花火の写真をスマホで撮るコツ アプリを使った撮り方

IMG_2644

スマホで花火の写真をいい感じに撮ってみたくないですか?

花火大会に行ったら花火がキレイでつい写真を撮影したいと思いますよね

でも、コツを知っていないとスマホでの花火の撮り方って、意外に難しいですよね。

撮った写真はブレブレですし、ブレていなくても花火の光の線も出ていない残念な写真の山。

花火の写真を撮影するにはコツというか必要な方法っていうのは決まっているんですよね。

それをスマホで実現できればスマホでも花火の写真を撮影できるんじゃないかと。

今回はスマホでの花火の採り方、花火写真を撮影するコツをお伝えします。

この記事中の写真は、全部スマホで撮影した写真です、いかがでしょうか?

 

スポンサーリンク
  

花火の写真をスマホで撮るコツ

花火の写真を撮影するために重要なのは下記の2つ。

一般的な一眼レフカメラの場合です。

  • 長時間露光(長い時間シャッターを開けておく
  • カメラを固定する

花火が打ちあがり、頂上で破裂、周辺に美しい光の線を出しながら広がっていく。

その光の軌跡を写真に写し続けるとこのような写真が撮れます。

IMG_2642

 

花火を写真で撮るコツってたったこれだけなんです。

もちろんシャッターを切るタイミングっていうのも重要ですよ。

でも、この2つができればあとは数多く撮ることです。

それだけでも普通の人がスマホでとる写真とはかなり違うものが撮影できるはずです。

では、その重要な2つをいかにスマホで実現させるかを見て行きましょう。

 

 

花火の写真をスマホでアプリを使った撮り方

スマホで花火を撮影するために必要なシャッタースピード。

しかし、ほとんど全てのスマホカメラではこのシャッタースピードをコントロールすることができません。

では、どうするのか?

同じようなことを考える人もいるようで、便利なアプリを開発してくれた人がいるんですね。

 

夜撮カメラ

夜景カメラ

開発 : Studio ra,labo.

価格 : 無料(250円で広告を消せ、保存写真サイズを大きくできます)

img-googleplay  img-appstore

このアプリのバルブモードを使用します。

 

花火の写真をスマホで撮影するのに必要なアイテム

スマホでシャッタースピードを制御することは解りました。

あとは、スマホを固定するだけですね。

スマホを固定すると言ったら、自撮り棒の先のパーツですね

これです

2016-03-31-21-59-21

これって100均で108円で買えたりします

これと安い三脚を用意します

大きさ1mくらいの安いもので十分です

スポンサーリンク

 

この三脚に自撮り棒の先端のパーツを取り付けます

そうして準備したのがこのスマホ撮影用三脚

これで、相当安定するはずです。

iphone

あとは花火大会当日までに夜撮カメラの操作方法に慣れておきましょう。

道路を走る車を夜撮影するだけで車のヘッドライトの光がキレイに線に撮れますから。

次に必要なのは、スマホ用のバッテリー

バルブによる長時間撮影は非常に電池を多く使います。

だからこそ容量の大きなバッテリーを持っておきたいですね

このバッテリーならスマホ4,5回分充電できますので1つ持っておくと便利ですよ

 

そしてスマホ(iphone)で夜景カメラをバルブモードで、3秒間撮影して処理した写真はこんな感じになりました。

パソコンで見るとイマイチな感じがしますが、スマホ上でみると結構いけてるかな?

設定をしっかり見直していけばもう少しキレイにできそう。

IMG_2645

 

まとめ

自分は何度か一眼レフカメラで花火を撮影したことがあるので花火の撮影に何が必要かを理解してました。

実際花火を撮影していると、スマホで花火を撮影している人をたくさん見かけました。

でもスマホで花火はどうやっても見た目を再現できるようなキレイな写真は撮れません。

自分で撮影するならということを考えてちょっと調べてみたら思いの他便利なアプリがあるじゃないですか。

三脚も安物だし、自撮り棒の先端も100円で売ってるのでびっくりでした。

安い道具とスマホのアプリで人とは違う花火写真を撮影しましょう。

もちろん三脚で固定しているので動画を撮影するのもいいかもしれないですね。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ