ガジェット

iphoneXSの維持費を比較してみた!ドコモ、au、ソフトバンクで一番安いのはどこ?

いよいよ2018年のiphoneが発表され予約開始されましたね。

アップルストアのほかにドコモ、au、ソフトバンクでの価格も発表されました。

これにより2年間の維持費も計算できるようになったのでまとめてみました。

どこでiphoneXSを購入するのが得なのか?みていきましょう。

通常は光回線を引いたり、複数台購入で安くなったりしますが今回はあくまで1人1台契約。

下取りも無しとして計算しています。

下取りも最大で4万円以上になるので中古ショップへ売る場合と比較して高い方で引き取ってもらってもいいですね。

あわせて読みたい
iphoneXs/iphoneXrの値段をアップルストアとキャリアで比較!どこが一番安く買えるか? 毎年恒例になっている新型iphoneの発表の日。 2018年の発売されるのはiphoneXs・iphoneXsMax・ip...

iphoneXSの価格まとめ

まずはアップルストアとドコモ、au、ソフトバンクでのiphoneXSの本体料金を確認しておきましょう。

あくまで一括払い、割引無しの値段です。

価格は全て8%の税込の価格になります。

こうして並べるとドコモ、au、ソフトバンクは結構割高設定ですね。

iphoneXs

アップルストア docomo au ソフトバンク
64GB 121,824 128,952 128,640 136,800
256GB 140,184 147,096 146,880 155,040
512GB 165,024 171,720 171,840 180,000

iphoneXsMax

アップルストア docomo au ソフトバンク
64GB 134,784 141,912 141,600 149,760
256GB 153,144 160,056 159,840 168,000
512GB 177,984 184,680 184,800 192,960

NTTドコモでiphoneXSを購入した場合の維持費

docomoでiphoneXSを購入した場合以下のようになります。

docomoでは新規、機種変更、他社からのMNPでもiphone本体の値段は変わりません。

そういう意味では分かりやすいですね。

でもiphone本体の負担料金はauより少しお高めです。

iphoneXS

容量 月々払い 2年間合計
64GB 2,916円 69,984円
256GB 3,672円 88,128円
512GB 4,698円 112,752円

iphoneXsMax

容量 月々払い 2年間合計
64GB 3,456円 82,944円
256GB 4,212円 101,088円
512GB 5,238円 125,712円

2年間分の基本料金

カケホーダイライトプラン1700円
インターネット接続サービス300円
データMパック(5GB) 5,000円 ⇒合計7,000円(税別)

税込7560×24か月で181,440円

2年間の維持費合計

2年間の維持費は以下のようになります。

251,424円から30,7152円と結構なお値段ですね。

ここからさらにオンラインショップ限定で5184円の割り引きが受けられることが発表されています。

金額が金額なので5000円程度の割引はそれほど大きくないかもしれませんけどね。

iphoneXS

容量 2年間の総維持費
64GB 251,424円
256GB 269,568円
512GB 294,192円

iphoneXsMax

容量 2年間の総維持費
64GB 264,384円
256GB 282,528円
512GB 307,152円

auでiphoneXSを購入した場合の維持費

auでiphoneXSを購入した場合以下のようになります

auの場合は他社からのMNPか新規契約と機種変更で本体の値段が異なってきます。

機種変更

iphoneXS

容量 月々払い 2年間合計
64GB 2,650円 63,600円
256GB 3,410円 81,840円
512GB 4,450円 106,800円

iphoneXsMax

容量 月々払い 2年間合計
64GB 3,190円 76,560円
256GB 3,950円 94,800円
512GB  4,990円 119,760円

新規契約・他社から乗りかえ

iphoneXS

容量 月々払い 2年間合計
64GB 2,250円 54,000円
256GB 3,010円 72,240円
512GB 4,050円 97,200円

iphoneXsMax

容量 月々払い 2年間合計
64GB 2,790円 66,960円
256GB 3,550円 85,200円
512GB 4,590円 110,160円

2年間分の基本料金

auには48回払いというものがありますが4年縛りとか耐えられないので24分割で計算します。

auにはピタットプランがありますがこれに加入すると「毎月割が対象外」になるのでiphone本体が安くなりません。

その場合は本体価格が定価で倍くらいかかるのでここでは通常の5GBプランを選択します。

ピタットプランはスマホ本体が0円か3年目以降に契約すると安くなるプランと思ったほうがいいですよ。

私は使いませんけどね。

スーパーカケホ 1700円
データ定額5(5GB)5000円
インターネット接続サービス300円 ⇒7000円(税別)

税込7560円×24か月で181440円

2年間の維持費合計

auの場合は新規、他社からのMNPで本体代金が1万円弱安くなります。

2年間の維持費としては大きな差にはならないかもしれませんね。

機種変更で245,040円から291,600円になります。

機種変更

iphoneXS

容量 2年間の総維持費
64GB 245,040円
256GB 263,280円
512GB 288,240円

iphoneXsMax

容量 2年間の総維持費
64GB 258,000円
256GB 276,240円
512GB 301,200円

新規MNP

iphoneXs

容量 2年間の総維持費
64GB 235,440円
256GB 253,680円
512GB 278,640円

iphoneXsMax

容量 2年間の総維持費
64GB 248,360円
256GB 266,640円
512GB 291,600円

ソフトバンクでiphoneXSを購入した場合の維持費

新規もしくは他社からMNPする場合

ソフトバンクはなんかすっごく高くつきます。

2018年9月現在毎月の機種代金割引を受けられるのは既存ユーザのみ。

新規ユーザやMNPでソフトバンクに移るユーザは月月割が使えません。

というのもソフトバンクは2018年9月5日以降に新規のスマ放題の受付を終了しました。

そのため新規やMNPでiphoneを購入する場合は定価になります。

さらのデータ通信もウルトラギガモンスター+かミニモンスターの2択。

ミニモンスターは使用量で段階的に料金が上がるシステム。

5GBと50GBで500円位しか差額が無いので今回はウルトラギガモンスター+で計算します。

iphoneXS

容量 月々払い 2年間合計
64GB 5,700円 136,800円
256GB 6,460円 155,040円
512GB 7,500円 180,000円

iphoneXsMax

容量 月々払い 2年間合計
64GB 6,240円 149,760円
256GB 7,000円 168,000円
512GB 8,040円 192,960円

2年間分の基本料金

そのためiphoneXs発売時に契約できるプランはデータ定額 50GBプラス。

1年目は4980円、2年目5980円

通話も5分のかけ放題をつけるには

通話基本プラン+準定額オプションで2000円

1年目 6980円(税別)×12 83760円(税別)
2年目 7980円(税別)×12 95760円(税別)

合計193,881円となります。うーんやっぱりちょっと高い。

そもそも50GBもいらない人多いでしょうし。

2年間の維持費合計

毎月にかかる料金とiphone本体価格をそのまま足すと・・・・

他社より最大で8万円くらい高くなってしまう・・・・

ソフトバンクさんこれで計算あってますか?

機種変更する場合

既存ユーザは月月割の恩恵がまだ受けられるみたいですね。

これを利用しない手はないので維持費がいくらになるか調べてみましょう。

でも既存ユーザでも月月割が2019年1月でなくなるとのことなのでiphone購入はお早目にですかね。

iphoneXS

容量 月々払い 2年間合計
64GB 2,650円 63,600円
256GB 3,410円 81,840円
512GB 4,450円 106,800円

iphoneXsMax

容量 月々払い 2年間合計
64GB 3,190円 76,560円
256GB 3,950円 94,800円
512GB 4,990円 119,760円

2年間分の基本料金

スマ放題ライト1700円
インターネット接続サービス300円
データ定額5(5GB)5000円 ⇒7000円

税込7560円×24か月で181440円

2年間の維持費合計

2年間の維持費は以下のようになります。

245,040円から301,200円になります。

iphoneXS

容量 2年間の総維持費
64GB 245,040円
256GB 263,280円
512GB 288,240円

iphoneXsMax

容量 2年間の総維持費
64GB 258,000円
256GB 276,240円
512GB 301,200円

格安SIMでiphoneXSを利用した場合の維持費

格安SIMで使用する場合はアップルストアでiphone本体を購入し格安SIMの会社でSIMカードの契約をします。

iphone本体はアップルストアで購入します。

一括でも24回払いの分割で購入してもOKです。

iphoneXS
64GB  112800円
256GB  129800円
512GB  152800円

iphoneXsMax
64GB  124800円
256GB  141800円
512GB  164800円

2年分の基本料金

格安SIMの会社は多数あり、UQモバイルやmineoなどもありますが毎月一定時間のかけ放題が使用できるYモバイルと比較してみたいと思います。

Yモバイルはソフトバンクの回線を使用でき、SIMカードのみの契約が可能。

YモバイルでSIMカードのみを契約した場合の月額料金を確認してみましょう。

スマホプランMが6GB使用可能なのでこのプランで計算します。

ということで

10分のかけ放題で月6GB(2018年9月から9GB)で計算する以下のようになります

1年目は2480円 × 12 => 29760円
2年目は3480円 × 12 => 41760円

2年間の基本料金は税込77,241円

この時点で18万円もかかるキャリアとの差が大きいですね。

2年間の総維持費

ということで定価で購入したiphone本体の合計金額を見てみましょう。

64GBの2年間維持費が20万円以下になりましたね。

iphoneXS

容量 2年間の総維持費
64GB 199,065円
256GB 217,425円
512GB 242,265円

iphoneXsMax

容量 2年間の総維持費
64GB 212,025円
256GB 230,385円
512GB 255,225円

 

iphoneXSの2年間維持費まとめ

それでは各社とアップルストアで購入した場合の2年間の維持費を並べてみます。

ソフトバンクの新規、MNPは勝負にならないので省略です。

「アップル」記載はアップルストアで本体購入+YモバイルMプランの維持費です。

圧倒的に格安SIMが安くなるのが解りますね。

iphoneXs64GBでも2年間で4万円程度の維持費に差額が出ています。

格安SIMの会社によってはもっと安くなりますのでYモバイルではなくてもmineo、UQモバイルでもプランによっては安くできるかもしれません。

5分かけ放題や10分かけ放題をデフォルトにしたいならYモバイルかUQモバイルですね。

自分でSIMカード差し替えたり設定できるのであればいいんですが、私には難しそうって場合は街中でUQモバイルかYモバイルのある方で選べばいいかと思いますよ。

UQモバイルかYモバイルのSIMカードはSIMフリーのスマホならすぐに使えるのでアップルストアで買ったiphoneがそのまま使用可能です。

docomoやau、ソフトバンクのiphoneを購入した場合は一定期間あとにSIMロック解除を行わないと格安SIMが使えなかったりします。

iphoneXsの2年維持費比較

docomo au(機変) au(新M) ソフ(機変) アップル
64GB 251424 245040 235440 245040 199065
256GB 269568 263280 253680 263280 217425
512GB 294192 288240 278640 288240 242265

iphoneXsMaxの2年維持費比較

docomo au(機変) au(新M) ソフ(機変) アップル
64GB 264384 258000 248360 258000 212025
256GB 282528 276240 266640 276240 230385
512GB 307152 301200 291600 301200 255225

iphoneXSの2年間の維持費まとめ

結果は見るまでもなく「アップルストアで本体購入+格安SIM」が2年間の維持費を見ると安くなりますね。

本体代金が高いiphoneXSですが購入して2年間使うことを前提にするならドコモ、au、ソフトバンクどこを選んでも大きくは変わらないという結果になります。

変わらない理由はやはり毎月の基本料金の差額が大きいですね。

最近はauがピタットプランを出してデータ使わない人用にプランを出していますが電車内でスマホを毎日いじっている人は5GBはないと足りません。

5GB使うと結局7000円くらい毎月かかってしまう計算です。

そう考えるとYモバイルなどの格安SIMを利用することが大きなメリットになります。

ソフトバンクのギガモンスターは対処に困りますが。

一番最初にも書きましたが、今回の計算結果は単純にプランだけで計算しています。

docomo、au、ソフトバンクでは上記の計算結果以外で月額料金を抑える方法があります。

  • 自宅の回線と光にすることで安くする光セット割り
  • 使用中のスマホを下取りに出して本体代金から割引する
  • 家族で複数台で購入して安くする
  • その他キャンペーンで安くなる

特にiphone7plusの下取りは4万円になるので格安SIMとの維持費を埋めることができます。(アップルストアでも下取りしてくれます。)

Yモバイルでも光セット割りがついたりするので上記の計算結果はあくまで参考にしてみてください。

どちらにしろ現状のスマホにかかる通信費用は高いので早く安く思う存分使えるようになってほしいものです。