3/12 スマステーション香取慎吾が生放送で特にリアクションが良かったグルメベスト3

3/12放送のスマステーションで紹介された

「ご褒美企画!香取慎吾が生放送で特にリアクションが良かったグルメベスト3」

で紹介された厳選されたお店を紹介します。

どれも待ち時間1時間オーバーの行列必死のお店ばかりです。

こうしてテレビで紹介されることによって、ますます行列が長くなりますね(T T)

スポンサーリンク
  

番外編 ひき肉少年 のひき肉ライス

香取慎吾がVTRみながらよだれを垂らしたお店 ひき肉少年 のひき肉ライス

ご飯大盛無料なのがウレシイ!!

index_2

白金高輪駅から閑静な街並みを歩くこと5分、突如現れる気になる看板。
太った少年のイラストにひき肉の文字。店名はその名も…「ひき肉少年」。

こちらは、テーブル席はなくカウンター6席のみと小さなお店。

こちらで1日に201食売れたというのは、「ひき肉ライス」。

こちらのお店のメニューは、このひき肉ライスのみ!

実は店主の萎澤(しぼさわ)さんは無類のひき肉オタクとして、肉業界では知られた存在。

無限の可能性を秘めたひき肉の魅力にとり付かれた萎澤さんは、研究に研究を重ね、今までにないまったく新しい挽き肉料理を誕生させたのです。

店名:ひき肉少年
住所:東京都 港区 白金 1-11-15 1F

 

3位 ハンバーグウィルのモッツアレラチーズハンバーグ

2bd3e6c4cd3d8d3ee776b99daf8e4ce7

モッツアレラチーズハンバーグ 1200円
赤ワイン煮込みハンバーグ(3/31まで) 1480円

赤ワイン煮込みは季節限定。3月31日でいったん終了しちゃいます。食べたい人は急いで。

岩手県産ブランド豚「岩中豚」のひき肉!

しかも、ハラミ、バラ肉、ホホ肉、肩ロースと、実に4種の部位を独自の配合で混ぜているのです。

ガツンとした肉の旨みを出すハラミ、上質な脂を味わえるバラ肉、食感を引き立たせるロース、そして、噛み応え十分なホホ肉があわさり、絶妙なアクセントを生み出すハンバーグに仕上がります。

お店で出す、他のハンバーグは、ここにソースをかけて完成するのですが、冬限定ハンバーグは、グツグツのソースの中へ!

牛スジと、赤ワインを10時間以上も煮詰めた濃厚でコクの深い、特製デミグラスソースをハンバーグに染み込ませながらじっくり煮込むのです。

仕上げに一緒に煮込んだ豚バラとシメジを盛り付け、温泉卵を添えます。最後に生クリームとパセリを散らせば完成。

一口食べると、ハンバーグの中から、肉汁の甘みと赤ワインのコクがあふれ出します。添えられた温泉卵につけて食べると、一層濃厚な味わいになります!

店名:ハンバーグウィル
住所:東京都新宿区新宿1−3−8

 

 

2位 マジア・デイ・フィリーナの幸せのパンケーキ

f394e182c1058dcd14d8aeb1495d2be6

場所も内容もおしゃれ過ぎなパンケーキ屋さん。

1時間とか2時間とか。。。。そんなに待てないよ~

スポンサーリンク

大阪の大人気店が、昨年11月に東京進出を果たしたお店。

休日には、オープン直後に完売になってしまうほどの人気店なのです。

生地には、卵と北海道産のバターを混ぜ合わせたものを使用していますが、人気の秘密は、分厚く、ふわふわに仕上げる焼き方。

その焼き方を見てみると、ホットプレートに生地を流し込み、1段、2段、3段と、厚みを出すために一度に流さず3段に分けて生地を重ねていきます。

さらに、こまめに行う温度管理も欠かせません。

ホットプレートに生地を流し込んだら、何度も何度も1度単位で温度をチェック。5分以上弱火でじっくり焼き上げていくと蒸し焼き状態になり、ふわふわのパンケーキが完成します。

食べる直前に、カラメルシロップをたっぷりかければ、ふわっとした食感と、しゅわっと溶けてなくなるような感覚に。

幸せな気分になること間違いありません!こちらは、常に行列ができていて完売になる日もあるので、オープン前の午前9時頃に並ぶことをオススメします!

店名:マジア・デイ・フィリーナ
住所:東京都渋谷区神宮前4-9-3 清原ビル B1F

 

 

1位 Red Rockのローストビーフ丼

f46de27bdf4617d764a994dd4050eea0

ローストビーフ丼 880円

秋葉原駅の近くにもローストビーフ丼屋さんありますね。⇛こちらの記事で紹介

使うのは、赤身がしっかりとしたやわらかい肉質の牛のもも肉。それを塊に切って、塩・胡椒で味付けをし、強火で表面をしっかりと焼きます。

それをオーブンに入れて、低めの温度でじっくり3~4時間かけて焼き上げます。そうすることで、お肉にゆっくりと火が入り、やわらかくしっとりとしたローストビーフに仕上がるのです。

さらに、ご飯に合うようニンニクなどが入った醤油ベースのタレをかけながら軽く焼いたら、ようやくローストビーフが完成。

火の通り具合は、絶妙なピンク色。これを2ミリほどの厚さでスライスし、お肉に合うよう少し固めに炊いたご飯に、七味などが入った甘辛い特製タレをかけ、スライスしたローストビーフ乗せていくのですが、その数なんと14枚(※枚数は異なることがあります)。

ご飯が見えないほどの豪快な乗せっぷりです。仕上げに卵黄、タマネギなどが入った甘めのローストビーフ専用のタレをたっぷりかけ、少し酸味のきいた特製のヨーグルトソースをのせれば、ついにローストビーフ丼が完成!

卵黄をくずして、お肉に絡ませマイルドにし、酸味の効いたヨーグルトソースをのせれば、極上の一口に!ちなみに、プラス220円で、お肉の量がほぼ2倍になるお得な「大盛り」もできるといいます。

店名:Red Rock
住所:東京都豊島区高田3-11-14

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ