空撮で夜景を撮るためのレンズの選び方とカメラの設定について

IMGP9618

ヘリコプターからの空撮、しかも夜

そんな超レアなケースでの撮影をする機会が急に訪れました。

ヘリコプター乗るのも初めて、もちろん空撮なんて撮ったことが無い私です

しかも、夜

撮影条件としては限りなく難しい状況だと思うんですよね

もちろん、私はただのカメラ好きです。

レンズにお金を突っ込んでいるほどのマニアでもないんですよね

とりあえず時間もなかったので持っているカメラとレンズで空撮&夜景にチャレンジしてきました

空撮を終えてみてこういうレンズで、こういうカメラ設定で撮影できればきっともっとましなものになったのではないか?

そんな気持ちもかなーりあったので記事に残しておきます。

今回のフライトルートは

TDLを横目に出発~東京タワー~東京ドーム~六本木ヒルズ~東京駅~東京スカイツリーと回って終了です。

map_night

その時間、わずか15分足らず、ヘリコプターの飛行速度は時速100km以上とのこと。

次回はちゃんと準備しておきたい!!

ちなみに今回使用したカメラはPentax K-5 レンズはDA 18-135mmF3.5-5.6ED

すみません、安物です。

このカメラで撮影しているということでもっといいレンズやボディをお持ちの方は参考程度に読んでもらえたらと思います。

 

スポンサーリンク

空撮で夜景を撮るレンズ

空撮をとるのであれば、ずばり広角レンズでしょう。

今回自分の持って行ったレンズは18mm

カメラはAPS-Cなので35mm換算で27mm

でも、撮影した写真を見る限りもう少し広いレンズがよかったなぁというのが印象でした。

10mmだと歪みが大きすぎるので15mmぐらいでしょうか。

フルサイズカメラであれば18mmでもいいのかもしれませんね。

望遠側はなくてもいいですね。

いくら空からといっても、望遠でクローズアップした写真撮ってもしょうがないですよね

眼科に広がる光景をダイナミックに切り取ってくれるレンズを用意すべきと感じました。

あと、今回は夜景でしたのでレンズの明るさも重要ですね

今回のレンズはF3.5

ハッキリ言ってダメです。暗すぎます。

もう少し早く行ってくれれば奮発したのに・・・・という後悔もありますね。

せめてこれくらいのを・・・・14mm F2.8   17-50 F2.8でもよかったんですけど。

 

というわけでズバリ

超明るい超広角レンズ

これを用意しましょう

 

スポンサーリンク

空撮で夜景を撮るカメラ設定

レンズのほかに大事なのはカメラ設定ですよね

設定の課題としては以下の3つ

  • 夜なのでシャッタースピードは遅くなるのでいくつに設定?
  • ISO感度をどこまで上げるか?
  • ホワイトバランス(色温度)はどうするか?

それぞれの結果について考えて行きます。

 

シャッタースピード

ヘリコプター自体はけっこうな速度で飛んでいるし、振動もあるので連射してコンポジット合成とか試みるのは無理。

じゃあ、シャッタースピードあげるしかないわけですが、レンズが明るくない・・・

今回は結局60分の1秒を目安にしました。

始め100分の1で撮り始めたのですが光量不足に感じたので少し遅くしています。

結果としてブレ自体はそれほど大きくならなかったのでこれぐらいが目安になるかもしれませんね。

撮影時、できるだけ窓ガラスに固定して撮影と思ったのですが、振動が酷いのです。

そのためブレを抑えることができません。しかもガラス越しの撮影を強いられます。

撮影した写真のシャープさがないのは、窓ガラスのせい?レンズのせい?ピントずれてる?そんな感じに。

 

ISO感度

ISO感度ですがISO3200設定としました。

最近のカメラは性能上がってだいぶISO感度を上げられるようになったけどやっぱりノイズ感は出てしまいますよね

ですので妥協してISO3200

自分のカメラではこれぐらいが許容範囲でした。

それでも少し明るく補正するとどどーんとノイズ出てしまうので明るい夜景写真は作れなかったですね。

 

ホワイトバランス

今回は「曇り」「日陰」あたりの設定で撮影しています。

基本的にはイルミネーションを撮影する場合に使う方法ですね。

このあたりは好みがわかれるとおもいます。

 

カメラ設定まとめ

  • シャッタースピード:60分の1秒
  • ISO感度:Max3200
  • ホワイトバランス:曇り

それで撮影した写真がこちら

IMGP9533

IMGP9544

 

まとめ

手ぶれ補正がついていて明るいレンズ、フルサイズのカメラって組み合わせが用意できれば

ピントは基本的に無限遠でいいので簡単なのかもしれません。

動きものがあるわけでもないので。

そう考えると、もう少しいい機材を用意したかったというのが本音

今回はあくまで遊覧飛行なので、窓ガラスは空かないし、ゆっくり飛んでくれるわけでもない。

たった15分ですからね

ヘリコプターは乗るとおもったより振動は少ないのですが、窓ガラスにくっつけて撮影するとぶれます。

ですので、どうしてもガラス越しの撮影になってしまいます。

画質も若干影響を受けていると思います。

よく見る航空写真はガラス越しではなく窓開けて撮影してますからね

しかし、いい経験させてもらいました。

乗せてくれた○○さんありがとうございました!!

またお願いします!!

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ