自転車での傘は違反 レインコートは必須 脱いだ後の対処方法も考える

2015年6月から自転車での傘さし運転は違反になりましたね。

そうすると自転車で傘がさせないのでレインコートが必須になります。

jitensya_ame_kasa

でもレインコートってどんなデザインがとか収納がとかの話がありますが脱いだ後どうするか言っているものが少ないですね。

レインコートって使うとびしょ濡れになります

その濡れたレインコートを脱いだ後どうするかが非常に困りものなんですよね

通勤や通学で電車に乗り換える時どうするのかって。

そのまま自転車と一緒に放置するわけにもいかないし・・・・

そんな場合の対処方法として私がとった行動をお教えします。

 

スポンサーリンク
  

自転車の傘さし運転は違反行為に

2015/6/1より道路交通法が改正され、悪質・危険な自転車運転者に対する講習制度がスタートしました。

この中に、

第七十条  車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

というのがあるんですね

これが、雨中で傘をさしながら運転すること自体も違反にあたることになりました。

しかもその罰金は最大5万円

そうするとレインコートを着て自転車に乗るというのがふつうの考え方ですね。

自転車に傘を固定するという商品もあるんですけど、風が強い時はあぶなくてしょうがない。

レインコートという選択肢が一番妥当ですよね。

そのため、レインコートでどんな商品がいいか調べると思いますよね。

デザインやら、上下別など、いろいろ選択肢があるとは思いますが私のレインコートのお勧めはズバリ

コンパクトな収納ができるもの

ですね。

やっぱりレインコートを脱いだあと、自転車置き場にそのまま置いておくのも不安ですからね。

持って歩くとおもうんですけどそうするとやはり邪魔にならないものを選びますよね。

完全防備だと、収納にどうしても問題が出てしまうし。

 

でも、実際にそれ以上に問題だったのが。。。

 

自転車でレインコートは必須 脱いだ後はどうするの?

でも実際にレインコートを使ってみて困ったことが1つ。

雨の中レインコートを使うと、レインコートが濡れるんです。

え、当たり前でしょって

そうなんですけど、レインコートっていっても完全に水は弾いてくれないんですよね。

そうすると、濡れているんです、脱いだあと。

水が染みてはこないんですけど脱いだ後、そのレインコートを丸めて収納すると帰りはどうするのか?って話になるんです。

帰りも雨が降っていれば、レインコートをまた使わないといけないですよね。

でも、濡れたまま収納しちゃったので裏側まで湿った状態

下手したら裏地まで水で濡れてしまった状態かも。

いくら収納するまえにバンバン振って水を飛ばしたつもりでも限界があるんですよね。

タオルを持参して、ふき取るっていうのもありますがそれだと今度タオルをどうしようって話に・・・・

そこで私が辿り着いた答えが、これでした

 

レインコートに撥水スプレーをかけるという手段

雨に濡れたレインコートの表面が、水を完全に弾いてくれればいいんです。

そうすれば、レインコートを脱いで、バンバン振ってやれば水を飛ばすことができるので濡れたまま収納する必要がなくなります。

そこで必要になるのが撥水スプレーという商品です。

スポンサーリンク

これをレインコートの表面にコーティングすることで面白いくらい水をはじいてくれるようになるんです。

インターネットで調べてみたら撥水スプレーもいろいろあって強力なものがあるんですよ。

たとえばネバーウェットネオという製品がたくさんでてきたんですよね

動画でもその威力を見せてくれてますね。

 

有名なユーチューバーのSeikinさんが実際に試しているので、その効果は実証されてますね。

 

ちょっとマスクして大変な状態でスプレー処理してますが、ちょっと大げさかな?

墨汁やペンキは試してますが、普通の使い方ではないのでおいておきましょう

水はちゃんと弾いてますね

 

 

最終的には、これをスプレーすることでレインコートを着て自転車にのって脱いだ後の処理も簡単になりました。

個人的にはかなりお勧めな方法です。

 

まとめ

もちろん、撥水効果は永久ではないので時間が経過すると弱くなります

梅雨の時期、一か月程度であれば一回スプレーすれば持つかなという感じでした。

雨が降ったら自転車乗らなければいいじゃないって話もありますが、ちょっと距離があるとね。

自転車の駐輪場も月単位で払っているわけだし屋根があるのに使わないといけないのはもったいない。

ってことで、同じような境遇のあなたならやってみたいと思うでしょう。

難点が1つだけあります。

撥水スプレーってちょっと高いとおもってしまうんですよね。

高いレインコートを買ったんだから大事にしたいと思えばそうでもないんでしょうけど。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ