中秋の名月はいつ?意味は?十五夜との違い、ススキ、団子のお供えするのはなぜ?

e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_s

秋風が涼しくなったころ、中秋の名月と呼ばれる月が見れる日があります。

でも、中秋の名月ってのはいつ?

中秋の名月って意味があるの何なの?

中秋の名月って十五夜と何が違うの?

中秋の名月にはススキや団子をお供えするのはなぜ?

意外と知っているようで知らない中秋の名月の謎にお答えします。

 

スポンサーリンク

中秋の名月はいつ?意味は何?

毎年9月15日のことじゃないのって思われるかもしれませんが中秋の名月は毎年同じではありません。

旧暦8月15日に見える月のことを中秋の名月と言います。

旧暦なのだから毎年同じ日ではないの?と思われるかもしれませんが、現在とは暦(こよみ)の数え方が異なるので毎年異なってくるのです。

それでも毎年旧暦の8月15日は9月中旬から10月初めに旧暦8月15日を迎えます。

 

中秋の名月はいつ?どうやって決まるの?

ここ数年の中秋の名月の日程を確認しておきましょう。

2016年 平成28年  9月15日
2017年 平成29年 10月 4日
2018年 平成30年  9月24日
2019年 平成31年  9月13日
2020年 平成32年 10月 1日

毎年のように中秋の名月の日が異なっていますね。

どうやって、この日付が決まるのかというとちょっと難しいお話になります。

基本的には、

秋分の日(9月23日)以前の最初の新月の日から15日目

になります

※新月(満月の反対で月がまったく見えない日)

 

この新月になるタイミングが毎年異なるんです。

月の満ち欠けは365日まったく周期的なものではないので日に日にずれて行きます。

でも秋分の日を基にするので9月23日前後で15日以上ずれることはありません。

 

一番の問題は、新月の日を個人的に計算で求めるのは難しいこと。

正しい日程は国立天文台のホームページで確認するのが確実です。

 

また、新月が満月になるのにかかる日数は15日ではなく15日弱です。

そのため、中秋の名月の日が必ずしも満月ではないのです。

最大で2日ほどずれることになります。

ちなみに2016年は中秋の名月の日は9月15日、満月は9月17日です。

 

最近では中秋の名月が満月だった日は2013年でした。

次回の中秋の名月が満月になるのは2021年。

中秋の名月に日が満月とずれるのは最大2日。

目で見る限りほとんど変わりませんね。

中秋の名月はほぼ満月と思って大丈夫ですよ。

 

中秋の名月の意味は?

「中秋」は秋の中間という意味になります。

旧暦で秋は7月~9月。

その中間が中秋となり旧暦8月15日が中秋になるんですね。

秋と言えば、穀物の収穫の時期。

豊作を祝う宴として、この満月の日が選ばれたようです。

日本の歴史上、「お月見」というものが記録上に残っているのは909年。

醍醐天皇が月見の宴を開いたことが記載されています。

 

 

中秋の名月と十五夜の違い

中秋の名月は満月の日を指す言葉として考えられますが、同じような言葉に十五夜という言葉があります。

この中秋の名月と十五夜の違いとはなんでしょうか?

言葉の意味を調べてみました。

十五夜は言葉の通り、15日目の夜を表します。

この基点となる0日目が、前の章で記載した新月です。

この新月から15日目は満月となることから満月の夜のことを十五夜と呼ぶんですね。

ですので中秋の名月も十五夜も同じ日になります。

でも新月は年に1回ではありません、だいたい30日毎に発生する日ですね。

中秋の名月の日は十五夜でありお祝いの日ですが、十五夜は毎月あると覚えておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

中秋の名月ではススキ、団子のお供えするのはなぜ?

249523

中秋の名月の日のイメージと言えば満月とススキとお団子。

なぜススキとお団子をお供えするのでしょう?

 

中秋の名月は穀物の豊作を祝う会です。

しかしながら収穫自体は中秋の名月の日より前に終わっていることが多かったことから

稲穂に形の似ているススキが使用されたと考えられています。

また、ススキは月の神様の依代と言われていることから満月にお供えするものとしてススキが使用されます。

 

では、お団子についてはどうでしょうか?

お団子は、そのまま満月を表す形なんだそうですよ。

ただ、地域によって形に差があるらしく京都では細長い形。

お供えする理由は、豊作を祝うことからお米で作った団子が正式なものらしいです。

また、お供えものの団子はピラミッド型に積まれています。

これは正式には、

下から9個、4個、2個

で3段、15個を並べるんだそうです。

もちろん15個の理由は十五夜だからですよ。

 

 

まとめ

現在の暦では9月から10月にある中秋の名月。

  • 9月23日に秋分の日直前の新月の日から数えて15日目が中秋の名月
  • 中秋の名月の日にお月見をするのは月の神様に豊作を祝う為
  • ススキは稲穂、団子はお米の豊作を表している

中秋の名月にはこういう意味があったんですね。

天気が良ければ、空を見上げてみてください。

今となっては中秋の名月といっても団子をお店で買ってきて食べるくらいかもしれません。

でも、そうやって中秋の名月だからお団子を食べようって時にこんな理由があったんだなと思ってもらえると幸いです。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ