富士スピードウェイ(FSW) 観戦・撮影スポット コカ・コーラコーナー編

IMGP3868

富士スピードウェイ(FSW)でスタート直後の写真を撮影するにはコカ・コーラコーナーしかないといういくらいな場所。

コカ・コーラコーナー周辺は意外に観覧場所としても撮影スポットとしても向いている場所。

1コーナー正面で観覧のできない富士スピードウェイ、さらに2コーナー、3コーナーと車を正面から観ることができる場所がありません。

そしてこのコカ・コーラコーナーが最初に正面から車を撮影できる場所。

いろんな場所から観ることで車をいろいろな角度でみることができます。

今回は、富士スピードウェイの人気スポットのコカ・コーラコーナーの紹介です。

 

関連記事:

富士スピードウェイの行き方とコンビニ情報

観戦・撮影スポット 1コーナー(TGRコーナー)編

観戦・撮影スポット アドバンコーナー編

観戦・撮影スポット 300R編

観戦・撮影スポット ダンロップコーナー編

観戦・撮影スポット プリウスコーナー編

富士スピードウェイ(FSW)観戦撮影ポイント、アクセス方法についてまとめ

スポンサーリンク

コカ・コーラコーナーへグランドスタンドからの移動方法

map_CocaCola

所要時間:20分

富士スピードウェイのコカ・コーラコーナーはコースの内側にあります。

グランドスタンドからは地下道を抜けてアドバンコーナーに出たら左に道沿いに進みます。

そのまま道なりに進んでいくと、コカ・コーラコーナーに到着できます。

パドックパスがあるなら、パドック裏を横切って行った方が近いかもしれませんね。

ここへの移動にはシャトルバスは使えるルートがないので基本徒歩ですね。

 

 

コカ・コーラコーナー観戦ポイント

cokacola

コカ・コーラコーナーの周辺では、正面から2コーナーを抜けてきた車を観ることができます。

スタート直後やレース中も1コーナーで追い抜きができない場合、サイドバイサイドでコカ・コーラコーナーまで並んで入ってくることもあり、みどころの1つです。

SuperGTのスタート直後は写真を撮る人が多いので正面は早めに場所を確保する必要があります。

正面を少し外して北側からコカ・コーラコーナーの飛び込みも斜め後ろから観ると結構迫力があります。

コカ・コーラコーナーに並びながら飛び込んいく姿はなかなか迫力があります。

 

レースが始まって落ち着いてくると、ここで撮影する人も減ってきます。

SuperGTのように終盤まで何がおこるかわからない場合は、観覧場所としてはいいと思います。

パドックパスを持っていて、ピット上からの観戦に飽きたら、さくっと移動することもできるのでおすすめです。

コカ・コーラコーナーにはトイレもベンチもあります。

SuperGTであれば出店もあります。

比較的過ごしやすい場所ですね。

 

 

スポンサーリンク

コカ・コーラコーナー撮影スポット7選

富士スピードウェイのコカ・コーラコーナーは、コースの内側からしか撮影ができません。

コースの外側はフェンスなどもありコースが見えるところがありません。

しかし、コースの見える範囲が広く、移動できる範囲も比較的あるため、車をいろいろな方向から撮影することが可能です。

正面から高速シャッターでも、コカ・コーラコーナーを高速で抜けて行く車を流し撮るのもいいですね。

また、カメラマンホールもあり、そこからうまく撮影できるといい写真が撮れますが、焦点距離がかなり必要です。

CocaColab

それでは、各ポイントでどんな写真が撮影できるか観て行きましょう。

  1. コカ・コーラコーナーの飛び込みを正面から
  2. コカ・コーラコーナー通過中を斜め前から
  3. コカ・コーラコーナー立ち上がりを横から
  4. コカ・コーラコーナーを抜けて加速する姿を横から
  5. コカ・コーラコーナーの飛び込みを横から
  6. コカ・コーラコーナーの飛び込みを後ろから
  7. コカ・コーラコーナーの手前を横から

※各撮影ポイントから撮影しても金網が写る場合もあります。下記の写真はトリミングしているものもあります。

 

コカ・コーラコーナーの飛び込みを正面から

IMGP5039

焦点距離:300mm~あればあるほど良い

コカ・コーラコーナーの正面から観ることができますがコースからの距離は一番遠い正面。

通路上段からはコースを撮るなら300mm、車1台を撮影するなら500mm以上欲しい所。

斜面を降りたところで、カメラマンホールがありますが、ココから撮影する場合は750mm以上欲しいですね。

_IGP1291

 

コカ・コーラコーナー通過中を斜め前から

IMGP1742

焦点距離:300mm

主にコーナーリング中の車の写真を撮影する場合に使います。

このままコカ・コーラコーナーを抜けて100Rに向かっていく車を連続で流し撮りできます。

このコカ・コーラコーナーの飛び込みでは予選などではスピンする車もいたりして目が離せないんですよね。

 

コカ・コーラコーナー立ち上がりを横から

IMGP1834

焦点距離:300mm

コカ・コーラコーナーの縁石を越えて加速していく車を流し撮り。

 

コカ・コーラコーナーを抜けて加速する姿を横から

IMGP5594

焦点距離:200mm

SuperGTの場合は、ここからフェンスの向こうに満車の駐車場が見えます。

その為、ここで流し撮りをすると背景が流れるのでスピード感がでますので是非お試しを。

コースとの距離も近くなるので200mmの焦点距離から撮影できます。

 

コカ・コーラコーナーの飛び込みを横から

IMGP1711

焦点距離:150mm

あまり車をアップにせず背景を入れたほうがいいですね。

そうしないと結構地味目な写真になってしまいますよ

 

コカ・コーラコーナーの飛び込みを後ろから

IMGP1877

焦点距離:750mm

サービスロードの境目から車の後ろ姿を捕えます。

斜面を降りた金網越しから撮影したり斜面の途中から撮影することで、見える角度が結構変わります。

IMGP3651

また、斜面の上の方からの場合は100Rに飛び込んでいく車も撮影できます。

ちょっと遠いですが、雨の日は水しぶきが大きくあがるので絵になります。

IMGP0325

 

コカ・コーラコーナーの手前を横から

IMGP1726

焦点距離:150mm

ここは普通に流し撮りができるくらいですね。

背景も地味なのであまり利用しないかも。

 

関連記事:

富士スピードウェイの行き方とコンビニ情報

観戦・撮影スポット 1コーナー(TGRコーナー)編

観戦・撮影スポット アドバンコーナー編

観戦・撮影スポット 300R編

観戦・撮影スポット ダンロップコーナー編

観戦・撮影スポット プリウスコーナー編

富士スピードウェイ(FSW)観戦撮影ポイント、アクセス方法についてまとめ

 

まとめ

IMGP0157

富士スピードウェイのコカ・コーラコーナーのは撮影者にとっても観覧者にとってもいい場所です。

そのためスタート時が一番混雑します。

SuperGTの場合は本当に早めに来ないとなかなかいい場所が見つかりません。

 

また、非常に低い位置から車の後ろ姿を撮影できる場所もあります。

レンズ越しには車がいきなりファインダーに入ってくるので撮影は運も多いところですね。

雨が降ればそれはそれで楽しめるコーナーです。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ