ガジェット

XperiaZXsの防水機能はどこまで耐えられるのか?お風呂でも大丈夫?

Xperia XZsはソフトバンクをはじめauやdocomoから発売されています。
最近の新機種として発売されるXperiaは防水機能が強化されたIP68状態の発売されている傾向があります。
Xperia XZsの防水機能はどの程度のものなのか?お風呂やプールでも使用可能なのか?
IPX5/8の防水機能はお風呂やプール、水遊びではどこまで対応できるのかを確認してみました。

Xperia XZsの防水機能はどこまで大丈夫?

Xperia XZsの防水機能はSONYのサイトにはIPX5/8と記載されていました。

IPX5とは噴流水に対して保護していることを示しています。

詳しく説明すると内径6.3㎜の注水ノズルを使用して、約3mの距離から毎分12.5Lの水を3分間多方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味しています。

IPX5/8の/8はIPX8のことを意味しています。

IPX8は潜水状態での使用に対して保護されていることを示しています。

詳しくは、常温の水道水かつ静水の深水1.5mのところにスマートファンを沈めて、約30分間放置後に取り出した時通信機器としての機能を有することを意味しています。

よってXperia XZsはIPX5/8なのでIEC規格の中では最高の防水機能となっています。

完全防水機能が備わっていたとしても使い方に条件があるので確認していきたいと思います。

 

Xperia XZsは防水機能はお風呂で使っても大丈夫?

Xperia XZsには完全防水機能が備わっているようですが、温水につけたり落下させたり、水道水以外のものに浸けたりしてはいけないんです。

石鹸やシャンプー、入浴剤などがついてしまった場合は直ちに常温の水道水で洗浄して乾燥させる必要があります。

一応Sonyのホームページにはこんな風に大丈夫っぽくかかれていますけど。

バスルームでも
使える防水性能。

お風呂掃除をしている際に誤って落としてしまった場合はすぐに取り出すことで通信機能として使うことは可能ですが、それはお風呂用洗剤が付着していないことが条件です。

お風呂に入浴中にXperia XZsを使用して、動画を見たりなどの娯楽を長時間行うことはやめた方がよさそうです。

湯気などで壊れてしまう可能性があるようです。

注意書きとして掲載されているため、万が一入浴中に壊れてしまったとしても修理の対象として除去されてしまう場合があります。

ドコモのホームページを確認するとXperiaXZsには以下の記載があります

ご使用の際はキャップ(外部接続端子カバー)が確実に閉じているかご確認ください。防水性能を維持するため、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換をおすすめします(有料)。

ケータイ保証サービスに入っていない場合の水没故障は保証されないと思った方がいいですね。

関連記事:スマホの防水機能はどこまで大丈夫?水没故障した場合の補償は?

 

お風呂は無理ならプールはどうなのかと疑問に思うかもしれませんが、常温の水道水ではない塩素の入ったプールは論外です。

プールがダメなので海も塩が混ざっているのでもちろん使えません。

まれに海の中でスマートフォンを利用して撮影していますが、それは専用の防水機能が備わったケースにしっかりと収納して使っているからできることです。

 

キッチンでもキッチン洗剤などが混ざった水やお湯を沸かしたりするときの蒸気の温度で壊れてしまう可能性があるのでやめた方がよさそうです。

水没故障として挙げられるのが、トイレに落としてしまうことです。

 

初期のスマートフォンに比べるとIPX5/8あるので、すぐに取り出すことで通信機能は守られています。

梅雨の時期の雨や夏のイベントであるディズニーリゾートまたはユニバーサルシティーの水まきなどでは、多少濡れてしまってもすぐに乾燥させれば大丈夫そうです。

完全防水機能と記載されてありますが、壊れない可能性が全くないわけではないので積極的に濡らす行為はやめた方がいいです。

 

Xperia XZsは結局水中で使えないのか?

結論からすると水中では極力使わない方がいいです。

常温の水道水の中に落としてしまうか、雨などで多少濡れてしまう以外はやめた方がいいでしょう。

お風呂では石鹸やシャンプーが混ざる可能性があり使えず、プールは塩素系が混ざっていて使えません。

子供ようのビニールプールに水道水を入れている最中に落としてしまった場合は、すぐに取り出せば大丈夫のようです。

どうしても水中で安全に使いたいのであれば、専用のケースを購入して使うことをお勧めします。

ですが、専用ケースでも使い方を間違えてしまうと水没故障の原因になってしまうため安全とは言い切れません。

Xperiaシリーズといえどもiphoneのように防水ケースが充実しているわけではないんですよね。

こういった袋形式のものを使用するのが一般的です。

このようなケースだと写真の画質に影響を与えるので水辺で撮影したいというメリットが半減してしまうんですよね。安いけど。

結局、安心安全を考えるのであれば真水に意図的ではなく濡れてしまう以外は水中で使うことはやめた方がよさそうです。

壊れてしまっても自己責任ということになります。

 

 

Xperia XZsの防水機能のまとめ

  • Xperia XZsの防水性能はIP68であること。
  • Xperia XZsはIEC規格ではIPX5/8であること。
  • Xperia XZsは完全防水機能が備わっているが、使用時に条件があること。

人間にもひとそれぞれ違うことがあるように、スマートフォンにも同じ作り方であっても製品にずれが生じていることがあるので、100%の壊れ知らずの製品ではないことを理解したうえでXperia XZs使うことが必要です。

Xperia XZsの防水機能は雨にぬれたり誤ってトイレに落としてしまった場合にあると考えて使っていくほうがいいと思います。

もしものことを考えるのであれば充電時以外は、常に防水機能が備わっているケースに収納しておくことがよさそうです。

最近の動画サイトではスマートフォンを水に浸ける実験をしていますが、すべての製品を実験しているわけではないので、水中で使わないようにした方が無難です。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。