鉄道

新幹線の先頭は1号車?上りと下りの向きによって変わるの?

新幹線の先頭車両はかならず1号車なの?上りと下りで変わるものなの?
どのように号車番号や向きが決められているかご存知ですか?
新幹線の指定席券を購入すると、何号車って書かれていますよね。
でも新幹線の先頭が何号車か解らないとホームのどっちに行けばいいかわからないですよね。
では、どのように新幹線の号車番号や向きが決められているかについて紹介したいと思います。

新幹線の先頭は何号車?

基本的に新幹線の号車の順番については、決まっています。

東海道・山陽新幹線の場合は、東京を起点としていますので、博多寄りが1号車、最後尾の東京寄りが16号車としています。

一方、東京を出発して名古屋、新大阪や、岡山、広島、博多駅に到着して折り返しを行う新幹線において、その号車番号が入れ替わることはありません。

昔の蒸気機関車は行きは客車を引っ張って、帰りは客車を押していたんですよね。そのため先頭の車両だけ転車台というところで向きを変えていたんですよ。

新幹線の場合は逆にも走行できるのでわざわざ先頭車両を入れ替えるなんてことは不要なんですよね。

だから先頭車両と最後尾の車両は同じ形になっているんです。

新幹線の運転台が前後にあるのも、その号車番号を変えない理由や、スムーズな折り返し運転を図るための工夫でもあります。

 

号車が入れ変わらない理由について

ではなぜ、東京から出発して、各終着駅に到着し、折り返し運転をする場合でも号車が入れ替わらない理由はなぜでしょうか。

まずは、入れ替えるためには、号車番号を振り直す必要があります。

これには利用するお客様には大変混乱します。

例えば、ホームに記載されている号車番号札を一斉に入れ替える必要があります。

さらに新幹線においては、自由席と指定席、指定席でもグリーン車というものがあります。

すでによく新幹線に乗られる方はご存知ではありますが、のぞみ号の場合は、1から3号車までが自由席、以後は指定席で、8から10号車がグリーン車となります。

このように、号車によって座席の種類が決まっている場合には、折り返しの都度、号車番号を入れ替えることは座席管理上も非常に困難ですし、お客様においても混乱する恐れがございます。

さらに、折り返し運転の場合には、ターンアラウンドタイムが少ないものもございます。

従いまして、短時間で号車番号を入れ替えることも厳しいため、常に方向に対して同じ号車番号で揃えられています。

 

東北・上越新幹線の号車について

東北・上越新幹線の号車については、編成による組み合わせがあります。

単独で走る7両編成と、8両編成、及び8両編成を組み合わせて16両編成にするパターン、及び10編成と7両編成を組み合わせて17両編成にするパターン5種類あります。

東北・上越新幹線の特徴としては、途中駅で編成を切り離すことがあります。

緑色のE-5型と赤色のE-6型の場合ですね。

例えば、東北新幹線の福島駅で切り離しをして、山形新幹線に分かれるケース、盛岡駅で切り離しをして秋田新幹線に分かれるケースがあります。

山形新幹線や秋田新幹線を走る編成は7両編成なのですが、その号車番号は、東北新幹線では10両編成の車両に連結して走ることになります。

ただ、連結中と連結を切り離しした場合に、号車番号が変更されるかといいますと、変更はされません。

これも、お客の混乱や座席管理上、号車場号を変えないという原則があります。

 

東北・上越新幹線の号車番号の若いのが東京寄りである理由

東海道・山陽新幹線においては、号車番号の若い順に博多寄りから数えていきます。

そのため東京から大阪、博多方向へ向かう下り新幹線の先頭が1号車です。

しかし東北・上越新幹線の場合には号車番号の若い順に東京寄りから数えていくことになっています。

新潟行きの下り新幹線の場合は最後尾の車両が1号車になるんです。

例えば、東海道・山陽新幹線においては、16両編成ですが、東京寄りから16号車、15号車の順に設定されており、一番博多寄りが1号車となります。

一方、東北・上越新幹線の場合は編成パターンが異なり、7両編成、8両編成、10両編成、16両編成、17両編成と様々な編成の種類がありますが、号車番号は東京寄りが1号車、大宮・盛岡・新潟寄りが7号車、8号車、10号車、16号車、17号車となっています。

つまり、東京を起点として下りの博多方面と、下りの新潟、盛岡・新青森方面とで号車順が異なっているのですが、なぜこのようにしたのでしょうか。

この理由は、過去、東海道・山陽新幹線と東北・上越新幹線との直通構想があったからです。

JRの全身の日本国有鉄道(国鉄)がこの新幹線の直通計画を立てました。

これにより、東北・上越新幹線から東海道・山陽新幹線への直通の際、東海道・山椒新幹線側の号車番号を変えずに運行を実施すために、東京を起点に号車番号を統一させた結果、上りと下りによって、号車順が異なっているのです。

しかしながら、この直通構想はJRの発足により、夢となりました。

国鉄を民営化する際に、JRとして5社に分けたためですね。

今でも、東海道・山陽新幹線が東京駅に到着する間際に、東北・上越新幹線の線路とで分断をする柵があります。

あわせて読みたい
新幹線の座席のおすすめ情報まとめ!あなただけにこっそり教えます 新幹線に乗る場合は席はどこにしようかと悩みますよね。 2人や3人での移動なら大体決まりますが1人で乗ったりするとどこがいいの...

まとめ

新幹線の号車を1つ取ってみても、その順番の理由には深いものを感じます。

特に、国鉄時代に構想されていた、東海道・山陽新幹線と東北・上越新幹線との直通運転については、夢のまた夢であったと思いますし、東海道・山陽新幹線の号車番号に合わせて運行されていることには、目から鱗ではありました。

今後新幹線に乗られる際には、号車番号にも着目して乗車されると、色々な発見があるかもしれません。