結婚式を欠席する場合の御祝儀相場 連絡や渡すタイミングも重要

IMGP5940

結婚式

一生に一度であるべきのおめでたい儀式

でも、行けないから欠席する場合はありますよね、金銭的な理由や、ごにょごにょ・・

では結婚式の欠席を連絡するタイミングや、御祝儀を渡すタイミングはいつごろまでOKなのか?

結婚式を行う側としては準備があることはわかっているが、出席者は意外に知らないこと。

連絡が遅いとキャンセルが効かないとかありますし、あなたが御祝儀を渡すタイミングや渡し方へのアドバイス。

結婚式に招待されるということは、少なくともあなたを特別な人間と見ている可能性大

うかつに断ると後々に響く、運命の分かれ道。

さて、あなたは出席する?それとも欠席する?

 

スポンサーリンク
  

結婚式を欠席する場合の御祝儀金額相場

結婚式に招待されて行けない場合の御祝儀代

それはズバリ1万円 + 祝電

が一般的には言われているようです。

もちろん上記は御祝儀出す人間が1人の場合ですね。

一万円を多いと少ないかと見ると少ない部類ですね。

でも招待する側としては結婚式の招待状、お食事の準備、名前カードとかかっていますのでいきなり欠席と言われると非常に困るんですね。

この断り方をする場合のタイミングがとっても大切なんです

 

結婚式を直前に欠席を連絡するタイミングが重要

結婚式の招待状を受けて欠席を連絡するタイミングっていくつかありますよね。

  • 招待状を受けた時
  • 参加で出したけど数か月前にいけないことが解ったとき
  • 結婚式1週間前から前日

こんなそれぞれの結婚式の欠席を連絡するタイミングで、御祝儀はどうするべきか考えてみましょう。

 

招待状を受けた時

招待状を受け取ったタイミングで欠席のお知らせを普通に一万円が御祝儀ですね。

あわせて電報で祝電を送っておきましょう。

カタログギフト電報やぬいぐるみ電報、うるし電報などがありますので好みに応じてですね。

ギフト電報だったら、御祝儀が不要ですね。

 

参加で出したけど数か月前にいけないことが解ったとき

結婚式に参加で申し込んでいたけど数か月前に参加できないことが発覚。

スポンサーリンク

こんな時は、まずは招待者に連絡し欠席をすることを連絡。

まだ、キャンセルできるから大丈夫ですよ等行ってもらえたのであれあ、御祝儀の金額は欠席時の相場通りでいいでしょう。

あなたが断ったことを気にするのであればすこし多めにするとか祝電の内容に凝ってみるとか。

ちゃんと結婚式の式中に間に合うように電報を送付してくださいね

 

結婚式1週間前から前日

結婚式直前に急きょ仕事が入り出席することが難しくなってしまった!!

こんな時は、結婚式に参加した場合の御祝儀代を収めるのがマナーです。

何よりあなたの方に原因があるのですから諦めましょう。

数日前ともなると、結婚式の準備も済んでおり、料理のキャンセルも効きません。

テーブルに置く名札や座席表にもあなたの名前が入っています。

あなたが結婚式に参加するための用意は全て完了しているんです。

欠席することでテーブルに空席ができてしまうのです・・・・

招待者もガッカリするでしょうね

ですので、このタイミングであれば御祝儀だけはせめて結婚式参加時の御祝儀代をそのまま支払うべきでしょう。

 

結婚式を欠席する場合 御祝儀はいつ渡す?

結婚式を欠席する場合は、御祝儀は式より早めに送るようにしましょう。

やっぱりこれないという人からは早めに御祝儀が来ると安心しますよね。

そこに手紙かなんか添えてあると素晴らしいと思います。

さすがに結婚式上にご祝儀を贈るなんてありえないので、招待状の送付元へ送るのがいいですね。

現金を郵送する場合は、普通郵便ではなく現金書留というものが存在します。

現金書留でも、のし袋を入れられるサイズも存在しているとのこと。

あとは、式当日には電報を送っておく、これがベストな対応ですね。

現金書留といっしょに電報なみの長さの一言を手紙に書いて添えることもできますのよ。

 

 

まとめ

結婚式に招待されるっていうことは、招待者はあなたを特別な人間と感じている証拠です。

ですので、可能であれば出席して、相手の期待に応えてあげましょう。

直前での欠席でも誠意を見せて、

「行きたかったのに残念です、電報うっておきます」

という雰囲気をだしておけばその後の関係も平穏ですね。

ここで、何もしないなどの態度をとると、結婚後の招待者との関係がギクシャクしてきちゃうかも

あなたの想いと招待者の想いの食い違いが垣間見える瞬間ですね。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ