国内線でペットボトルの持ち込みは?機内持ち込みサイズと手荷物を預ける際の注意点

7fca33298aebf9ec5c1d7547c5f86a14_s

国内線でもペットボトルの飲み物を持ち込んでもいいんですか??

飛行機の機内に持ち込める荷物には制限があるんです。

新幹線のように荷物を両脇に抱えていてもそのまま乗れてしまうようなことが飛行機にはありません。

一定サイズ以上になると飛行機内に持ち込めません。

持ち込めない荷物は、預けることになりますがこちらにも制限があったりします。

例えば某メーカーのスマホとかは荷物で預けないでくださいと発表があったり、意外なものがダメだったりするのでこの辺りも確認しておきましょう。

そしてこの持ち込めるサイズや預ける荷物は制限が航空会社毎に違っていたりします

しかも国内線は国際線に比べて預けることのできる制限も違うとかいうじゃないですか。

ペットボトルでジュース、お酒を持ち込んで飲んでもいいのか?

今回は、国内線での機内に持ち込める荷物のサイズの制限について、

手荷物を預ける際の注意点について纏めてみました。

 

関連記事:飛行機に犬や猫などペットを連れ込むことは可能?預ける場合はどうする?

 

スポンサーリンク

国内線におけるペットボトルの持ち込みは?

飛行機へのペットボトルの持ち込みは国内線であれば特に問題はありません。

国際線だと液体はかなり厳しくチェックされます。ペットボトルなんて持ち込めません。

国際線ルール
100ml(g)以下の容器に入った液体物で、容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に、余裕を持って入れてください。

この規定は飲み物だけではなく、香水や液体に対しても適用されるから困りものです。

でも国内線ならアルコールが入ってなければ機内持ち込み重量・サイズの限界まで持ち込むことは可能です。

お酒のようなアルコールでさえ、重量の範囲内で5リットルまでは持ち込めます。

とは言っても飲み過ぎて迷惑な酔っ払いにならないでくださいね。

 

ただし、

70度以上のアルコールは引火の可能性があるので国土交通省より危険物

と指定されるため持ち込めません。

 

また、ペットボトルを持ち込む際にはもちろん保安検査場で手荷物検査を受けるわけですが、蓋が開封済みだと検査官の人がフタを開けてチェックすることになります。

気になる人は飛行機には未開封のペットボトルを持ち込むようにしましょう。

 

注意:
LCCによっては持ち込んだお酒を飲むことはできません。
確認した範囲ではバニラエアは明確に飲酒不可と記載がありますので注意。

 

その他持ち込みが禁止されている危険物一覧はこちら。

これは各航空会社共通事項です。

d6ba8affcc950b941c9af02d0afa72ce

https://www.jal.co.jp/dom/baggage/bags/img/pic_005_l.pdf

 

 

国内線で機内持ち込みサイズの制限

基本的に国内線で機内に持ち込める荷物というと身の回りの荷物や貴重品ですね。

ハンドバックやアタッシュケース、小型のリュックなどが目安になると思います。

では、厳密にはどのようなサイズの決まりがあるか航空会社毎に見て行きましょう。

保安検査場でチェックされるのも恥ずかしいですからね。

明らかにダメなサイズは確認しておきましょう。

 

基本的には重さは10kg(ジェットスターのみ7kg)、一定サイズに収まる荷物、身の回りの品という定義になります。

荷物のサイズは航空会社によって幅や高さ、奥行きが違っているので注意。

基本的には飛行機の大きさによってサイズは決まってくるようですね。

 

全日空、日本航空

全日空(ANA)と日本航空(JAL)は制限サイズがまったく同じだったりします。

これから乗る飛行機の座席数が100席以上か100席未満かにより持ち込める荷物のサイズが異なります。

これから乗る飛行機の座席数なんて知らないよという場合は100席未満のサイズで考えておきましょう。

「小は大を兼ねる」というこで。

重さ:
10Kg以内

サイズ:
100席以上の場合
3辺の合計が115cm 以内(55cm × 40cm ×25 cm以内)

100席未満の場合
3辺の合計が100cm 以内(45cm × 35cm × 20cm 以内)

日本航空詳細:https://www.jal.co.jp/dom/baggage/bags/carry.html
全日空詳細 :http://www.ana.co.jp/domestic/prepare/baggage/?menu=carry-rule

 

ソラシドエア、エア・ドゥ、スカイマーク、Peach、スターフライヤー

全日空、日本航空の100席以上の規定と同じになりますね。

重さ:
10kg以内

サイズ:
3辺の和が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)

ソラシドエア詳細:https://www.solaseedair.jp/service/baggage/#baggage01
エア・ドゥ詳細 :http://www.airdo.jp/flight/baggage/carry.html
スカイマーク詳細:http://www.skymark.co.jp/ja/support/safety3.html
Peach詳細    :http://www.flypeach.com/pc/jp/lm/ai/airports/baggage/carry_on_bag
スターフライヤー詳細:https://www.starflyer.jp/checkin/luggage.html

 

IBEXエアラインズ

全日空、日本航空の100席未満と同じ規定のサイズになっていて小さいので注意。

他の航空会社と異なり一辺の長さが規定を越えても合計サイズが規定以内ならOKという記載がありますね。

重さ:
10kg以内

サイズ:
3辺の合計が100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)

IBEXエアラインズ詳細:http://www.ibexair.co.jp/flight/checkin/baggage.html

 

ジェットスター

ジェットスター航空は持ち込み重量が7kgと小さいので注意です。

ビジネスクラスであれば倍の14kgまで持ち込めますが国内線はエコノミークラスだけのようですね。

重さ:
7kg

サイズ:
3辺の和が115cm以内(56cm/36cm/23cm)

詳細:http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/carry-on-baggage

 

バニラエア、Spring Japan(春秋航空)

バニラエアはジェットスターと同じサイズですがこちらは10kgまでとなっています。

重さ:
10kg

サイズ:
3辺の合計が115cm以内(56cmX36cmX23cm以内)

バニラエア詳細 :https://www.vanilla-air.com/jp/service/cabin-baggage
Spring Japan詳細:http://jp.ch.com/luggage-portable

 

 

国内線で手荷物を預ける際の注意点

機内に持ち込めない荷物は、チェックインカウンターで預けることになるんですけど。

なんでもかんでも預けられるわけではありません。

機内持ち込みと同様に規定があります。

普通の旅行鞄であればそんなに気にする必要はないのですが、サーフボードやスキー板などのスポーツ用具はどうなるのか?

 

航空会社に預けなければいけない荷物の注意点についても確認しておきましょう。

規定のサイズ、重量を越えると重量超過手荷物料金などで追加料金を取られるので注意

 

割れやすい物、壊れやすい物、貴重品は預けないように機内持ち込むことになります。

持ち込めないものは宅急便などで送るしかないので大きなガラス製のお土産を購入する場合は特に要注意。

基本的にはLCCといった格安航空会社は荷物を預ける場合は有料になります。

空港で手続きすると意外と高いので可能な限り宅急便で送ってしまいましょう。

 

全日空

重さ:
20kgまで
(プレミアムクラス、「スターアライアンス・ゴールド」メンバーは+20kg)

サイズ:
3辺の合計が203cm以内

スキー板・サーフボード・ゴルフバッグ・釣り道具・ダイビング機材などは、通常の手荷物と同様にお預かりします(機種によっては搭載スペース上お預かりできない場合もございます)。

詳細:http://www.ana.co.jp/domestic/prepare/baggage/?menu=baggage-rule

 

日本航空

重さ:
20kg

サイズ:
50cm × 60cm × 120cm 以内  

※スキー板やサーフボードなどはお預かりします

詳細:https://www.jal.co.jp/dom/baggage/bags/checkin.html

 

ソラシドエア

重さ:
20kg

サイズ:
3辺の合計が203cm

3辺の合計が203cm3辺が50cm×60cm×120cmを超えるスポーツ用品については、航空機の貨物室に搭載可能な場合に限りお預かりいたします。 

詳細:https://www.solaseedair.jp/service/baggage/#baggage02

 

エア・ドゥ

重さ:
32kg

サイズ:
3辺の長さの合計が203cm以内

スキー、ゴルフバッグ、釣竿などのスポーツ用品は、通常の手荷物と同様にお預かりいたします。 

詳細:http://www.airdo.jp/flight/baggage/index.html

 

IBEXエアラインズ

重さ:
20kg

サイズ:
3辺の合計が203cm以内

スキー板やサーフボード・ゴルフバックなど大きな手荷物をお預かりできない場合がございます。詳しくは予約・案内センターにお問い合わせください。

詳細:http://www.ibexair.co.jp/flight/checkin/baggage.html

 

ジェットスター

ジェットスター航空で注意したいのが荷物を預ける場合は有料だということ。

チケットを購入する時に追加料金を払うことでお得に荷物を預けることが可能です。

Starter Plusで10kgまでStarter Maxで30kgまで持ち込みが可能です。

重さ:
15kgで2600円

スポーツ用品・楽器などサイズの大きなお手荷物または特殊な形状でスペースを多くとるお手荷物については、十分な積載スペースがある場合にのみ、お客様がご購入済みの手荷物許容量の範囲でお預かりしております。

詳細:http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/checked-baggage

 

スカイマーク

重さ:
20kg

サイズ:
50cm×60cm×120cm以内

スキー板やサーフボード等の長尺物は、280cmまでお預かりいたします。

詳細:http://www.skymark.co.jp/ja/res_boarding/baggage.html

 

バニラエア

バニラエアで注意したいのが荷物を預ける場合は有料だということ。

重さ:
20kgで2000円 or 3000円(行先で異なります)

サイズ:
3辺の和が203cm以内、かつ一辺の長さが120cm以内

ゴルフ用品、スキー・スノーボード用品、サーフボード用具・ボディボード・ウィンドサーフィン用具、スキューバギア・自転車などは定形サイズ(三辺の和が203cm以内、かつ一辺の長さが120cm以内)を超える場合は、有料(定形外サイズ料金)にてお預かりいたします。

詳細:https://www.vanilla-air.com/jp/service/checked-baggage

 

Peach

Pech航空で注意したいのが荷物を預ける場合は有料だということ。

重さ:
20kg
1200円~2800円(行先で異なります)

サイズ:3辺の和が203cm以内

ゴルフ用品、スキー・スノーボード用品、サーフボード・スキムボード、カイトボード/ウェイクボード・ウィンドサーフィンボード、自転車はスポーツ用品受託手荷物料金でお預かりいたします

詳細:http://www.flypeach.com/pc/jp/lm/ai/airports/baggage/checked_in_bag

 

スターフライヤー

重さ:
20kgまで

サイズ:
3辺の和の合計が203cm以内

3辺の合計が203cmを超える手荷物は、航空機の貨物室に搭載可能な場合に限りお預りいたします。※搭載状況によりお預りできない場合があります。

詳細:https://www.starflyer.jp/checkin/luggage.html

 

Spring Japan(春秋航空)

Spring Japan(春秋航空)で注意したいのが荷物を預ける場合は有料だということ。

スポーツ用品の持ち込みは可能ですが、特別料金が設定されているので注意してください。

重さ:チケットと同時、もしくは手荷物カウンターで支払。5kg単位で設定。

3辺の和の合計が203cm以内

大型手荷物料金およびスポーツ用品料金のお支払いは空港カウンターのみ承ります。
空港でのみ受け付けです

詳細:http://jp.ch.com/luggage-portable

 

 

国内線でペットボトルの持ち込みは?機内持ち込みサイズと手荷物を預ける際の注意点まとめ

ペットボトルでお茶やジュースを飛行機に国内線であれば問題なく持ち込めるんですね。

手荷物は機内に持ち込めるものとそうでないものが大きさで分れることになります。

旅行に行く場合は事前に確認して、機内持ち込み用のかばんと、預け用の荷物と分けておくと安心ですね。

 

スポーツ用品に関してですが、サーフボードやスキー板も貨物室に搭載して運送します。

その為、そのままの状態で預けてしまうと、傷だらけ、下手したら割れたり破損したりする可能性があります。

しかも、サーフボードなどを補償の対象外になっていることがほとんどです。

もしサーフボードやスキー板を破損させたくない場合はハードケースや緩衝材でしっかり保護してから預けてくださいね。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ