒いのだと思います。

 

 

日焼け後のケア 入浴後の保湿

cc2fc6b7f60c6666e232327c0dae666a_s

入浴後は水分を多く採っておきましょう。

水分を取ることで新陳代謝をよくし、日焼けの治りが早くなるらしいですよ。

また、入浴後の日焼け後のケアで最も重要な事は保湿です。

全身にしっかり保湿の化粧水をつけましょう。

そのうえで酷いところにはクリームや乳液で乾燥を抑制します。

皮膚への水分補給を心掛け乾燥状態にならないように注意してくださいね。

化粧水を塗って痛いとかヒリヒリするというような場合は、症状が強いので無理に塗るのは止めて冷やすだけにしておきましょう。

皮が剥けるからといって油分の強い乳液やクリームだけでカバーするのはダメです。

すぐ乾くなら、水分蒸発を防ぐ補助の役割として乳液やクリームをあとから薄くつけるようにしましょう。

可能な限り保湿用の化粧水を多めに塗るようにしましょう。

化粧水を大量に使うのは勿体ないとか思っているのであれば、手作りの化粧水を作って節約できますよ。

 

 

スポンサーリンク

日焼け後のケアの保湿に便利な手作り化粧水

手作り化粧水って何年か前に流行っていたことがあるんですよね。

朝のテレビなどで紹介されてましたし。

しかも、材料費は安く大量に作れます。


美肌水http://www.makino-g.jp/yuhobika/drimai/bihadasui.html

材料を新規に購入しても1000円以下で済みますし、市販の化粧水に比べてはるかに安い値段で作れます。

作りすぎた分はお風呂に入れると保湿効果抜群ですよ。

・用意するもの
グリセリン … 小さじ2(10ミリリットル)
尿素 … 100グラム
水道水 … 400ミリリットル
空き容器 … 1つ(500ミリリットルのペットボトルが便利)


グリセリンは、薬局で購入できます。

グリセリン売り場ってよくわからない場合は、

お店の人に「化粧水の材料としてグリセリンはほしいんですけど」

って伝えればOKですね。

100ミリリットルで300円程度で購入できると思います。

500ミリリットルの瓶もありますが2リットル以上の化粧水が作れてしまうのでちょっと多すぎかも。

また気になるのであれば、水道水も薬局などでコンタクトレンズ用品売り場にある精製水を使ってもいいですよ。

500ミリリットルで100円程度かな。

尿素は100均で購入できます。ホームセンターでもOKです

必ず「窒素46」と書いてあるものを購入してください。

そうしないと尿素以外のものも入っているホントの園芸用肥料になってしまうので。

手作り化粧水の作り方

  1. 空き容器に水と尿素を入れ、よく振る
  2. 尿素が溶けたらグリセリンを入れ、軽く振って出来上がり

ここで作った液は原液として使ってください。

そのまま使ってはダメですよ。

この原液は冷蔵庫に保存で約半年間持つそうです。

最初に作りすぎないように購入しましょう

手作り化粧水の使い方

顔:原液を水道水で10倍に薄める
体:原液を水道水で5倍に薄める

原液をそのままつけてはダメですよ。

作った原液は水道水で薄めて使用しましょう。

100均で、霧吹きを買ってきて使うと便利です。

写真のような霧吹きではなくて化粧水用の霧吹きでももちろんOKですよ。

288bfacd25500ee82bc06dd4567ab04c_s

顔用には小さいもの、その他用には普通の霧吹きと2種類用意して使うといいですね。

薄めた化粧水も可能な限り冷やしておきましょう。

事前に軽量カップで原液の量を図って入れて、メモリを書いておくと2回目以降計る手間が省けていいですね。

 

 

まとめ

日焼けしてしまった夜のケアの方法をまとめます

  • とにかく日焼け跡を冷やす
  • 日焼け後は保湿が大事
  • 水分を採って早めに寝る

この3つが重要です。

あとは保湿用に手作りの化粧水を使って経済的につかっていきましょう。

 

こういうお肌関連のケアについて調べようとすると大抵化粧品の宣伝がたくさん出てきてお金出して化粧品を買わないといけないのかしらなんて思ってしまいますよね。

でも、必ずしもお金を出して高い化粧品をたくさん買うことはできないですよね。

下手したら日焼けなんて毎日しちゃうし・・・・

キュウリを絞って塗るとか、化粧水を自分で作って使うとか、まるでおばあちゃんの知恵袋ですね。

でも、こういったものの方が肌には優しいのでオススメです。

人の肌は誰でも同じではありません。

手作り化粧水であれば濃さを調節して使えますしね。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ